All archives    Admin

06月≪ 2015年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'07.31 (Fri)

ズーじゃない

7月も終わりですね。
ズーがいなくなって一カ月が過ぎました。

もうズーの話はちょっとした思い出だけにしておこうと思ったのに、最近トリスがやけにズーみたいことをします。

IMG_0024.jpg
「むむむでよ」

IMG_0025.jpg
「ちょびこさんの秘密基地占領」

やけにちょびこさんを気にします。

IMG_0030.jpg
「ここはズーと共に開拓した秘密基地でよ。お前はあっち行くでよ」
「ケチ」

でもあまり攻撃しないちょびこさん。

IMG_0032_20150731191926e65.jpg
「ズー……でよ?」
「いえ、サンバガラスの可愛い方です」

でも、あきらかにズーへの態度と違うのは、攻撃はしないけど「誰だこいつ」的な顔でトリスを見ているところです。
ズーが相手ならちゅいちゅい喧しく鳴いて、「よすでよ~ん」的な雰囲気を醸し出すのに。

あと、トリスもズーと違って、秘密基地にいるちょびこさんしか興味はないようです。

ズーの代わりは誰もできないし、いないんだよね、ちょびこさん。
19:25  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.30 (Thu)

とりすちゃは突撃する

6196.jpg
「どうもこんにちは。またしてもヌレガラスなとりすちゃです」

いつもは自家栽培の小松菜をあげているのですが、久々にトウミョウを献上しました。
トウミョウは与えすぎると精巣腫瘍によくないとか、なんとかという成分が鳥によくないとか、そういう微妙な話をどこかで読んで、控えていたのです。

6199.jpg
「これよこれこれ」

でも、彼らにトウミョウをあげた一番の理由は、食べて貰う為ではありません。

食べることは食べるのですが、一番のトウミョウの利用法が
6201.jpg
「ざばーっ」

濡れたはっぱでの水浴びです。

6205.jpg
「たまらねぃわ」
「大王ちゃんまだ?」

6206.jpg
「もうちょっとよ」
「大王ちゃんどこ」

埋もれています。

6208.jpg
「ベコも」
「生き返るわ」
「大王ちゃん長風呂」

6210.jpg
「大王ちゃんがトウミョウになった」
「大王ちゃんがトウミョウと一体化している」

りょくは最初大王の近くでうろうろしていますが、皆の羽が乾いて、トウミョウの存在を忘れかけた頃に水浴びをし始めます。


風呂の順番
何故か
とりすちゃ→大王→ベコ→りょく ヘルメソは禿げているからか、水浴びはしない。


多分、脂肪がついている順番です。
21:13  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.28 (Tue)

脂肪がふるえる

IMG_0001_20150728202433cbd.jpg
「セラと同じ赤いスイカだべや」

ワテクシ、今年初スイカです。
土人なので床に置いて食べます。

IMG_0002_2015072820244697b.jpg
「甘さはまずまず」

相変わらずセラは、汁だけ啜って繊維はペッ、でした。

IMG_0003_20150728202444cd1.jpg
「暑いよね」

デブリスちゃは水浴びです。
脂肪がすごいので、なかなか熱を逃がせないようです。

IMG_0004.jpg
「人のこと言えんぞ」

我が身のことは置いておいてでも、人の肉のことは言いたい。

水に濡れて羽がぺったりしているはずなのに、ブタだな~。
トリスからブタリスに改名したい。
IMG_0005_20150728202444740.jpg
「ブタじゃないです。インコです」


 暑いのに 食欲減らぬは 誰に似た

私が鳥たちに似たのか。
鳥たちが私に似たのか。
 
20:35  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.26 (Sun)

ウナギ食べたくてふるえる

こんにちは。
ユチッコです。

どうしてもウナギが忘れられず、この際中国産でもいいや~、と、土用の次のに日「安くなってないかな~(^θ^)」とスーパーに行ったら、逆に値上がりしていました。
もちろん、諦めました。

オノレ。コノウラミ、ハラサデオクベキカ。

私が検疫官をやっていた頃*注1中国産のウナギは確か、マラカイトグリーン(抗菌剤)の命令検査対象だったような。今はどうなんだろ。

今でこそなくなりましたが、昔、中国産活鰻はマラカイトグリーンで鰻が緑色に染まっていたと上司から聞きました。
実情を知ってしまっては、中国産ウナギを食べる気にはなかなか……。

*注1私が検疫官を~
10年くらい前。あの頃私は若かった。目下の敵は、中国産輸入品ではなくほうれい線


暑いとなんで鰻が食べたくなるんですかね。
日本人の遺伝子に書き込まれていのでしょうな。
別に食べなくても死なないのに、食べたくて食べたくてふるえる*注2
全然利己的じゃないな、遺伝子。

*注2ふるえる~
「ふるえる」ってアホっぽいな。ひらがなだからかな。このことばかりてさけんでいるひとがいたけど、いいこといってたのかもしれないけど、所詮他人の言葉借りて叫んだって、なんかやっぱりどうもこころにひびかなかったもんな。

IMG_6192.jpg
「あつ」

IMG_6194.jpg
「あっつー」

IMG_6195_20150726202740360.jpg
「あかんてまじで」

いつもはべたべたしたがるセラが、舌をヘコヘコさせて私のヒフから離れたがります。
クチバシが開きっぱなしです。

私が帰って来ると、水飲み場で水浴びをした後っぽいのですが、それもすぐに乾いてしまうようです。

IMG_6065_201507262032270d8.jpg
「母インコは涼しい顔をしているが、ここはひんやりしているのだろうか」
「ワテクシ大病わずらってからというもの、暑さは味方になったわ」
「赤い。でかい」

ちょびこさんは朝っぱらから水浴びをしています。
セキセイさんたちは寒そうにこそしていませんが、暑そうにもしていません。
温度計は27度、湿度は50度越えているのに。

IMG_6066_201507262032251ef.jpg
「大王ちゃんから離れろ―」
「あ?」
「言ってみただけです」

20:38  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.24 (Fri)

ちょびこさんは暑さに強い

暑いです。
ウナギが食べたいです。
でも、高いので諦めました。
家の人はみんなどこか出張だったり遊びに行っていたりするので、本日家にいる人間は私一人です。
私一人で一尾1400円は奮発し過ぎだろ~。

もちろん、買うなら一度に食べきる気でいました(・θ・)

鳥たちにたれ付きウナギはまずいので、冷凍してあったカニをあげたところ、ぺろりと食べつくしていました。

暑さをものともせずに迫るりょく。
興奮のせいでヘルメソよりも1.3倍でかくなっている。
IMG_6159.jpg
「へるめそちゃん」
「暑いからよらないで」

IMG_6160.jpg
「へるめそちゃんっ」
「んがががが」

熱いチューを交わしていると思い気や、違います。
りょくが一方的に嘴を奪って離さないだけです。
ラブゲロをあげたかったようですが、この後ヘルメソは逃げて行きました。

6179.jpg
「けっ。お熱いでよな。ちょびこは一人で頑張るでよ」

ズーがいないので、ちょびこさんは最近よくベコをいじめるように追いかけつつ、トリスにちょっかいをかけています。

IMG_6189_20150724200155f15.jpg
「巣材でよー」

いい巣材みっけです。
セラがボロボロにした鳥型マットをつついて、さらにボロボロにしています。

IMG_6190_2015072420020004c.jpg
「ホワチャァ!」

毟ること毟ること。

しかしまぁ、白内障の進んだ目でよく見つけるもんだ。

化けすんずめです。
20:07  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.22 (Wed)

スケスケゾーン

IMG_6067_201507221933146bc.jpg
「ズーもすなるスケスケゾーン鎮座というものを、ちょびこもしてみむとてするなり」

IMG_6068_20150722193314e3a.jpg
「恐怖心さえ克服すれば、これはなかなか快適でよ」

IMG_6069_201507221933192ad.jpg
「透明シート越しにちょびこのあられもない姿を見られるでよ」

IMG_6071_20150722193318c7a.jpg
「ビルの屋上で透明床に立っている感じでよ」
「ちょびこさんがまたヘンなこと覚えた」

目がはっきりと見えていないから、床が透明なのも気が付いていないのか、はたまた、それを分かっていてスリルを求めているのか。
最近はスケスケゾーンがお気に入りです。

ちょびこさんのぺったり腹が見られるので、私的にもお得感満載のスケスケゾーンです。
19:38  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.20 (Mon)

カンバッヂ

トリトモさんがズーのカンバッヂを作って下さいました。
IMG_6111.jpg

可愛くて汚れたり落としたりするのが恐ろしく、使えません(゜θ゜)
IMG_6110.jpg
ようやく袋を開けましたが、やはり使えません。
もったいない。
けど落とすの怖い。

ちょびこさんのおまけも。
IMG_6112.jpg
もっちり。

6098.jpg
「ズーでよー!」
「ぐぅ」

6096.jpg
「めんこいでよ」
「ぐぅ」

6097.jpg
「聞いているのかでよ」
「ちょびこさんうるさい」

ちょびこさんは本日、トリソのケージの木製ピンチでコスコスしてました。
見てただけで3回。
それを下からまじまじと眺めるトリソ。
平和です。
19:41  |  鳥グッズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.16 (Thu)

のりたま

ん?
この子は一体……。
IMG_6099.jpg
「もしゃもしゃ」

新しいうちの子。

ではありません。

知人が保護したインコさんです。
保護した人は死んだ父と仲が良く、私が沢山鳥を飼っていると父が話していたことを思い出して、電話を下さったらしいのです。

「どんなご飯をあげていいのかわからない」とのことで、我が家で預かることになりました。
何か病気を持っている可能性もあるので、うちの子との接触は避けて、1階で過ごすことに。

見たところ生後1か月ちょい位のヒナ卒業くらいの子。
指を出したら「およよよよよ」と餌をねだるし、指をちょいちょいしたら頬を掻かせてくれるし。
たまらん。

とりあえずピーちゃんじゃありふれているから、のりたま、と仮名で呼んでいたところ、すぐに飼い主が見つかりました。
素晴らしいネット社会。
こんな田舎なのに。

良かったね、のりたま。

と思ったら、本名はピーちゃんでしたΣ(`L_` )
生後はおよそ2カ月。
にしては甘えんぼさんだったなぁ。

IMG_6085_201507162103256d6.jpg
「ヒナっこ、可愛いわね」
「また子作りする?」

IMG_6086_20150716210330aa5.jpg
「高齢出産だから無理だわ」
「ベコはまだまだ」

IMG_6087_20150716210507368.jpg
「枯れない男。ベコ」

病気持っているんだから、ベコこそ枯れて欲しい。


ちなみに、やはりピーちゃんはよその子のにおいがしました。
ぬいるぐみっぽかった。
21:07  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.14 (Tue)

ズーそっそ漫画

こんな風に、再会していればいいな、と。


ズ―1

ズー2

ズー3

ズー4

ズー5

ズー6


そういう使用人の妄想でした。
20:24  |  鳥絵  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.12 (Sun)

うちの子マスコット

今日、外に出て空を見ていたら、雀が飛んできて、私のすぐそばで、子作りを始めました。

途中、配達をしに来た郵便屋さんに邪魔をされましたが、私が見ているだけで6回はいたしていました(ただし、それが6発なのかは不明)。

絶倫です。

おそらくちょびこさんの子孫です。


む……。これは……。
IMG_6073_20150712195723195.jpg

うちの子マスコットです。
前回から1年以上経ってしまいましたが、1年ぴよ組さんにオーダーして、うちの子全員を作って貰いました!
IMG_6081_20150712195746e61.jpg

夫婦もこの通り。
IMG_6074_20150712195744168.jpg

水色ベコパンもこの通り。
IMG_6075_20150712195737817.jpg

クリームソーダーズの色の絶妙な違いも再現していただきました。
翼の模様も2羽で違います。
IMG_6083_2015071219582892a.jpg

実はこれ、先月ズーが全く問題なく元気だった時にオーダーしていました。
まさかズーが逝ってしまうなんて、予想していませんでした。
ズーに見せたかったな。

IMG_6082_201507121957433a8.jpg
「ズーでよ」
「サンバガラスの可愛い方です」
20:19  |  鳥グッズ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.09 (Thu)

日常

ズーがいないことに気づいているのかいないのか、なにも変わった様子のない鳥たち。

IMG_6008.jpg
「セラはもともと接点ないし……」

IMG_6011_201507092053262fc.jpg
「近付いたら食べられるって言われてたし」

IMG_6022_20150709205325236.jpg
「ワテクシ、換羽間近で眠いわ」

先日からだるそうだったので、もしやと思ったのですが、今日から羽が抜け始めた大王です。

IMG_6021_20150709205326dde.jpg
「ベコの換羽が終わらない」

ベコはずっと白ウニ状態です。
誰かほぐしてください。

IMG_6023.jpg
「ぼくも換羽で眠……」
「ウッセェ」

IMG_6024_20150709205521385.jpg
「なんで怒られたのかわからない」

しつこいからです。

IMG_6031_20150709205618e64.jpg
「換羽で少しは痩せるかしら……」

IMG_6032.jpg
「無駄な期待は持たない方が良いよ、大王ちゃん」

やはり、ズーがいなくなって少し変化があるのはちょびこさんくらいです。
大王に奪われてからというもの、全然近付きもしなくなっていた所で、過去に隠れ家だったところに行き始めました。
ズーを探しているのかな。

21:04  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.07 (Tue)

ズーがいない

ズーがいなくても、世界は呑気に軽薄に残酷に続いていくなぁ。
そりゃあ、誰かが死んでいちいち世界が止まってたら、今頃世界は40億年前で立ち腐ってるけど。

ズーが死んでから1週間が過ぎました。
そして、2週間が過ぎようとしています。

ありえないくらいに時間は早く過ぎました。
馬鹿みたいにあっと言う間でした。

IMG_6034_2015070719413370b.jpg
お花を戴きました。
ズーの頭の色に良く似た綺麗なお花です。
IMG_6033_20150707194138f34.jpg
ズーちゃそっくり。
本当にありがとうございます。

鳥たちに特に変化はありません(゜θ゜)
ちょびこさんだけは少し、変わったかな。
ときどきズーを呼ぶように、ちぃちぃ鳴いています。
IMG_6001.jpg
「ズー? じゃないでよな」
「ぼくはサンバガラスの可愛い方です」

IMG_6002_20150707194321dd2.jpg
「ズー、どこでよ?」

ズーがいなくなってから、トリスにちょっかいをかける回数が増えました。
でも、ズーへの態度とは違って、孫と言うよりは発情対象っぽいです(・θ・;)

ズーはソッソのプルーンの木の下に埋めました。
ソッソと一緒に綺麗なプルーンの花を咲かせてくれることでしょう。

ユチッコの遺言:私が死んだら私の骨もプルーンの木の所に撒いてくれ。墓には絶対入りたくない。散骨だ散骨。


ズーがいないのに。もう世界のどこにもズーがいないのに。今はまだ、どんなに楽しいことがあっても、ズーがいないと思い出すだけで、心が止まります。

父が死んだ時よりも哀しいです。
父は言いたいこと言えたし。伝えられたし。人間だったし。
父の時は、可哀想だったな、とか、無念だったろうな、とか、そういう感情が先行して、哀しいという気持ちは希薄でした。
喪失感、というものはあったけど、これからなのに死んでいったという『可哀想』という感情がどうしても強くて。
でも、ズーはただただ哀しいです。
無条件に哀しい。
可哀想とか憐れみとかどうでもいい理屈放り出して、ズーがいないという事実だけで哀しい。

でも、残された子たちは、なにも変わらずに日々を過ごしているし。
自分だけ泣いているわけにはいかないし。

すこしずつブログ再開しますね。

いつも見て下さっている方、ありがとうございます。




今日は七夕っていうのなら、ズーに会わせてくれんかね。
神様よ。

20:00  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |