FC2ブログ

All archives    Admin

09月≪ 2013年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013'10.29 (Tue)

伊勢の旅~鶏はいずこへ

神様神様言っていますが、使用人は無宗教ダス。
でも無神教なわけじゃないダス。
神様はいると思っていますよ。だから、悪いことできないよ。
悪いことしてるの、お天道様が見てるよ。
決して小心者だから、悪いことできないわけじゃないよ。


ホントダヨ。


疲れていたのに、緊張していたのかなかなか寝付けず。

夜勤明けで疲れているのかしらんがJR伊勢市駅の駅員の感じの悪さに腹を立てつつ、時間をフルに使って色々見るため、朝は4時半に起きて5時の電車に乗りました。
近鉄、名鉄などの私鉄の駅員は感じがいいのに、どうしてJRってどこもああなんだろう……。再度伊勢市行くことあっても、絶対JR線は使わんわ。

IMG_8195.jpg
誰もいない。


一番行きたかったといってもいい皇大神宮の別宮、伊雑宮。
伊勢市駅から電車で40分くらいにある場所です。
IMG_8197.jpg
写真では明るいですが、実際は朝の6時なので、まだまだ薄暗かったです。
参拝客は誰もいません。
手水舎の柄杓の上にカエルはいましたが。

皇大神宮境内にある別宮とは違って、あまり来る人もいないのかな。


帰りの電車は通学の学生たちと共に。
女の子のスカートが膝丈で、紺色のハイソックスはいていたので、日本の未来も安心だと思いました。

次、豊受大神宮です。
IMG_8203_20131027213824048.jpg
まだ朝早いからか、それほど参拝客はいませんでした。


IMG_8206_201310272117565c6.jpg
「それにしても、この街は全体的によい匂いがするね」


金木犀と杉の香りだと思うのですが、どこにいっても鼻孔をくすぐるよい芳香がただよっていました。


豊受大神宮の別宮、風宮。
IMG_8210.jpg
IMG_8211.jpg
祭神:風雨を司る神とされる級長津彦命と級長戸辺命(しなつひこのみこと、しなとべのみこと)
詳しくはウィキペディア先生にてよろしく。
元寇のときに神風を起こして別宮に昇格したとか、色々面白いです。

土宮、多賀宮に行って正宮へ。
その後に、ひとっこひとりいないわびしい道を通って、ひとっこひとりいない神社へ。
度会国御神社、大津神社です。

ジャングルにいるみたいに鳥の声は聞こえたのですが、写真には鳥要素ないので割愛。

それから朝ご飯、せきやの御饌の朝かゆです。
もちろん一人飯。
IMG_8222.jpg
おかゆは一度だけおかわり可能とのことですが、一杯だけで結構ありました。

次、バスを駆使して皇大神宮別宮の倭姫宮へ。ここも境内にはない別宮です。

林の中を行くも、誰ともすれ違わない。
たどりついた先も誰もいない。

IMG_8225.jpg
でも、騒がしくないので雰囲気はとてもよかったです。
そして、とてもいい匂いがしました。

そして噂の皇大神宮へ。
思ったよりも人がすごくてなんか……。

そして、境内に放たれているという鶏を探したのですが、どこにもいない。
くまなく歩いたのに哀しい。メインがそれだったのに。
雨降っていたからかなぁ。

キジバテノミコトはいた。
IMG_8234.jpg
IMG_8235.jpg
たいへん麗しい。

境内にある神社です。御手洗場の近くにある滝祭神神社。
IMG_8240.jpg
多くが正宮しか目指さないからか、ちょっと道からそれると、誰も人がいない状態です。

ということで、その隙を見て記念撮影です。
IMG_8242.jpg

風日祈宮、荒祭宮、正宮などを参拝してから近くの神社へ。

神宮の近くにある神社でも、今まではほとんどが参拝客のいない神社が多かったのに、ここはやけに女の人が多いと思ったら
IMG_8263.jpg
安産祈願ね。
すれ違った人々の会話では「子宝神社」と耳にしました。

私本人には直接無関係ですが、鳥たちの安産をよろしく、神様。

旅の終盤。
使用人は伊勢エビに、出会ったー。
IMG_8275.jpg

色々近くの神社に行く。

お昼は伊勢うどん。ビールつき。
なんか、こう、もさもさしっかり、というなんとも言えないうどん。
一度食べてみるべき。さすれば分かる。
IMG_8281.jpg
もう一人うどん屋もその席でひとりビールも怖くない(゚θ゚)


食後、豊受大神宮別宮の月夜見宮へ。
伊勢市駅近くの街中にあるので、人も少しいました。
2組くらい。
IMG_8284_2013102919485751b.jpg
今回行った神宮や神社の中で、ここが一番印象的な場所でした。

鳥の声がすごかったからかな。すっごく賑やか。
キセキレイらしい黄色い鳥もいたのですが、すばしっこくて撮影できませんでした。
声はカメラに収められないのが残念。
IMG_8286.jpg
もしかしたら、どこかに鳥がいるかもしれない。

安産だったかどうかわかりませんが、おそらくこの日に無事卵を産めたズー。
子安神社の神様、ありがとう。
(子安神社の神様は富士山の神様と同じで木花開耶姫神とのことです)
IMG_8001_201310272226202da.jpg
「卵に血がついてたけどね」

(・θ・)


そして、実はこの日、私から4親等にあたる親族が亡くなりました。
時間はおそらくお昼前、茜稲荷神社→世木神社→月夜見宮に行っている頃。

親族が亡くなると、鳥居を通ってはいけないと言います。
ギリギリセーフ……でしょうか。
最後の月夜見宮はギリギリアウトっぽいですが。

知らなかったから仕方がない。神様ごめーんね。


親族にもよりますが、亡くなってから鳥居をくぐってはいけない期間は、普通の神社は親で50日間。今回の親族だと3日間。
しかし、神宮だと1年鳥居をくぐってはいけないらしいです。

セーフ。
セーフだった。

しかも、今回亡くなった親族は、すぐには死ぬ予定のなかった人。

あと

こういうことってあるもんなのね。

テーマ : 小鳥大好き - ジャンル : ペット

22:11  |  徒然  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |