FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2019'07.26 (Fri)

仲良きことは美しきかな

DSC_0017_2019072620483890a.jpg
「ぼくはメルキーちゃんを踏んで遊ぶ」
「やめてぇ~」

なぜかメルキィちゃんを踏むのが好きなバルたん。

DSC_0016_20190726204839981.jpg
「よいしょよいしょ。ふみふみ」
「やめてぇ~やめてぇ~」

DSC_0020_20190726204840a90.jpg
「じゃやめる」
「あっ。やめなくていい……」

DSC_0021_20190726204841e9f.jpg
「じゃあやめない」
「やめてぇ~」

DSC_0022_20190726204843065.jpg
「ぱぱがままを踏んでふたり楽しそうにしてたから僕も真似してみてる」
「大人の遊び。不思議」

ふたりの動画。

これはほぼ踏まずにただいちゃいちゃちゅっちゅしてますな。

画質悪くてすみません。
ラジオの音がすっごい入ってるしw


こっちはラジオの音なし、別バージョン鳥の声だけのいちゃいちゃ遊び。

メルキーがあおむけになっていようとなかろうと、隙があればメルキーに乗ってふみふみしたいバルたん。
メルキーも逃げないところを見ると嫌がっていないようです。

新サンバガスフューチャリングおたまの緩衝材、バルたん。
メルキーちゃんだけにはアグレッシブです。
21:12  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

かわいいよ!めごめご

ユチッコさん こんにちは!
腹側をふむとはw
さすが幼鳥、自由^w^
月末はギガがねえギガがねえなので動画は来月見る!!

地鎮祭いいですね!
かしこみかしこみ!(雑な知識)
ユチッコ鳥たちが地と縁を結んだのかと思うと感慨深く、素敵です😊
鳥ドリームハウス嬉しいですね!
相方さんへの感謝も心にしみたでよす。
あいぼん | 2019年07月26日(金) 23:24 | URL | コメント編集

あいぼんさんこんにちは!

仰向けになっていたら、ここぞとばかりに踏みきます。
楽しいのかな〜。
あおむけじゃなくても、とにかくバルたんはメルキを踏みたがります。背中に乗るというか、背中で足踏みします。おまじないしたいわけじゃないらしいので、よくわからんです。
メルキもまんざらじゃないので、ますますよくわからんです。
幼鳥自由すぎてこわい。

ギガ国流行歌w
私は未だにガラケーダスw

地鎮祭、生でかしこみーかしこみー聞きましたわ。
この時代にあって、神様に祈りを捧げる……やはり日本は神の国なんだなー、と思った1日でした。
ユチッコ | 2019年07月29日(月) 22:56 | URL | コメント編集

精巣腫瘍について

初めまして。ベコちゃんの精巣腫瘍の投稿からブログを拝見しました。
すごいですね、ベコちゃん!
ご飯のことやサプリのことを詳しく載せてくださっておられたのでとても参考になります。ありがとうございます。うちも同じものをすぐに注文しました。
うちの子も先日、精巣腫瘍を診断されました。もう藁にもすがる思いです。
それでベコちやんの病院から処方されているお薬について教えていただけないかとコメントしました。うちは当初はクロノマジノンという粉薬を飲水に混ぜて、インコ自身が自由飲水する投薬スタイルでしたが、自らグビグビと大量に飲んでしまい、えらい副作用をおこし断念しました。その後リュープリン注射をしましたが、いかにも肝臓に負担がかかったような緑便を出し、脱力したような調子でこれもムリ。
ベコちやんの投薬はどんなお薬でどのくらいのグラム数での投薬方法など、教えて頂けませんか。
うちもベコちやんのように腫瘍と共存できたらどんなにいいか…どんな情報でもいいのでご教示頂きたく、どうぞよろしくお願い致します。
オトキチ | 2019年07月30日(火) 02:43 | URL | コメント編集

オトキチさん、はじめましてこんにちは!

ベコはたくさん頑張ってくれました。
およそ2年ほど前に亡くなってしまったので、忘れていることが多々あるのですが、
覚えている限りのことを書かせていただきますね。

とりあえず、ベコの直接の死因は精巣腫瘍ではないと思っています。
晩年は腹水もたまらず、おなかを触った感じでも、腫瘍は大きくなっていない感じでした。
でも、長くお薬を使っていた時期があったので、肝臓か腎臓を悪くしたのではないかと。

精巣腫瘍患っている時でも発情期があり、その時は精巣が膨張して腎臓を圧迫するためか腹水がたまり、
腹水がたまると元気がなくなって精巣も縮み、腹水が抜けて多尿になるといった感じでした。
ただ、元気がなくなっても腹水がたまり続けている場合は、穿刺して水を抜くこともありました。

お薬なのですが、詳しい薬名やグラム数はすみません、忘れてしまいました。
漢方系ではないお薬だったはず。
小鳥に直接経口投与するタイプの小さな小瓶(といってもプラスチックのもので、眼科で処方される目薬みたいな感じのもの)で処方されて、それを朝晩1滴飲ませるスタイルでした。
小瓶の中に粉薬が入っていて、自宅で水に溶かして直接一滴ずつあげるといった感じです。

ただ、ベコは長い期間薬を与えていたこともあるのですが、これは明らかに腎臓にも肝臓にもよくないな、
と思い、最終的には投薬を中止していました。
定期健診に訪れたときに医師に勧められて再開した時もあったのですが、投薬休止期間との差異が見られず、やはりやめました。
最終的には亡くなるまで1年以上投薬を中止していた記憶があるのですが、なにせその時期は日記なども付けておらず、もしかしたら数か月だったかも……ただ半年以上は確実に休薬していたはず……あやふやですみません。

そういえば、ベコは抗がん剤と同時に、強肝剤と、呼吸を楽にするために呼吸器を拡張するお薬も処方されていました。
あとはなんだったか……。とりあえず、全て水に溶かすと茶色くなるお薬たちでした。
思い出したことがあれば追記しますね。
とりあえず、こんな感じです。
精巣腫瘍のインコちゃん、よくなりますように!

ユチッコ | 2019年07月31日(水) 22:38 | URL | コメント編集

ユチッコさん、ありがとうございます。
とても丁寧にコメントして下さって感謝です。うちの子は精巣が肥大しやすい子なので
気を付けていたつもりてしたが、8歳を過ぎた途端、この病気を発症してしまい言葉にならない気持ちです。先日、電話でリュープリンの治療を断ったらこれからもっとヒドくなると言われました。生きてて死ぬほど辛い治療をするより、これからは緩和ケアを中心にできたらいいなと思います。
ユチッコさんのブログは楽しくて心が和みまふ。これからも遊びにきますね。
ありがとうございました。
オトキチ | 2019年08月02日(金) 11:39 | URL | コメント編集

オトキチさんこんにちは!

早い子では3歳で発症する子もいるらしいので、8歳で発症ならかなり遅い方ではないでしょうか。
そこまで抑制できたのはすごいです! うちの子たちも、発症するのが運命だとしたら、せめて8歳くらいに……。
人間と同じで、歳をとってからの発症であれば進行もゆっくりそうですよね。

コンパニオンバードの最新刊を読んだのですが、
精巣腫瘍は色々種類がありますが、日本のセキセイ男子に発症する精巣腫瘍の多くが『セルトリ細胞腫』といって良性の腫瘍で、転移の可能性がとても少ないらしいですね。
ということは、腫瘍とうまく付き合っていけば長生きできるのではないかと思っています。

治療をやめたらもっとヒドくなるかどうかは、実際やってみないとわからないですよね……。
おすすめするわけではありませんが、実際ベコは薬をやめてもヒドくはならなかったし、
なにか他の要因があったのかもしれませんが、腹水もたまらずに元気でした。

治療を継続するかやめるかは難しいところですよね。
私は一緒に使っていた強肝剤が長期の使用で逆に体に負担をかけるのではと思い一度やめましたが、
仮に使用していた抗がん剤で腫瘍が縮んだりしたら、強肝剤も含め、もちろんやめなかったはずです。

緩和ケア。大事ですよね。
摘出以外には治らない病気だと思うので、精巣腫瘍になってしまったら、その腫瘍と機嫌よく付き合っていくしかないのだろうな、と私も思っています。
薬を使うと肝臓に負担をかけるので強肝剤を処方する、のはわかるのですが、それって結局堂々巡りで、
効果がなければだんだん強い薬を使うしかない方法なんですよね。
今度、もし我が子が同じことになった場合どうするか。
改めて考えてみようと思いました。

コメントありがとうございました!
ユチッコ | 2019年08月02日(金) 21:15 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://thothseraphim.blog39.fc2.com/tb.php/2240-a5a649ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |