All archives    Admin

02月≪ 2016年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'03.21 (Mon)

ヘルメス

3月19日はヘルメスの誕生日でした。
20日がトリス、21日がズー。
御彼岸に産まれたからオヒ、ガン、ズー、でズーだけ名残があるという。

そして、ヘルメソが20日に永眠しました。
御彼岸に産まれて御彼岸に旅立って行ったヘルメソ。

0030_20160321131013c4c.jpg
ここ一カ月くらいは食べている以外は、ずっと寝ている状態でした。

それでも、頭なでなでの時間を設けるようになって、以前は私を見て震えていたヘルメソでしたが、仲直りしました。

最後は私を呼んでくれました。
それで目が覚めて、明らかに様子のおかしいヘルメソを手の中に入れて布団にもぐりました。
頭をなでると、最期の最期まで、頭の羽をふっくらさせて気持ちよさそうにしていました。
そして、手の中でじっと私の顔を見ていました。
それから10分もしないうちに静かに逝きました。

ものすごく哀しくて、どうしようもないくらいどうしていいかわからないけれど、それでも、良かった。
ちゃんと最期まで一緒にいてあげられてよかった。
食欲も最後まであって、体重も36gでした。

どうしてか、不思議と心は穏やかです。
哀しいけれど、落ち着いて見送ってあげられる。

私のところに来てくれてありがとうヘルメソ。ずっとずっと大好きだよ。
また生まれ変わって、私のところに来てね。


少しの間、ブログを御休みします。
13:31  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.18 (Fri)

ベコのこと。少しつらいはなし

水曜日、またベコの腹水穿刺にクリニックに行って来ました。
前回から2週間ちょっと。

お腹が膨らみ、排泄をいきむようになったり、食欲も少し落ちてきました。
DSC_0005_2016031819113018e.jpg
「またでよか-」

正直厳しいです。

0037.jpg
「な~……」

今回も抜いたのは6ミリリットルほど。
またも腹液は透明ではなく、血が混じっていました。
しかも前回よりも赤い、ということは新しい血ということなので、ぶつけたことによる出血というよりも、腫瘍からの出血と考えた方がよさそうです。
しかし、精巣腫瘍が腹腔内に出ることはあまりないそうです。もしかしたら、腫瘍が腹膜に接触して炎症を起こしているのかもしれないとのこと。

貧血が怖いので、今回は造血剤も処方してもらいました。

元気のないベコを介抱するリッス。
優しいな。
リッスは男でも女でもいいただの浮気者のビッチかと思ったら、実は究極の博愛主義者だったのですな。
0019_20160318191131fac.jpg
「ぱぱが元気ないとぼくも元気でないよ」
「リッスよ」

ベコはセラに足を齧られて骨折したときも、すこぶる元気でした。
そのうに菌が見つかったときも、体調の悪い素振りはみせませんでした。
すごく忍耐強い子です。
でも、流石に今回は元気がありません。
相当だるいんだろうな。

DSC_0023_201603181911338da.jpg
「あ~、そこそこ」

0035.jpg
「もうっちょっと右の方お願いします」

0028_20160318191133ea1.jpg
「気持ちいいな~」

水浴び後だというのに、自分のトリミングをそっちのけでベコに尽くすリッス。
どこで教わったのだろう。

その頃の大王。
DSC_0029_20160318191157205.jpg
「足かゆいわ」

トリスの優しさは持って生まれたものらしい。

熟年夫婦ってそういうもんか。
こんなんでも、ベコはやっぱり大王が好きなんだもんな。
まぁ、最近は大王よりもトリスの方に行きたがるけどな。





実際このような状況になったら、予後はどの程度ですか、とクリニックの先生に聞いてみました。
「貧血次第」とおっしゃってはいましたが、それでも上手くいって1カ月から2カ月程度だそうです。

精巣腫瘍と発覚しておよそ2年。
覚悟はしていたつもりだけれど、実は奇跡が起こって完治して、15年くらいは生きるんじゃないのか、とか思っていたこともありました。

腹水を抜いた現在でも、元気はあまりありません。
貧血がつらいのか、それとも痛いのか、鳥の言葉が分からない私にはわかりません。
それでも、元気喪失にともなって精巣が少し縮んで門脈の圧迫が和らいだのか、水分の多いふnこをするようになりました。
以前も水分の多いふnこをして、腹水が引いたことがありました。
だから今回も、腹水が引いて少しでも呼吸などが楽になれればいいな。

ベコはまだ生きているし。
奇跡が起こる余地はあるし。
けれども、息をすることすら苦しいなら、この世に引きとめておくことすら地獄かもしれない。

頑張りすぎない程度に頑張って、できる限り一緒に生きて欲しい。
ベコ、大好きだよ。
19:52  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.16 (Wed)

とりあぶら

常に瀕死のメソ子ちですが
IMG_0972_20160316203013a69.jpg
「がるがる」

天気のよい日はケージから出して日光浴がてら使用人とコミュニケーションをとります。
IMG_0973_201603162030083dc.jpg
「がる……」

頭なでなでします。
させてくれるくらい弱っているということなのでしょうが、嫌がるわけでもなく、頭をまっふりさせます。

顔はこんなんですが
IMG_0974_20160316203006ac7.jpg
「うがが」

IMG_0976_20160316203015979.jpg
「耳の穴のとこよろしく」

首をぐりぐり動かして、ベストポジションを自分で探り当てます。
なでるよりも、爪の先でちょっとぐりぐりやるくらいがいいようです。

IMG_0975_20160316203004f33.jpg
「悪くない」

最近自分であまり羽繕いをしなくなったので、体がなんだか脂っぽくてぺとぺとしています。
これではいかんと日光浴ついでに使用人が筆毛のカラを割るのですが、筆毛が生えてからしばらく放置していたせいか、ふんわりではなくぺとぺとしっとり。
浮浪鳥のようです。
羽繕いって大切なんだなぁ。
そりゃインコたちはのべつまくなしトリミングするわけだ。

0035.jpg
「顔周りが御所望ならぼくがしてあげるのにー」
「あ~ん。リッス~

トリスとヘルメス、以前はリバーシブルの恋人同士だったんだけどな……。
20:54  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.14 (Mon)

北海道ももうすぐ春

DSC_0050.jpg
「頭がかゆいよ~」

DSC_0053_20160314190014de1.jpg
「めり込むくらいかゆいよ~」

DSC_0056.jpg
「なんて格好してんのかしら……」

時間差換羽の鳥たち。
現在リッスが筆毛ほぐれて綺麗になって、ベコが筆毛満載で、大王が大絶賛抜けている状態です。
独り異世界に生きているヘルメソは自分で抜かない限り、換羽はまだこないようです。

0012_20160314190321186.jpg
「顔周りって足でざざざっとしか掻けないから、細やかなトリミングができないんだよね~」
「あん。そこ」

リッスはベコの顔周りを汚しているお薬も、もむもむして綺麗にしてくれます。

0015_2016031419032240a.jpg
「ぱぱの顔苦い」
「鉄剤入りだからヘモグロビン喜ぶぞ」

またお腹が大きくなってきたので、来週クリニックを予約しました。
呼吸が苦しくなるようなら、また急患扱いで飛びこむことになるかも……。

DSC_0016_20160314190325498.jpg
「気持ち良かった」
「ぱぱ。発情止めれば少しはお腹が落ち着くだろうに……」

ぴろぴろきろきろご機嫌に鳴いているんですよね。小松菜とかいぐさロープに。
元気な証拠か。
でもその元気さが命取りなんだよ、ベコ。

もういっそ腹上死だったら幸せなのかとか思う使用人であった。
19:21  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.12 (Sat)

花のホワイトヴァイス

ひでじビール。
IMG_0966_2016031220281999b.jpg
花のホワイトヴァイス。

IMG_0967_201603122028214f1.jpg
以前福岡のバーでタップで飲んだ時は、糠臭いかも~と感じたのですが、今回はそんなことなかったな。
香り高くて美味しかったです。
確かオレンジピールとか入っていたので、酒税法上ビールじゃなくて発泡酒になるようです。
20:32  |  ビール鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.10 (Thu)

宮崎二日目

宮崎2日目は

沈丁花。初めてモノを見ました。香りも石鹸みたいな爽やかないい香り。
IMG_0958.jpg
「い~と~し~おもかげのじ~ン~ちょうゲ~」

池にたたずむ鳥さん。
置きものかと思ったら動いた。
IMG_0959.jpg


向こうに小さく見える鳥さんと記念撮影。
IMG_0960.jpg
「中央右奥にいますよ」

初めてカワセミさんを生で見ました。
中央にとまっています。
IMG_0962_201603102043517d6.jpg
私のデジカメではこれが限界。
とてもありがたい蓮の池なのですが、私的見解ではこれは沼。
あの蓮のあの穴ぽこぽこ空いたあのおぞましいあのあれが沼から顔を出してなくて良かった。

使用人の中で、一番嫌な死に方1位が、沼の中で蓮の穴に囲まれて死ぬことです。
次点が、トイレの最中に爆撃があって情けなく尻さらしたまま爆死。

楽しかった宮崎。
空港で鳥友さんと別れて、一路福岡へ。
淋しくて哀しくて、350ミリリットルのビール1缶しか喉を通りませんでした(昼)。


福岡での夕食。
IMG_0965_20160310204351be8.jpg
お肉が食べられない使用人。九州では魚三昧でした。

そして、好きなものがまたひとつ増えました。
ウナギのキモです。
ビールによくあう。


0047.jpg
「はぁ~。随分と楽しそうでよな」

DSC_0061.jpg
「どうせ留守にするのなら、ベコと大王ちゃんを同じおうちに入れていってくれればよかったのに」
「ワテクシようやく夜もキャリーを卒業してケージデビューだわっ」

大王は頭を打ってからというもの、暴れてまた頭を打つのが怖くて、夜だけはずっと狭いキャリーで寝ていたのですが、そろそろということもあり、いい機会なのでいつものケージに戻ることができました。
DSC_0062.jpg
「ベコのおうちにこないのか~」
「ベコちゃんのごはんを食べつくすから、駄目だって言われたわっ」

帰ってきたらベコがガイコツになってたらしゃれになりませんからな。

大王、夜はケージに戻っても今のところ暴れることなく静かに寝ています。色々忘れていることも多かったり、すぐにけ躓いたりしますが、生きて行く分には問題がないようです。


楽しかった宮崎。
また行きたいなぁ。
今度は高千穂鉄道に乗りたいぞ!

生きているうちに行ければいいな。
宮崎の鳥友さん、お世話になりました!
23:40  |  外鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.08 (Tue)

宮崎の思い出

昨年末には高千穂に行きましたが、今回は宮崎タウンの方にお邪魔させていただきました。
鳥友さんのお住まいがこちらにあるので、色々ご案内してもらうことに。
もちろん、お初にお目にかかります。

使用人、晴れ鳥でして、行くところだいたい晴れます。
IMG_0916.jpg
今回もほれこの通り。

IMG_0917_20160308195104583.jpg
「ひなたぼっこだー」

面白い形状の岩。
イソギンチャクの指ちゅうちゅうが気持ち良かった。
ヤドカリもいたし。
IMG_0918_201603081951038db.jpg
「ガイドブックによると、鬼の洗濯板、とか言うようで」

青島神社です。
IMG_0919_2016030819550679f.jpg

鳥居が朱塗りなのは北海道でも稲荷神社系に多いですが、どこもかしこも朱塗りってのは北海道になかなかなくて新鮮でした。
IMG_0921_2016030819550769b.jpg
沖縄の首里城とかもそうですが、南国系はお城も神社も派手で華やかですな。
とってもトロピカルな雰囲気です。

お昼は使用人が大好きなエビフライです。
IMG_0924_201603081958401c1.jpg
「あっあっ。ビールが写っちゃってるよ。お昼なのに」

すみません。
呑みました。
初めて食べた車エビ。美味しかった~。

次に連れてって貰ったのが鵜戸神宮です。
IMG_0926_20160308195918326.jpg
鷹が飛んでいたので撮りました。
中央におはします。

キレイー!
IMG_0928.jpg

青島神社も鵜戸神宮も海に面していて絶景です。
IMG_0930_20160308195932da8.jpg

IMG_0929_20160308195934740.jpg
「落ちないように……」

IMG_0932.jpg
階段がすごい。

御社は洞窟の中にあります。
IMG_0933_201603082005161e6.jpg
こんなの初めてで、感動しっぱなし。

あのしめ縄の中に
IMG_0934.jpg
この運玉を投げ入れて、見事入れば願い事が叶うという話なのですが
IMG_0935_20160308200517381.jpg

まぁ、使用人のコントロールじゃ入らんわな。

IMG_0938.jpg
IMG_0939.jpg
美しくて楽しくて素敵な神社でした。

そしてー!

会ってきました。
鳥友様の鳥様に。

リーゼントがいかしてるセキセイの女の子。
美人さんです。
IMG_0952_20160308200956854.jpg
使用人の袖のレース部分に爪が引っ掛かって怖い思いをさせてしまいました。
割と目が冷たいのはそのせいか。
許して下さい。

彼氏。
IMG_0953.jpg
すっごくおしゃべりでした。
滞在期間中「うnこした」って覚えさせようとしたのですが、覚えてくれましたでしょうか。

妙齢の女子ですが、体はまだ許していないようで。
そうですよな。女たるもの、そう簡単にオッケーよしたらいけませんよな。
うちの子が性に奔放すぎるのですな。
IMG_0955.jpg
おふたりに唇齧って貰いました。
私にとっては御褒美です。

IMG_0940_20160308200942e7d.jpg
オカメインコの男の子です。

IMG_0942_20160308200946e69.jpg
カメラに興味深々ですが、使用人のことはわりと興味ないみたいです。

こちらもオカメの男の子。
IMG_0946.jpg
この時はまだ不信感満載の顔で写真に写っていますが、この後、この子が一番使用人に心を許してくれました。
今回の浮気相手です。

すごく懐いてくれて可愛いったらありゃしない。
IMG_0947.jpg
オカメさんて、指出したら「ナデテ」ポーズ本当にしてくれるんですね。
感動です。
ぶるぶるする度に飛び散るふわはねとか、掻いた後に指に着く脂粉とか、大きな声とか、初めてなこと多過ぎて感動でした。

そして、うちの子と違って、ちゃんと人間大好きなのに感動です。
説得したらちゃんと素直にお家に戻ってくれるし。
うちのリッスに爪の垢煎じて飲ませたい。


2日目に続く。
19:47  |  徒然  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.08 (Tue)

ヘリオスブルワリー

沖縄。
ヘリオスブルワリーのビールです。
お土産でもらいました。
IMG_0903.jpg
まずはゴーヤードライ。

IMG_0905.jpg
とってもドライ。
ビールの苦さとは別に、きちんとゴーヤ独特の苦さがしました。
美味しい。

IMG_0907.jpg
こちらはヴァイツェン。
小麦のビールです。

IMG_0906.jpg
すみません。
1週間ほど前に飲んだので、味、忘れました。
でも美味しかったはず。

基本ビールはなんでも美味しい。

IMG_0909.jpg
ごちそうさまでした。
19:43  |  ビール鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.06 (Sun)

桜咲いてた

九州から帰ってきました。
北海道仕様のブーツを履いて行った私は完全に異世界に迷い込んだロシア人状態でした。
日差しぽっかぽか。

0008.jpg
「ワテシも早くぽかぽかしたいわ」

0009_20160306202841213.jpg
「北海道の日差しは軟弱日差しで……」

みんな元気にお留守番してくれました。
ありがたい。

DSC_0021_2016030620395812c.jpg
「ちょびこが面倒みてたでよ」

24時間放鳥のちょびこさん。
使用人もいないし、誰も出てこないから、きっと一番淋しがっていたのでしょう。


九州の鳥友さんに会って来たのですが、もうすっごくいい方でして、一泊させてもらって鳥さんたちとも交流して、一緒にお酒も飲んで(私と同じ、いやそれ以上にお酒が飲める女の人は人生で2人目の出会いです)、それはもう楽しすぎたので、別れた後寂しすぎて、未だに寂しいです。
また遊びに行きますとは言ったけれど、北海道と九州なんて遠くて、もしかしたらもう会えないかもと思ってしまう心があるからかな。
ああ……さびしかなしい。

DSC_0026_20160306203957750.jpg
「どうせまた行くんでしょ。ワテクシたちを置いて」
「勝手にするべな。べこは寝てるべな」
「ぼくも不貞寝してる」

お留守番ありがとう。
しばらくは鳥サービスします。
20:45  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.02 (Wed)

しばらくは最後の旅行

明日から九州に行って来ます。
IMG_0706.jpg
「まだでよか」

今回が最後です。多分。

0034_20160302201248612.jpg
「またワテクシたちの面倒はおばばがみるのね」

鳥たちのおばば(使用人の母)に、外鳥の面倒もみてもらいます。
毎朝のヒマワリと青米。

おばばはご飯とお水と最低限のことをしてくれますが、わりと痴呆が入っているのか、オプションで頼んだことを「ワスレタ」とか言ってしてくれないので、使用人からしたら信頼がありません。
なので、5日は午前中の便でとっとと帰ってきて、鳥たちと遊びたいと思います。

0052_2016030220183984f.jpg
「はよ帰ってこい」

0060.jpg
「使用人がいない方がゆっくり寝られるわ」

DSC_0005_201603022025207f7.jpg
「せっかく明日から晴れるから放鳥日和だというのに」

ベコも元気そうだし一安心。
だが、トリスがなんか卵の準備をしているっぽいような……?
ケージの位置を変えてもすぐ慣れるもんなんですね。
なので、今度はケージごと変えてみました。
以前サンバガラス全員で住んでいたでかいケージです。
セレブなんだかさびしげなんだか。
20:30  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |