All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'07.24 (Mon)

しかしもう7月が終わる

20170707115306.jpg
「数日間寒かったけど、また最近暖かくなってきたね」
「さっきちょびこさんが水浴びしてたよ」

しばらく天気の悪い日が続いていましたが、ここ数日、天気予報を覆して晴れの日が続いています。

まだ咳は続いていますが、連日の御天道さんにちょびこさんも大喜び。

20170707115204.jpg
「か~! 暑いでよ!」

20170707115234.jpg
「水浴びするでよっ!」

20170707115238.jpg
「もうこのネクトン入りの水入れでいいでよ」

20170707115334.jpg
「ほうっ!」

20170707115358.jpg
「たまらんでよなぁ」

20170707115420.jpg
「ふぅ~。さっぱり」

20170707115312.jpg
「ちょびこさん元気」
「スズメの行水だべな」
「あの水、ぼくさっき飲んじゃったよ……」
19:22  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.21 (Fri)

かまってくれないからカイヌシもさびしくて旅に出たいボリ。

20170713125544.jpg
「ぽいんちゃん、遊ぼり」
「遊ばないですよ」

20170713125548.jpg
「ぽいんは子育てイブに忙しいです」
「えー……。ぼりおんもまだ子供。かまって欲しいぼり」


20170713125612.jpg
「はぁ」

20170713125616(1).jpg
「よっこいせです」

20170713125616.jpg
「長く留守にしたらお卵がお風邪をひいてしまうです」

20170713125618.jpg
「それにしてもおたまご、なかなか孵らないですよ」

ぽいんはもうご飯を食べに出て来ても、ぼりおんの誘いに乗らなくなりました。
最近まではちょっと移り気でしたが、そろそろ本格抱卵です。

そして、ぽいんが抱卵中に見に来たら怒られるぼりおん。
ぽいんがいない間に卵を眺めて、踏んで、何食わぬ顔で帰って行きます。

20170713140040.jpg
「ぽいんちゃんがいないうちにいたずらするぼり」

20170713140042.jpg
「こんなの抱いて楽しいのかな」

ぼりおんに踏まれたらおたまごが潰れそうぼり。

とりあえず、交代で抱卵使用という気はお互いないらしい。

19:33  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.18 (Tue)

トリスは乾燥を待っている

DSC_0032_20170718201141662.jpg
「ぱぱ。ぽいんこが抱卵に本気出し始めたらしいよ」
「うん、たまに見に行ってる」

ベコ、たまに抱卵中のぽいんを眺めたり、ぽいんのいる段ボールを齧ってちょっかいをかけています。

同じことをぼりおんがしたら、ぽいんこはギーギー鳴いて怒ります。
でも、ベコだと怒らない。
なんで?

DSC_0034_20170718201142548.jpg
「ぽいんちゃん遊んでくれなくてさびしぼり」

でも、意外と神経質なのか、まだ少し外界に未練があるのか、ちょっとした物音などで、ちょくちょく外に出てきます。

DSC_0004_2017071820124734a.jpg
「いまいち本気になりきれないです」

DSC_0007_20170718201248c37.jpg
「ずっと寝てても体がなまるです。それに、なんでかじっとしても腹が減るです」

外界に出てくると、だいたい飯食ってでっけぇふnこして帰って行きます。

DSC_0010_20170718201249917.jpg
「ぽいんこはまだ子供でよ。あ、でも母インコは生後1年経つ前にサンバガラスを産んだでよな」

大王は1歳の誕生日の10日前に卵を孵化させました。
あの頃から精神的にどっしりしていて、大王の風格があったような。

DSC_0011_2017071820125103e.jpg
「ぼりおんはまだ子供ぼり」

ベコは子供が産まれた時はもう1歳過ぎていましたが、ぼりおんはまだ1歳になっていません。
子供が産まれたら、果たして立派な父親になれるのか。

その前に産まれるのか。
1個目の卵はどうやら無精卵らしく、乾燥しはじめているっぽいのですが……。

DSC_0036_20170718202418a9a.jpg
「カラカラになったらぼくたべよーっと」
「オニだべな」
20:26  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.15 (Sat)

ぼりおんだし

DSC_0041_2017071519474025d.jpg
「連日ほこほこ。あっついべな。なんとまぁ、こんなところに素敵なトウミョウが」
「使用人、気が利くねー! ぼくもトウミョウ浴びする!」

DSC_0045_201707151947433e5.jpg
「ぼりおんもー」
「じゅんばん」
「じゅんばん」

DSC_0043_201707151947436b8.jpg
「ぼりおんもー」
「じゅんばん」
「じゅんばん」

DSC_0046_201707151947463ec.jpg
「ぼりおん待ちきれない」
「じゅんばん」
「じゅんばん」

DSC_0052_20170715194746387.jpg
「早くっ早くっ」
「じゅんばん」
「じゅんばん」

DSC_0057_20170715194747a5b.jpg
「ぼりおん待ち切れないったら」
「じゅんばんー!」

DSC_0066_201707151947494b6.jpg
「尻だけ浸かって待つぼり」

DSC_0071_20170715194750396.jpg
「やっとぼりおんのじゅんばんー」

DSC_0072.jpg
「ふう、さっぱり」

DSC_0074_20170715194753bf7.jpg
「気持ち良かったー」

DSC_0082_20170715194755341.jpg
「夏はトウミョウ浴びにかぎるぼり」

DSC_0084_2017071519475695d.jpg
「身だしなみっ身だしなみっ」

DSC_0085_2017071519475855c.jpg
「この夏を乗り切るには、気化熱の力を借りるしか」

無慈悲な熱に包まれた北海道のこの暑さ。
真夏日が続き過ぎるとか、7月にうnこみたいなえげつない暑さとか、何十年ぶりとか何百年ぶりとかのやつらしいです。
そりゃ道端のカラスも口あけっぱなしなわけだわ。

DSC_0031_201707151956451c6.jpg
「ぽいんは間違えて、この時期の本格抱卵入ってしまったです。おたまごゆで上がるです」

抱卵本気モード突入しつつあるぽいん。
ただいまあやしいおたまご3個。

気になる所が有精卵かどうかなのですが、ぼりおんのテクニックが怪しいので未知です。

20:07  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.12 (Wed)

ベコハゲー

20170710110308.jpg
「あまりの暑さに」

20170710110312.jpg
「ベコの頭も一部ハゲた」

20170710110314.jpg
「このハゲ~! って言うのはよすべな」

誰が言ってもほとんど完璧にマネできる、今をときめく真由子様のお言葉。

流行語大賞にノミネートするのかな。

流石に差別用語はな。
21:42  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT