FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2015年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'08.23 (Sun)

哀しいことって続く

21日の朝、りょくが逝ってしまいました。
0099.jpg
「珍しいこともあるものだな~羽衣の君が怒らない」
「怒る元気がないんだよ」

月曜日病院に行った翌日から、お腹も腫れて来て、日に日に弱って行きました。

最後の2日間は苦しそうに呼吸をしていました。

こんなに急激に弱って行く鳥さんを見るのは初めてで、どうしたらいいのか分からず、結局、なにもしてあげることができませんでした。

りょくが弱って行くのを察したのか、背後をちょこちょこと追いかけて行くちょびこさん。
0062.jpg
「じ~」
「ウ~、ちょびこさんが見てる」

弱っているところを虐めようとしているのか、と思ったのですが、そういう行動は見られず。
写真には収められませんでしたが、後をぴったりと付いていって顔を覗き込む仕草は、さすがちょびこさんというより他ない。

ちらり。
0006.jpg
18日はまだお気に入りのハシゴにとまる元気もあったのですが、その次の日にはもう動くのも億劫そうでした。

食べる気力は前日まであり、カニをあげたら我先にと喜んで食べていました。

呼吸は苦しそうなのに、手を差し出すと嬉しそうにひょいと乗ってきたり、頭を掻かせてくれたり。
もう最期だろうと予感がしたので、20日の夜はりょくの頭や背中を撫でながら一緒に寝ました。

6歳という若さでしたが、病気が発覚してから急激に症状が悪化し呼吸も苦しそうだったので、苦しみが長く続かなかったことは、りょくにとってよかったのかもしれません。

心残りなのは、たった3時間仕事に出かけている間に、逝ってしまったこと。
看取ってあげたかった。
ごめんね、りょく。


0051.jpg

6歳。
そうか、もうちゃぱさんとばったの歳を越えていたんだね。
でも私は、あと10年は生きられると思っていたよ。
正直なところ、一番長生きするのは、適正体重で健康優良児のりょくとズーだと思ってたから。

すみません。
色々書きたいことはあるのだけどまとまりません。

ズーが逝ってしまったと思ったら、こんな短期間にりょくにまで置いていかれるとは思ってもみませんでした。

セラもまだ元気がない状態でお腹も張ってきていて、不安なことばかりです。


哀しいことじゃなく、楽しい記事が書けるようになるまで、少しの間、ブログ休みます。
20:06  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |