FC2ブログ

All archives    Admin

06月≪ 2012年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2012'07.26 (Thu)

大人(大鳥)の話

以前書いたヨウムに関してのことなのですが、
色々読んだところ、

一応、サイテス対象なんですね。

取引禁止はされていないが、制限はされていると。


勉強不足でした(゜θ、゜)

ちなみに今回のは、制限じゃなくて取引禁止にしろ、ということです。





(゜θ゜)(゜θ゜)(゜θ゜)(゜θ゜)(゜θ゜)



弱っている鳥は人間に擦り寄ってくる、と言う言葉を幼い頃に耳にしました。

なので、ペットショップで喜んで人間に近寄ってくるヒナ鳥などは、体の弱い子なのかな、と思ったこともありました。

ですが、おそらくこれは慣れた個体に当てはまることなのでしょう。
人間知らない鳥が弱ったからといって、人間によってくるわけないですしね。


で、

ちょびこさんのことです。

元気なときは水浴び後以外、人間の手に入らないどころか、よんでも「チッ」と舌打ちをするだけで来やしません。


ですが、あんよの状態が今より悪かった時は、使用人に擦り寄り、使用人がトイレを我慢しなければならないほど手の中に入ったまま動かず、手を出たと思ったら首筋に擦り寄り……。


↓ちょびこさんのあんよの状態はこんな感じです。
ちょびあし
赤い部分がポロリな部分です。

真ん中の指がもう少しで取れそうです。
最初にポロリしたところは、綺麗にまるまってきました。

ちょびこさん、いい年だけれど自然治癒力はすごいです。


そのちょびこさんですが、最近使用人の存在を無視していたものの、昨日また使用人に擦り寄り、手に入り、しょんぼりしていました。

原因は、大王にケンカをふっかけられたことです。


大王はズーと違って、弱っている子にちょっかいをかけません。

ですが、元気になったちょびこさんが、使用人の髪を巣材としてひっぱり、ティッシュを巣財としてひっぱり、しっぽをピコピコし、復活の兆しを見せたのがまずかった。


武将大王はちょびこさんが元気になったとばかりに、喜び勇んで一騎打ちを申し出たのでした。


しかし、未だに包帯をした手負いスズメ。
元気なのは心だけ。


惨敗です。

そして、包帯をしてある方の足の付け根を齧られました。
かなり痛かったようで、しょんぼりです。


大王もなぜかしょんぼりで、今日はちょびこさんにちょっかいをかけていません。


複雑な鳥模様です。

今日はまた元気になったのか、ちょびこさんは8割がた使用人を無視しました。




話し変わって茶柱りょくちゃ。

本日使用人の頭でコスコスして目標天まで到達しました。
りょくちゃ、女の子だとは思います。
ですが、良い子のみんな、女の子も目標天まで到達するもんなのですよ。



もう1年以上一緒にいると、りょくが何を要求しているのか、その顔と態度を見るとわかるようになりました。


使用人あっちいけ、な時。
りょく

かまって欲しいとき。
りょく2


だいたいこういう顔をしています。


りょくのフィニッシュは、だいたいベコのフィニッシュ時みたいにやかましかったです。


それとは逆に、ちょびこさんとセラのフィニッシュ時は無言。


鳥種の差なのかなァ。

テーマ : 小鳥大好き - ジャンル : ペット

21:10  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |