FC2ブログ

All archives    Admin

09月≪ 2013年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013'10.31 (Thu)

心を無にする鳥

クリニックに行ってきました~。

みんな特に重大な病気などはなし。

ただ、そのうに菌が発見されたので、サンバガラスとセラにはお薬処方です。

セラは以前と同じふnこクサ菌です。
最近まで卵じゃないおもちゃを卵として抱きかかえていて、そのために溜めふnこをしていたので、ふnこの中の雑菌が増殖しやすくなっていたのでしょう。

今はちょびちょびふnこをしているし、お薬も飲んでいるのでそれほど心配はないかと思われます。


手前のがおもちゃの卵。
IMG_8296.jpg
「もう卵あきた」

卵を産まないにしても、抱くだけでも色々害はあるもんなんだな。

IMG_8297.jpg
「あぐあぐ」

神宮から帰ってきてからというもの、べたべた度がすごすぎるセラ。

夜は籠に戻りたくないため、指に乗せられ強制送還されないよう、極力足をあげず、ほふく前進で行進します。


サンバガラスは産卵のせいで体力が落ちていると思われます。
トリス>ヘルメソ>ズーの順番で菌がひどかった。

ヘルメソトリソはご飯をあげあっているので仕方ないですな。
じーっと見ていたら、ラブゲロ3往復くらいしていました。
あげたゲロをあげ返して、そのゲロをまたあげ返して……。

クリニックに行くために3羽ガラスを同じキャリーに入れていくのですが、道中ズーがつらそうで仕方なかったです。

3羽のお薬は1週間、セラはふnこクサ菌がしつこいやつなために2週間。


で、今回一番の心配事が……。りょくぽです。

IMG_8036.jpg
「えっ」

健康診断ではなんの問題もありませんでした。

ただ、うちに来た当初は気にならなかったのですが、ここ1年くらいでちょっと多尿が気になるようになったのです。

下痢、ではなくあくまで多尿。

下痢は色のついたふnこがどろどろの状態ですが、多尿はきちんとした形のふnこがあって、その周りの水分が多い状態。
水ふnこ、ってやつです。

換羽の時は顕著なのですが、換羽が終わってもふnこ周りの水が多いりょくぽぽん。
腎臓が悪いのでは……と常々思っていました。

IMG_8034.jpg
「つむじが真ん中じゃなくて、ちょっと左に寄っているのがいいですね、って先生に言われたよ」

先生と色々お話をしたところ、腎臓が悪い子は元気がなかったり、吐き気を催したりするものらしいです。
りょくっぽんお場合、元気はあるし、ご飯も食べるし、吐き気はない(もちろん誰かにラブゲロをあげるそぶりすらない)。多尿なだけ。

セキセイ女の子は、発情期の時に沢山水を飲むことを覚えると、それがクセになる子がいるとのことでした。
先生の見解では、おそらくりょくはそっちの可能性が高いのじゃないだろうか、という感じでした。

それでも、やはり腎臓が悪くて、あの時検査して治療をしていれば……ということになったら、死ぬまで後悔することになるので、血液検査をしてもらうことに。

全員の診察が終わって、血液採取のため、一人残されるりょくぽん。
とっても不安な顔をしていました。
なんでりょくだけ残されるのー、と。

「あまりに暴れる場合、採決ができない時があります」
とあらかじめ言われており、私も
「この子はうちの子いち掴まれると暴れるので、もしかするかもしれません」
と伝えておりました。

もしかしました。

暴れすぎて針が抜けて、1滴にも満たず、半滴しか取れなかったとのことです。
申し訳ありません、とひたすら謝る先生に、こちらこそ聞きわけない子で申し訳ありませんと謝り続ける使用人。
ペコペコ合戦です。


採血失敗後に引き渡されたりょくぽん。
こわりょく
無の顔をしていた。

待合室で先生から直接渡され、採血できなかったこと、病的な多尿の場合は尿がべたついたりするから、その時はすぐに来てくださいとの説明、色々話を聞いていた間中、ずーーーーっと↑の顔で微動だにせず。

いつものりょくぽんなら、不安な表情でそわそわしているのに……。
こわりょく - コピー
これ。

帰りの車。
怒りすぎるりょく
床を見つめたまま二時間微動だにせず。


あのね、りょくぽん、使用人はりょくぽんが嫌いで血液検査をお願いしたわけじゃないんだよ。
なにかあったときに手遅れになるのが嫌だから、お願いしたんだよ。
怒りすぎるりょく - コピー

そういう顔しないで欲しい。

テーマ : 小鳥大好き - ジャンル : ペット

21:34  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |