FC2ブログ

All archives    Admin

06月≪ 2020年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2020'07.04 (Sat)

19歳でよ

DSC_0159_20200704203335915.jpg
「そこのアンタ、まーた、ちょびこはとっくに死んでいると思っていたでよな……」

DSC_0160_20200704203334d25.jpg
「生きているでよ!」

DSC_0309.jpg
「ラプトルさんの腕に抱かれて~19歳のちょびこを添えて~」

DSC_0147_202007042033319a6.jpg
「最近はまたニンゲンの手に入るのがブームでよ。幼心を思い出すでよ」

DSC_0479.jpg
「ラプトルさんと違ってニンゲン暑……。熱中症になるでよ。オーエスワン! オーエスワン!」

DSC_0469.jpg
「ちょびこさん、一番年上なのに一番甘えんぼです」
「ぽいんこでよ。ちこうよるでよ」

ちょびこさん、ハゲは治らないけれど元気です。
19歳になりました。
地球はまだまだ武漢コロナで大変ですが、まだまだ生きる気まんまんです。

以前、粒の大きい玄米を喉に詰まらせたこともあり、最近はペレットと手作りかぼちゃシフォンがメインの食事です。
カボチャシフォンは動物愛護過激派に突撃されそうだけど、以前食欲なくした時にこれだけは食べたこともあり、
それから導入剤的に与えています。もう1年以上だよな~。

多分もう長くは生きられないからと、好きなものを食べさせたわけですが、これが好物となっている現状ではまだまだ生きると思っていても、逆に与えないわけにはいかない。

ペレットはころころくちばしの中で転がしてから、いい感じに砕いて食べています。
ペレットもシフォンも、もうあまり大きい塊は食べられないようです。

ほとんど一日寝て過ごしているちょびこさん。
このまま穏やかに過ごしてもらいたいものです。

たまにケージ越しにセキセイたちが襲撃に来るけど。
21:03  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2020'06.27 (Sat)

ヌシに似る

3週に一度のぽいんの発情抑制お注射と合わせて、半年に一度の健康診断に行きました。

先だって健康診断を終えていたぽいんとデンカとぼりおん。
ぽいんは我が家いち軽いけど筋肉質、デンカはちょいでぶ、ぼりおんはちょっと痩せてる、という結果で、
みんな健康に問題はなし。

そして今回、まずはウィン子、コボ、レオ様。フューチャリングおたま。
三週間後はコボレオの子供たちです。

結果。

DSC_0093_202006271930368d2.jpg
「あ、ぼく、言われなくてもわかるのさ」

DSC_0094_20200627193037275.jpg
「最近ちょっと体が重いのさ」

ウィン子。48g
最近また換羽が始まって甘やかしてしまいました。

半分ジャンボだけど、先生曰く「疑う余地なくジャンボ」との認定により、ぎりっぎりセーフ。と思わせて、セーフ寄りのアウト。
ダイエットです。
換羽が終わったらね。

みためにぷよぷよレオさま。
DSC_0090_2020062719311206b.jpg
「次はレオか? わかっているぞ! 最近レオも体が重いんだコボリィ」

レオさま、46g
おたまごはここ半年産んでいませんが、ダイエットです。
最近のレオ様40gより下いかないんですが。
DSC_0091_202006271931139d0.jpg
「今日もご飯がおいしいぞ! コボリィ!」

最後にコボリ。
体重は40g。半分ジャンボなのでデブ認定されず。
DSC_0031_2020062719464203f.jpg
「わぁい。コボリはスレンダーインコ」

しかし、そのうとふnこに真菌が。
DSC_0032_20200627194758ed1.jpg
「えっ」
「コボリちゃんどっかで拾い食いした」

うーむ。
コボリだけ1週間お薬でその後再検査。
1週間後にまたクリニックか。つれぇぼり。
お薬もつれぇぼり。
お薬あげようと握るたびに悲鳴をあげるので、お薬をあげてからすぐにえらい子シードをお薬をあげるのと同じ手からあげています。

折角最近ヌシのことが好きインコ上位の常連になってきたコボリなので、この関係を壊したくない。
ちなみに、ヌシのことがどうでもいいインコはおたま、デガー、ばるたん、メルキで同じ順位です。
子供たちはなにかヌシから一線を置く連合をつくっているらしい。

最後、人数の関係で大人組と一緒の検診となったおたま。
DSC_0159_20200627192434ce4.jpg
「おたまはスリムで問題ないはず~」

DSC_0160_20200627192435a75.jpg
先生「太りましたね
「えっ」

もちろん、先生は鳥たちに怒っているのではなく、管理できてないヌシに怒っているのです。

おたま38g

体はちっちゃいので、この体重だと立派なぶたまです。

武漢ウィルスによるコロナ太りかな。

ダイエットだー!
(ヌシもです)
20:09  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2020'06.19 (Fri)

同じ体重でも体型は全然違うと10羽いて知る

DSC_0082_202006192116080ca.jpg
「デガーの可愛いおんなのこ、デンカちゃん」

DSC_0084_202006192116114ac.jpg
「の」

DSC_0085_20200619211612666.jpg
「しり」

DSC_0086_20200619211614844.jpg
「とてもよいしり」

DSC_0087_2020061921165741b.jpg
「すてきだなぁ。あこがれるなぁ。見ていて飽きないなぁ」

DSC_0088_20200619211659484.jpg
「顔を埋めたいなぁ。と、ヌシが言ってたよ」

体重は40gちょい。
デンカにしては軽い時期。
でもしりは重そう。
いつでも重そう。
同じくらいの体重の子でもしりは重そうではないので、多分これは体型なのだと思われる。

アヒルかカモの血でも入っているのだろうな。
21:28  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020'06.12 (Fri)

体重計のメモリはそう違わないのに、指に乗ったときの重さががぜん違う

DSC_0002_202006122042451ae.jpg
「むっ。あれは齧って楽しい、食べると美味しい……」

DSC_0003_20200612204247807.jpg
「ソルガムキビ穂! みーっけです!」

先っぽの方に飛び乗って、重みでまんまと落ちました。
DSC_0005_202006122051095b2.jpg
「悔しいです。ぽいんとしたことが……」

DSC_0007_202006122051104ff.jpg
「もっかい頑張るです」

しりあなサービス。

DSC_0008_20200612205111283.jpg
「今度こそ。しかし。ほわっとと」

DSC_0009_202006122051132de.jpg
「滑り落ちたときの恐怖がよみがえってほわっとと」

思慮深いぽいん。
疑り深いぽいんでもあります。

落ちても飛べるんだけどな。

DSC_0016_202006122058541aa.jpg
「わーい。デガーの大好きなやつ!」
「え」

DSC_0017_20200612205856320.jpg
「もごもご」
「お、落ちないですか。デガーは重力を操っているですか……」

動揺を隠しきれないぽいんこです。

DSC_0023_2020061221000418b.jpg
「これは、体重の問題じゃなくて、バランスの問題なのですよ」

そういうことにしておきます。
21:12  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020'06.06 (Sat)

うっかりハゲを晒しているでよ

北海道もようやく暖かくなってきたので、久々に外で鳥たちのケージに水をかけて丸洗いしました。
水圧でしつこい汚れもすっきり。

ケージを洗っている最中、インコズはいつものように鳥部屋放鳥しているので問題ないのですが、
24時間籠の鳥になってしまっているちょびこさんは、このときばかりは慣れたケージ外で待機です。

DSC_0107_2020060620243581c.jpg
「はー。放置でよか……。日光浴でもするでよ」

DSC_0108_20200606202436df5.jpg
「上から写すなでよ」

ちょびこさん、抜けた頭の毛が生えてきません。
DSC_0110_20200606202733194.jpg
「ちょっと前に換羽っぽいのが来たから、それの名残でよ! もうすぐ雨季の草原のように生えてくるのでよ!」

DSC_0116_20200606202438f45.jpg
「ちょびこさんが外に出ているです! ちょびこさん生きてたですか! ぽいんは嬉しいですよ」
「ぽいんこでよ。ちいさくて可愛いでよな」

ちょびこさんとしては、ぽいんは可愛いインコの部類のようです。
ちいさくてもうるさいおたまは、あまり好きではない模様。
しかし、最近はでかくてもよく遊びにくるデンカがお気に入りっぽい。

セキセイズはすぐちょびこさんにちょっかいをかけるのですが、
以前ならつつき返していたちょびこさんも、目がよく見えない状態ではいたずらされるがままです。

ということもあり、ヌシが目を離している時は、他のケージに入れたりしてインコズからいじめられないようにしているので安心してください。

DSC_0118_20200606202439431.jpg
「ちょびこさんのしっぽをひっぱりたいけど、ヌシに叱られるです」
「セキセイズは背中だのしっぽだの、よく背後から襲ってくるのでよ。は~、怖いもんでよ」

ちょびこさん、おそらく自分が我が家の2代目インコ、トトちの背中に乗っていじめてたことを忘れている。

因果応報でよ。
20:40  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT