FC2ブログ

All archives    Admin

2010'07.12 (Mon)

どしゃぶりで高速を飛ばす恐怖

本日健康診断をかねて、ソッソとベコをクリニックに連れて行きました。


ソッソの足の診察が一番の目的。
ベコは元気だし、悪いところはなさそうだ、ということでソッソのお供がてらいつもどおりの健康診断。

先生がプレパラートを取り出した瞬間、ソッソの顔色が変わったのを、私は見逃さなかった。
so_20100712205207.jpg
そのうとンコに異常はなし。

そして、問題のそっそあんよ。
怪我とかではなく、神経麻痺的なものらしいです。
鳥さんにはよくあるとか・・・。
治るのもなかなか難しいらしいです。
栄養が悪かったのかなあ。
ペレットが嫌いな子(ペレットが嫌いな子でも良く食べる、といううわさのドクターマックのペレットも食べなかった頑固者)で、シード食だから青菜とかビタミン剤とか補助栄養素のは気を使っていたのですが、足りなかったのか・・・。
確かに、ほかの子と違って積極的にボレー粉もイカボンもマヌも何もかもガジガジする子ではありません。
自分から積極的にガジガジするものといったら、イグサロープくらい(´θ`:)


神経のお薬を貰ってきました。
まだ若いからきっと治りますよ、と先生に慰められた私とそっそ。

老齢性でないことを祈るのみ。
sososo.jpg
「4歳・・・まだ若いよっ」

頑張ろうね、そっそ。

しかしデブなのも要因だと思うぞ、そっそ。
ただいま20ソデブ(※)です。

※1ソデブ=2グラム


で、ベコの健康診断。
結果。

そのうもンコも汚れた男、べこ。
P7110018.jpg
「べこっ」

菌がうようよでそのう炎になりかけてました。
ゲロゲロするのが原因らしいです。
あと、夏場に青菜を食べ過ぎるのも良くないみたいです。

ベコは1ヶ月野菜禁止令発令です。
(確かソッソも若い頃に発令された記憶が・・・)

あまりにゲロゲロするので私と遊ぶとき以外は鏡を撤去していたのですが、鏡や姿が映るものに対して異常なほどの執着心を持っていて、鏡がなければ、うっすらと自分が移る程度のプラスチックの壁面にまでゲロゲロしようとするベコ。

アホとおりこして異常だぞ、ベコよ。

人間と遊んでいるときは、鏡に向かってウキウキ踊ったり、自分の顔を見てウハウハしているだけで吐きはしないのですけれど・・・意外に難しい子、べこ。


そのう検査終了後に震えだすベコ。
慣れないのね。
P7110021.jpg
ベコもお薬です。

大王ちゃんはもうすでにベコに対して「メシくれ」とは言わないのですが、タマたちがベコゲロを奪いに来ます。
気をつけなくては。



しかし、一番元気そうにしていたベコが、病気持ちだったなんて。
元気な子ほどぽっくり逝くって言うのは、元気な子にそういう傾向があるわけではなくて、元気な子ほど飼い主が病気に気づかないってことなのでしょうね。

健康診断って、大切だと改めて知った今日でした。

テーマ : セキセイインコ大好き - ジャンル : ペット

21:18  |  家鳥  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |