All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'08.23 (Tue)

釧路湿原野性生物保護センターバックヤードツアー

釧路湿原野生生物保護センターと、猛禽類医学研究所の違いがよくわからないけれど、とにかく8月の14日、そのバックヤードツアーに行って来ました。

釧路なんて何年ぶりー!
大学卒業してから一人旅で知床に行くついでに寄った記憶があるので、10年ぶりくらいか……ブヒッ!? 歳は取るものだ。

ちょうど勝毎花火大会の日だったので、道路状況でえらい目にあいましたが、うみうに別れを告げて、一路釧路へ。

そして釧路到着しての翌日。
アホウドリさんのデコイ。

DSC_0144.jpg
いらっしゃーい。

ここは、傷ついた猛禽類やその他野生生物の治療などを行っています。
傷ついた猛禽類……そのほとんどは人為的なもの。
列車事故、高圧電線による感電死、風力発電の風車←これ、全然エコなエネルギーじゃないですからね、違法なハンターによる鉛中毒、などなど。

1時間ほどセンターの取り組みとか絶滅危惧種の猛禽類の現状とかをお勉強した後、バックヤード見学へ。
人数が多かったので、バックヤードへは渡辺先生と齊藤先生の二班に分かれることになったのですが、私は齊藤先生の班に。

齊藤先生の足は速くて(競歩なみ)運動不足の大人はみんな遅れる。
子供だけは元気に付いて行っていたけど。私は相方を振り返らずに、子供らに負けずとも劣らずストーカー並に齊藤先生の後を追っていた。

んがががががが。
これが憧れの齊藤先生ですよ!
ふがふがふが。
DSC_0149.jpg
齊藤先生と同じ空気を吸っているですよ!
ふがふがふが。

もちろん本を持って行ってサインも貰ったよ!
なんで握手したり触ったりしなかったんだろ! 
目も合わせられない! 触るなんてもっての他! さ、サインがなめらか~! な純情な自分が恨めしいよハァハァ!

手術室。ぬいぐるみを置くこのユーモア。たまらんなこの研究所ハァハァ。
DSC_0151.jpg
手術道具とかインキュベーターとか色々、ほぼ実費らしいです。
環境省云々といいますが、先生たちは環境省の職員ではなく、この写真で環境省から提供されたのは、床と壁と天井と……というレベルらしい。
国からの支援よりも、手術に使う手袋やふしぎ発見でクイズにもなったフクロウの餌あげデコイなど、民間からの支援も大きいとのこと。

つか、先生、テレビで見るよりも痩せてんな……。飯食っとるのか。とか考えている間に先生の足は先へ進む進む。
足速い。
できる人間のバイタリティを見た。
DSC_0159.jpg
普通歩きが私たち凡人の早歩き、といった位に先生は歩きが速い。

しかも、みんなが集まり切らないうちに説明をし始める鬼畜っぷりを発揮するので、こっちとしてもあわわ~あわわ~と小学校から使っている赤い長靴で刷り込みされたカルガモのヒナよろしく、先生の尻に食らいついていくのも命がけ。

そんな鬼畜さもス テ キ。フガーフガー←ババァの息切れ

大人数の人間が珍しいのか、警戒を隠せないおじろわしくん。DSC_0163.jpg
「ふむ……ニンゲンか」

リハビリ用のフライングケージ。
DSC_0168.jpg
例のでんぷん工場のかぴかぴの子もいました。

違うケージではフクロウ兄弟も。
DSC_0174.jpg
普段来ない客が来てキンチョー。

クリステル ヴィ アンサンブルから寄贈のドクターカーも。
DSC_0175.jpg

そして、シマフクロウのチビ!
DSC_0178.jpg
え、フクロウなの? 天使かと思った。

渡辺先生は女の獣医師さんで、チビの保護者さんです。長身で格好いい先生です。
DSC_0181.jpg
障害を持ったシマフクロウのチビ。
奇跡の子。人間界への親善大使です。

触らせて貰いました。ふわっふわ。もちろんにほいもかがせていただきました。フンカフンカ。
ふむ。お魚のにほい。

どうやら直近のごはんはほっけだった模様。

シマフクロウは一般的なフクロウのように、ネズミとか小鳥と言った肉が主食ではなく、魚肉が主食らしいです。
他には昆虫とか。

チビの尻に顔を埋めたかったのですが、見たところ周囲の人たちが私と同じ人種のつまりそういった人たちでなく、まっとうな人たちだったので、背中に顔を埋める程度で我慢しておきました。

ちびは男の子で、女の人は好きだけど、男の人は苦手な模様。
男の人が撫でようとすると、露骨にいやな顔をしてのけぞってたw


渡辺先生のチビを見る目の優しいこと。
そして、言葉の端々からフクロウとか猛禽類が好きなんだなぁ、と。愛を感じました。
チビがいる限り、渡辺先生はここから離れられないと思うのですが、もちろんそのご覚悟で……?
すごいなぁ。

私にもなにかできることがある、できることからしなければならない、と考えさせられた一日でした。

よかったー。
久々に濃い旅行でした。

0073_20160824001758bfe.jpg
「ぽいんたちはなんもよくねーのです。お留守番ですよ! ストレス溜まるですよ! ポッフー

翌日から鳥様サービスデー開始しました。
21:12  |  外鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'08.17 (Wed)

うみう、再び

DSC_0115.jpg
「お久しぶりでよ」

14日、釧路湿原野生生物保護センターのバックヤードツアーに参加してきました。
もちろん、敬愛する齊藤先生の本とサインペンも持ってな。ウヒヒ。
使用人アジトから片道7時間以上はかかったか。

バックヤードツアーは募集から2日間で応募がいっぱいになったということを現地で聞き、気分は選ばれし勇者。
ツイッターで見て即応募メールをしたのですが、その時点で相方は道外にいて、14日には帰省予定だから大丈夫だろ、と了解を得ずに2人分の名前を記入。
結果その迅速さが功を奏したということか。
ありがとう、フクロウの神様。ホゥホゥ。

んで、ちょうどツアーの1週間前くらいに『世界ふしぎ発見』に齊藤先生が出演したので、録画してお供の相方にも予習をさせてから臨みました。



と、その前に。

釧路に行くなら帯広も通るし、うみうに会いたいな、と。

DSC_0119_20160817194801fee.jpg
「カーカー! また来たのかお前! カーカー!」

しつこくうみうに会いに行きました。

DSC_0120_201608171951231db.jpg
「ナンダニンゲン」

DSC_0122_20160817195125150.jpg
「ドウセマタウミウガ目的ナンダロ」

DSC_0123_20160817195127eef.jpg
「ケッ」

ひさみつも元気。

しかし、うみう、使用人よりも相方に心を開きかける。
DSC_0132.jpg
「カー」

手のひらに体を預けてぺったり。

私がカメラを向けると、警戒して体を起こす。
DSC_0136_201608171958367d3.jpg
「カーカー! 魂を取るつもりだな! カーカー!」

ちょっとだけ、30分くらいだけよろしいだろうか……、と言って行ったのに、結局2時間居すわったという。
うみうの吸引力は強力。

しばらく構い続けたら攻撃の手が緩んでくるという、強がってもやはりお子様。

また会いに行くから覚悟しろ~。



バックヤードツアーに続く。
20:03  |  外鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.11 (Mon)

うみう、に会いに

うみうです。
IMG_1254.jpg

うみうに会いに、陸路で往復6時間かけて帯広まで来たですよ。
IMG_1253.jpg

カラスのうみうさんです。
IMG_1258_20160711200038ae8.jpg
「だれだおまえ。あくにんか」

使用人に攻撃しつつ怯えるうみうさん。
攻撃するなら怯えるな。


大王とりょっくの元親さんである鳥友さんが、カラスを保護したので、会いに行って来ました。

ひさみつも元気でした。
が、突然の新入りにヤキモチ焼いてちょっと不機嫌。
IMG_1262_20160711200039539.jpg
「ニンゲンドモガ」

IMG_1264_20160711200041a70.jpg
「ドウセワカイコガイインダロ」


行政は保護とかいいつつ、まだ飛べないカラスのヒナを捕獲して山に捨てて、キツネやアライグマの生き餌にしています。
攻撃と威嚇の区別もつかない人がぎゃあぎゃあ騒いで、捕獲されて殺されていくヒナ達。
カラスが子育てしちゃ駄目ですか。

縁があって命拾いしたうみうさん。
両足の指が伸びてしまってちゃんと歩くのもままならず、うまく枝につかまることができません。
IMG_1266_20160711200150722.jpg
でも元気。

そして、甘ったれ。
IMG_1267_20160711200152b0b.jpg
まだ保護してから1週間くらい。
しかし、私のことは全力警戒なのに、保護主さんには甘えた声を出すというこの差。

カラスって本当に頭がいいんだな、と思いました。
最近ぽいんを見ていたからなおさら。
そうか、やはりぽいんは馬鹿なのだ。

カラスの行水。
IMG_1269.jpg

暇なし食べているからか、暇なしくそをしていた。

ちょびこさんのくそも初めて見た時びっくらこいたけど(体のわりにでかい。セキセイより小さいのに、セキセイのくそよりでかい)、カラスのくそもたいがいだった。

さっぱり。
IMG_1272.jpg
手乗り。
IMG_1273.jpg

一人でご飯を食べられるのに口を開けておねだりしたり、顔を近づけてじっと目を見つめてクァ~と甘えた声を出したり、
私がちょっかいをかけたら怒り狂い、その直後に助けてくれ~と言うように、保護主さんに甘えたり。

なんか囁いているんですよね。
よく聞くカー、って鳴き声じゃなくて、クァ~とかク~って小さく甘い声。
こりゃ可愛いわ。

ときどき諦めたようにちょっと頭を撫でさせてくれました。
頭皮が見えてるので、今は亡き父の後頭部を見ているようで切ない気持になりつつ、ハゲかと思ったらなんと、ふわっふわ。
ヒナ特有のクチバシの付け根のぴよぴよも隙を見て触ったら、ぷよぷよしてた。
プライベートゾーンらしく、すごい嫌がられたけど。


うみう、末長くお幸せに(^θ^)
20:31  |  外鳥  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2016'06.21 (Tue)

ふくろうカフェでもビールのんだ

原宿駅前を歩いていたら、突然道端にふくろうさんが。

ふくろうカフェの客引きです。

トキョはすごいですな。

そろそろ鳥友さんともお別れの時間……でも、もう少し時間あるし、ビールでも飲んで休むか(ちなみに昼にもビールは飲んでいる)、とか言っていたので、ちょうどよい出会いでした。

今まで散々鳥と遊んで置きながら、まんまと店内に。
201606181644.jpg
ラブラブらしいおふたり。
今まで、めんふくろうって顔がのっぺりしていてそんなに可愛いもんじゃないなとか思っていましたが、じかに触れ合えて認識変わりました。
すごく可愛かったです。
過去の自分に、己の顔見てから他人を可愛いかどうか判断すれとか言いたい。

あごをきゅっとまふまふすれば、顔がハート型になります。
160618_1644~01
カフェにあったビールはもちろんネストビール。
ロゴがふくろうさんのビールです。

でも、黒ラベル飲みました。
トキョなのに朝日でもキリンでもサントリーでもなく、サッポロの黒ラベルを置いているところがニクいね。
まだ明るいのに何杯目か。

小さい子たちを撮っているのに、大きい子の写真がないのに、今気が付きました。
160618_1642~01
他にも3羽、大きい子がいました。
ガラスのようなオレンジ色と金色の大きな目が印象的な子たちです。
とりあえず、大きな子の尻の毛がまっふまふだったので、顔を埋めてきました。
なんも匂いがせんかった。

おさわりもオッケーだし、乗ってもくれますよ。
勇気があれば素手でもオッケー。
私はもちろん素手。むしろ傷つけられたい。
160618_1642~02
この子は手のひらにちょこんと乗ってくれました。

やはり触れ合い系は写真が少ないな。
写真どころじゃないもんな。

トキョの鳥旅、楽しかったです!
鳥友さんもありがとうございました!
ぐいぐい逝く奴ですみません。
また鳥ハシゴしながらビールが飲みたいですw
懲りずによろしく。
20:29  |  外鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'06.20 (Mon)

東京の旅

無事北海道に戻ってきました。
0067.jpg
「生きて帰ってきたデヨカ」

生きて帰ってきたデヨ。

念願の小鳥カフェに行って来ました。
160618_1148~01

今回のおともはセラ。
160618_1117~01
「セキセイケーキ美味しそう」

一緒に行ってくれた都会の鳥友さんは限定のバリィさんケーキ。
160618_1117~02
「どっちもうまうま」

別料金でおさわりできます。
御指名は2羽まで。
20160618113.jpg
ちょっとしたキャバクラです。

グッズも豊富で素晴らしい空間でした。
また行きたい。
今度は吉祥寺の方にも行ってみたいな~。

お次のエンピレオ。
160618_1333~01
こちらはオオハネナガインコさん。

カフェではなく、ひたすらにおさわりできる場所。
5羽ほどいて、今回は体調の機嫌のよい4羽と触れ合いました。

おねぇさんが「この子は甘噛みでも痛い」と言っていたのですが、本当にその通りで、こやつの甘噛みで爪が白くなりました。
160618_1340~01
2015年に産まれたばかりで、まだまだヤンチャのきかんぼさん。

目さえ潰されなければ指くらい欠損しても生きていける、という感じで日々危険に立ち向かっているので、負けじと構っていたら、またしても甘噛みで指から血が出ました。

おねぇさん、これ本当に甘噛みか。

でも、確かにこの子たちの本気噛みなら、人間の指の一本や二本はぼっきりいけるでしょうしね。
考えてみたら、機嫌が悪い時のセラの本気噛みの方が痛かったわ。

しまいには耳の穴に舌をつっこんでレロレロしてくるし。
なかなかのテクニシャンでした。

あっ
201606181321.jpg
という間の
2016061813220000.jpg
30分。
2016061813200000.jpg
むむ。4羽目のヨウムさんの写真がなかった。
さわるのに夢中過ぎて今回は写真が少ないですな。

アケボノインコさん。
大きさとか一番セラに似ていて、なんか色々構ってしまった。
160618_1332~01
ご機嫌で口笛とか吹いてくれたよ(^θ^)

でも、終始私たちには見えない天井のなにかを見ていた。

続く。
20:44  |  外鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT