All archives    Admin

06月≪ 2016年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'07.30 (Sat)

ひよこしり

最近のちょびこさんお気に入りの場所。
1355.jpg
「ちょびこさんなにしてるの」
「でよ~」

ひよこさんの尻に寄り添うちょびこさん。
1356.jpg
「ここはトリスも見られるし、添い寝にぴったりのぬいぐるみもあるし、とてもよいでよ」

トリスと大王のケージの上に透明シートをかけてあるのですが、ちょびこさんのふnこだらけです。
特にトリスの上に。
眺めてまったりしているようです。

1357.jpg
「尻から出る首でよ」

1382.jpg
「あらまっ。ちょびこさんはぬいぐるみが好きなのねっ」

1384.jpg
「15歳のじいさんなのに。ウォホホ」

1386.jpg
「じいさんなのに。プォポポ」

1359.jpg
「ウルセーでよ。特にぽいんが」

しかししりに戻る。ちょびこさんはぶれない。
1360.jpg
「なんというか、ひよこさんの尻のふわふわ感が……たまらんでよ」

もともとはトリスの発情抑制のために置いた異物、ひよこさん。
今ではトリスもなんの反応も示さないし、ちょびこさんのお気に入りになっているし。

取るに取れません。
19:45  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.28 (Thu)

今回文字多いよ

久々に、ベコの精巣腫瘍現状詳細報告。

0121_20160728192356f84.jpg
「ベコのお話か」

1222.jpg
「ワテクシの夫だったひとのことね」

今も夫ですが、フェーズ2(脳出血後)の大王はベコのことを『好きだけど夫じゃないひと』みたいな接し方をします。
いや、多分夫がなにかもよくわかっていないと思うのだけれど。
今の大王のポジションは、ぽいんよりちょっと上のおねぇさんです。

0185.jpg
「柔らかコマツナ」

室内プランターか、ビニールハウスで育てられたコマツナしか食べない我が家の子たち。
露地栽培は葉っぱが硬くて嫌らしい。
お前らなんなんだ。

ベコ、3月18日の記事で「貧血次第だけれど、予後は1カ月か2カ月」といった状況でしたが、7月28日現在、生きています。

現在お腹はぽっこりしていますが、ぱんぱんではない感じ。
苦しそうな感じもありません。
私もベコもお腹ぽっこりに慣れたのか(^θ^;)

発情抑制はまぁまぁできているのか、大王を見て頭をでかくはしますが、ラブゲロしたり、背中に乗ったりはしません。
お鼻も茶色部分はとれました。
ただ、カーテンレールにコスコスしてます。人間の男だって何歳になっても盛んなやつは盛んだから仕方がないか、と半分諦めて眺めています。
妻が構ってくれない今、人生の楽しみを奪ってはいけない。
愛人トリスも側に寄りそうだけで、そういうムフフなことはもういいらしいし。

適度なストレスとして、ぽいんに追いかけまわさせています。
頻繁に飛んで逃げるのは墜落してお腹を打つ危険があるので止めさせますが、だいたいがフローリングを追いかけっこなので、いい運動でもあるし、眺めて放置です。
ぽいん登場で今まで行かなかった場所とか、使わなかったおもちゃに興味を示したりしているので、仲は良くないですが(ベコが一方的に嫌っている)、運動面や精神面でもとてもいい傾向にあると思います。

1236.jpg
「ぽいんはベコさんが好きですよ。なんで逃げるですか。繊細なぽいんのハートが光を散らして粉々に砕け散ちるですよ」
「は、はう……はうう」

ベコがぽいんを苦手としている理由がわかりません。
年が離れ過ぎているから?
私が「若い子怖い。なんか無条件で怖い。うわ、ババァが生きてんなよ、とか言われそうで怖い」とかすげー偏見持ってるのと同じか。


ただいまのベコのごはんとかサプリメント。
御参考までに。

・基本シード:小鳥の部屋USAの『腫瘍ご飯』
・基本シード:小鳥の部屋USAの『命の粟穂』
・小鳥の部屋USAの『ライフパウダー』←ご飯にふりかけています。
・小鳥の部屋USAの『腫瘍エイド』←ご飯にふりかけています。
・小鳥の部屋USAの『強化清浄アースミネラル』←お腹が大きくなるとぽりぽりする回数が増える。
・小鳥の部屋USAの『発情抑制サプリメント』←夕方、飲み水に入れています。
・とりきち横丁の『オーチャードグラス』
・とりきち横丁の『フォニオパディ』
・とりきち横丁の『プロポリス』←朝、飲み水に入れてます。わりと濃いめ。50cc強に3滴くらい。
・CAP! で買ったボレー粉
・CAP! で買ったオーツ麦
・青菜(コマツナ夏は庭のハコベ、カタバミ、などなど。最近トウミョウは控え気味)
・病院処方のアガリクスとサメ軟骨
・病院処方の強肝剤、気管支拡張剤、女性ホルモン抑制剤
・ユーカリ農場さんのリバーレッドガム

放鳥時にちょびこさんのご飯を食べるので、ちょびこさんのご飯も記載↓
(CAP!:量り売り無農薬小鳥ミックス←季節によって色々配合変わる)
(CAP!:西種商店カナリアシード)
(とりきち横丁:穂外れシードミックス)
とかなんか色々なところのミックスしています。
大王、トリス、ぽいんの基本食は、ちょびこさんと同じご飯にユーカリを細かく砕いたモノをミックスして与えています。

あと、なんかよさげなの色々あげてみる。
しかし、ほとんど食べない。

一番好きなのは、多分『命の粟穂』です。これは大王もトリスもぽいんも好き。
粟穂って、誰でも好きですよね(^θ^)
大王が頭を打って死にかけた時も、『命の粟穂』を食べさせてました。
頭ガクガクして眼揺ありなのに、粟穂に食らいつく大王の姿は、多分死ぬまで忘れない。
生きると言う意志って、こういうことなのかと。

ボレー粉、強化清浄アースミネラル、オーツ、オーチャードグラス、フォニオパディなどなどは副食として、毎日大王他にも与えています。みんな大好き。

最近流行のなんとかかんとか(なんとかシードだった気が。水に入れたら周りがぶよぶよする感じのゴマみたいやつ。思い出せん)とか、アマランサスとか、あとなんか名前忘れたけど、小っさい木っぱみたいななんかよくわからんシードだかなんだか、スーパーの健康食品コーナーの五穀米だか十穀米だかに混ざってそうなやつも与えていますが、多分、ほとんど食べてません。

意外にも、それらにはぽいんもあまり興味を示しません。
まずいのかなと思って食べてみたら普通にぷちぷちして美味しかったですが。

こうして見ると、我が家のトリーアントワネット様たち、多分、使用人よりもいいもの食ってる。

使用人、メインディッシュに家庭菜園でむしったトマトの葉っぱを油で揚げたり、ニンジンの葉っぱを胡麻和えにして食べてるよ。青虫もびっくりだよ。肉の味はもう忘れた。
トマトの葉っぱに毒があるとネットに書いてあったりするのですが、ソースが書かれていない以上たいした毒もないだろ、と食べる原始人です。

1237.jpg
「ぽいんはオーツが好きです。殻付きでもぼりぼりするですよ」
「か、殻付きオーツはオカメ用……。ベコには硬くて……。ぽいん、子供なのに……ぶるぶる」

こんな感じです。
21:01  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.26 (Tue)

ぽいんGO

0080.jpg
「コマツナ美味しいべな」

ベコは今日も元気です。

どれだけぽいんに追いかけまわされようとも。

ぽいんが現れました。
1219.jpg
「むふ。今日もベコさんとフローリングの上で追いかけっこしたですよ」

ぽいんが追いかけまわしていただけですが。
ぽいんは楽しそうでした。
ベコは逃げるのに必死。

1220.jpg
「むふふ」

1223.jpg
「ところでこれなんですか」

1224.jpg
「カメラですか。それ魂抜く機械ですよ。ちょびこさんが言ってた」

1225.jpg
「んがー。抜けるものなら抜いてみるがよいのです」

1229.jpg
「あ。もうちょっと引かないと写らないですか」

1232.jpg
「ワテクシも写るわ」
「あっあっ。大王さん魂抜かれるですよ。大王さんはぽいんが守るです」

一眼レフは怖がりますが、今まで使っていた黄色いデジカメには興味を示すぽいん。
他の子たちも同じような反応だから、彼らの反応を見て『黄色いやつ=安心』『でかいやつ=危険』と覚えたのかもしれません。

ぽいんがおうちに戻り、平穏が訪れた夕暮れ。
1235.jpg
「はぁ。ようやくぽいんがモンスターボールで捕獲されたべな……」
「ようやくぱぱとゆっくりできるよ」

ぽいんがおうちに帰った後、トリスとゆったりブランコを楽しむベコ。
やつが遊んでいるのを見て、乗りたいと思っていたらしいおふたりさん。
しかし、ぽいんがいるうちは遊ぶ勇気がない模様。

三か月一緒にいてまだ慣れないということは、ベコリスはもうぽいんに慣れるのは無理なのだろうか……。



19:35  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.24 (Sun)

つつきたいしり

0045_201607241920225f5.jpg
「こんにちは。サンバガラスの生き残りです。なかなか痩せません」

0046_20160724192020c5e.jpg
「でぶだから動きたくない。動きたくないからでぶになる。悪循環ってやつ。と言っている矢先に……くぁー。ねむい」

でもマックス時に比べたら幾分まし。
ダイエットはゆっくりと。
頑張ります。

50048.jpg
「べこは太っても40gちょっと。いつも40g前後をうろうろしています」
「常にご飯を探して歩くワテクシ」

男の子と女の子の差でしょうか。
ベコは現在40g。
常にお腹ぽっこりで腹水が溜まっている状態なので、腹水抜きの実際の体重はそれより数g軽いはず。
のわりに筋肉もしっかりしているし、お肉も付いているとクリニックで言われましたが。
まぁ、とりあえず、健康と言うのは変だけど、健康体ってことですな。

50010.jpg
「ちょびこさんとぽいんは、見た目にも握り心地も、鶏ガラスープの出涸らしだって」
「スリムだと言うがよいでよ」

はい、ふたりともなんか怖い感じにスリムです。

ちょびこさんは15年間太った時期がなかったような。
野生ってこういうものなのか、これが長生きの秘訣なのか。
でも、ズーもりょくもスリム系だったけど、軒並み短命でした。
体重は健康状態を計るひとつの目安なのでしょうが、なかなか難しいものですな。

0013_2016072419215547c.jpg
(このドローン(機種名ちょびこさん)も体重増減するですか……)
「その眼はなんでよ」

0017_20160724192240097.jpg
「世の中不思議なことばかりなのです」

ベコしりとは違うスリムなしり。
つつく度に、ぴっぴと怒られます。
19:57  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.22 (Fri)

ぽいん こわい

IMG_1343_201607222341440b4.jpg
「デュフフ。先程入手したこの小松菜、秘密基地に運び入れるでよ」

IMG_1345_20160722234142700.jpg
「とてもしんせ……」
「ちょびこさーんさーんさーん

「よっと。来たですよ」
IMG_1347_20160722234144582.jpg
「うるせーでよ! このクソっ子ぽいんが!」
「うまそうな小松菜ですなぁ」

IMG_1348_20160722234142a1a.jpg
「やらんでよ!」
「そったら雑草いらんですよ」

ぽいんは鳥たちにちょっかいをかけますが、わりと物質に興味はありません。
なにかで遊んでいても、すぐに投げ出してひょこひょこへんな動きをして去って行きます。
三歩歩いたらすぐ忘れる系セキセイです。

冷静に見ればわりと怖い個体です。
23:55  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.20 (Wed)

頑張れ。トリスちゃもぽいんも

DSC_0029_20160720192404cd0.jpg
「まずいよ……」

リスがまずいです。

でぶです。
DSC_0034_20160720192405136.jpg
「使用人が見ていない隙にぱぱのうちのご飯を食べ過ぎて、体重が4○グラムになったよ……」
「ブタでよか」

あえての伏字。
四捨五入したら5○グラム。
四捨五入して40グラムが我が家の許容範囲。
ンガー! ダイエットだー!

IMG_1117_201607201924090a5.jpg
「野菜を多めに食べないと……」
「天使の羽のごとき身軽なちょびこに、デブやブタは関係ない言葉だから、デブとブタの体の重さなど、皆目見当がつかんでよ」

DSC_0041_201607201924107f1.jpg
「ウッヒョー! トリスさんがブタだと聞いて。腹のぽよん具合を確かめに行くですよ!」

ぽいんはケージにいるときは暇なしご飯を食べているのですが、全然太りません。
まだ31.5グラム。
我が家に来た時雛時で34グラムくらいあって、飛べるようになって身軽になり31グラムになったところから、0.5グラムしか増えていません。
IMG_1118_20160720192410ddd.jpg
「ご飯食べるより遊ぶ方が楽しいです」

ご飯を食べに行ったと思ったら、だいたいオーツをひとつ銜えたまま、またヒョコヒョコ歩き出します。
モノを食べながら歩くとは、お育ちが悪い。

しかも、どこで覚えたんだか、使用人が鳥部屋でなんか甘いの食していると、飛んできて口元ペロペロするんですよね。
人の食べ物を欲しがるとはよくない。

IMG_1120_20160720192609dd6.jpg
「カイヌシのおばばがヨーグルトくれたのです」

しかし、最近ぽいんはおばばの事を避けるようになり、先日とうとう使用人と見分けのついていなかったらしい、使用人の妹までをも怖がって逃げるようになりました。
ベコ初め、我が家のセキセイの多くは使用人にしか心の壁の鍵を渡していないので(トリスは使用人に対しても割と全力でATフィールド展開しているれども)、ぽいんは誰に対してもオープンで友好的な鳥に、と思って教育を続けてきたのですが、如何せん使用人といる時間が長すぎたのでしょう。

誰にでも愛されるセキセイ養成所第一期生、脱落。

IMG_1125_2016072019261564f.jpg
「ニンゲンに媚をうるのはめんどいですよ」
「否定はしないわ」

IMG_1130_2016072019261927a.jpg
「一緒にコマツナ食べるで……」
「ワテクシは一人で食べるのよー!」

しかし、本鳥が鳥仲間に一番めんどくさがられている。

IMG_1132.jpg
「リスはブタでも可愛いでよ! ぽいんはなんか割とウルセーでよ!」
「ブタじゃないわ。鳥だわ。そしてぽいんに関しては同意だわ」
19:54  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.18 (Mon)

でも最近虹彩が灰色っぽくなってきた

0134.jpg
「鏡よ鏡、鏡さん、世界で一番可愛いのは、ぽいんです」

0148.jpg
「なにやってんだ、あいつ」

お気に入りのセラのブランコです。
今はぽいんのものになりました。

セラとは違って、破壊するために使うのではなく、自分の可愛さを見るために使っています。

0143.jpg
「鏡見て喜んでいるわ、あの子」
「ベコも小さい頃は鏡見て喜んでたから何もいえねぇ」

ベコやぽいんにとって、多分この鏡は真実の姿を映すと言われるラーの鏡なのかと。

0145.jpg
「あ。幸せのスズ」

でもすぐ飽きる。

0147_201607181939394d6.jpg
「でもブランコ」

0154.jpg
「やっぱりスズです」

0155_201607181947012cd.jpg
「手前のワラがいがいがっ」

0158.jpg
「む。よさげな穴なのです」

0161.jpg
「スズがじゃまです」

0165_20160718194900bd9.jpg
「おっととと。興奮しすぎたです。ぽいんとしたことが」

0167_20160718194903994.jpg
「あな」

0166_20160718194904e72.jpg
「わら」

0168_201607181949053e7.jpg
「忙しいひ孫でよ。ちょびこはついていけない。がくり」

毎日一人楽しそうです。
19:54  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.16 (Sat)

ベコの尻毛を抜くときは3枚くらい抜く

0010_20160716190548955.jpg
「リスのために一生懸命秘密基地を探しているでよ」
「もう全然秘密じゃないけどね」

最近のちょびこさん、発情期でちょっと凶暴です。
ベコの尻毛を毟って巣材にしたりしています。

0005_201607161906124be.jpg
「なんでちょびこさんはベコの尻毛ばかり毟って行くのか」
「ワテクシは毟られたことないわ」

ベコは反撃してこないからだとしか。
ちょびこさんは大王を怖がっているけれど、ベコに関しては捕食対象のようです。

0001_20160716190543edc.jpg
「しかし、こいつらが邪魔をするでよ~」
「見に来たわ」
「このぜんまいすんずめ、巣も作るですか。すごいことですよ」

ぽいんはちょびこさんのことをぜんまい仕掛けのすんずめか、新型のドローンかなにかだと思っている節があるっぽい。
先日襲われてから、ちょっとだけちょびこさんのことを怖がっています。

0002_201607161905475d2.jpg
「ぽいんも基地つくるです」
「はじまった……」

0066_20160716190848bfd.jpg
「秘密基地を捨てて、大人しくシルバニアハウスに運び入れるでよ」

0027_201607161908466b3.jpg
「こっちも見に来たわ」
「木枯らしもんじろうの家の中、巣材だかゴミだか。キタネーのです」
「ウギャー。来るなでよー!」

0082_20160716191945749.jpg
「運び入れれども運び入れれども 我が生活楽にならざり じっとイグサを見る」

0084_20160716191947eab.jpg
「なかなか巣が完成しねーでよ」

哀愁の背中。

独身男の部屋はゴミ屋敷です。
ふnこも一緒に巣材になっているので、そろそろクリーニング入ります。

0083_20160716191947b76.jpg
「さいの河原でよ……」

1230.jpg
「また覗きにいくですよ」

なんだかんだで、覗きに行けば喜んでもこもこになるちょびこさんですよ。
19:31  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.13 (Wed)

巣立ちの時期

0164_2016071319542724a.jpg
「最近なんだかお外が騒がしいでよ」

0140_201607131954282fa.jpg
「可愛らしいヒナの鳴き声があちこちで聞こえるわ」

今年は例年よりも多く、我が家の近くで鳥さんたちのヒナの鳴き声が聞こえます。

0166_20160713200226c5b.jpg
「ヒナといったらぽいんのことですか」

0187_201607131954304be.jpg
「違うよ~、僕のことだよ! なんてったって可愛い鳴き声だからね!」

ツバメの若鳥さん、ちゅびちゅびちゅびじじじじじ、と鳴きながらサンバガラスが飛ぶ練習をしていました。

0179.jpg
「むっ。ぽいんの鳴き声もなかなか可愛いですよ」

ぽいんの朝のさえずり。
我が家ではなかったタイプの、なかなか育ちの悪い鳴き方をします。

ツバメさんもぽいんもなかなかですが、昨日今日とそれに勝るとも劣らない可愛らしいヒナさんが。

昨日。
0203.jpg
「今日は暑いねー」

シジュウカラ(多分。カラ族はよくわからない)さんのヒナさんです。
0197.jpg
「シヨウニンとこのお庭、キタネーから虫がたくさんいるよ。トウチャンとカアチャンがえさ場にしてたよ。毎日世話になったよ」

ということで、多分、巣立ちの挨拶に来たのです。

しかし、
0202.jpg
「ワテクチよりももっと小さいこがいるよ」

そうです。
本日、使用人、生まれて初めてシジュウカラの巣立ちの瞬間をリアルタイムで見ました。
0210_201607131955101a1.jpg
「初めて吸う娑婆の空気、なかなかのものです」

この子、使用人の家のブロック塀の隙間で育ちました。
親が人間の膝の高さにある隙間に巣を作ったために、1週間前に産まれて間もないヒナが猫に食べられてしまいました。
使用人のおばばが、「猫がヒナを咥えて行くのを見た」と言っていました。

野良ではなく、近くの家で餌をあげているうえに、我が家庭菜園に土足で上がり込んでクソしていく猫。
名前は知らない。

この子はその時の生き残り。

猫が来ないか親の声など聞きながら監視していたのですが、使用人とてずっとセコムしていられるわけもなく……。


その日から監視を強化。
猫が嫌がるという酢や、コーヒーかすを撒いたり。

じろじろ見過ぎて、むしろ親に怒られた。

でも、本日いつもと親が違う鳴き方をしているな、まさか猫か、と思って警戒していると、ヒナが巣穴から顔を出してきました。

風が吹くと頭の柔らか毛がふわっと。
0211_20160713195513fdf.jpg
「どこここ」

母親と父親が2羽でツツイーツツイーと巣から出てくるよう促していました。
まごまごしながら巣穴から出て、ブロック塀をクチバシと足と羽を駆使して這い上がり、しばし世界を見渡すヒナ。
激写する使用人。

0213.jpg
「あんただれ」

実物を見ると、親はちゃんとシジュウカラ色なのに、子供は黄色みがかっていました。
ヒナの羽の色なのかな。
0212_20160713195753155.jpg
「ごはんまだー」

我が家に来た当初のぽいんと違って、筆毛もなくふわふわまふまふで立派立派。
さすが野生だね。

使用人の存在に気が付いていたと思うのですが、親は子供の巣立ちを見せてくれました。
ありがとう。


これから訪れるであろう厳しい野生生活。
死んでしまった兄弟の分まで、しっかり生きてね。
20:37  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.11 (Mon)

うみう、に会いに

うみうです。
IMG_1254.jpg

うみうに会いに、陸路で往復6時間かけて帯広まで来たですよ。
IMG_1253.jpg

カラスのうみうさんです。
IMG_1258_20160711200038ae8.jpg
「だれだおまえ。あくにんか」

使用人に攻撃しつつ怯えるうみうさん。
攻撃するなら怯えるな。


大王とりょっくの元親さんである鳥友さんが、カラスを保護したので、会いに行って来ました。

ひさみつも元気でした。
が、突然の新入りにヤキモチ焼いてちょっと不機嫌。
IMG_1262_20160711200039539.jpg
「ニンゲンドモガ」

IMG_1264_20160711200041a70.jpg
「ドウセワカイコガイインダロ」


行政は保護とかいいつつ、まだ飛べないカラスのヒナを捕獲して山に捨てて、キツネやアライグマの生き餌にしています。
攻撃と威嚇の区別もつかない人がぎゃあぎゃあ騒いで、捕獲されて殺されていくヒナ達。
カラスが子育てしちゃ駄目ですか。

縁があって命拾いしたうみうさん。
両足の指が伸びてしまってちゃんと歩くのもままならず、うまく枝につかまることができません。
IMG_1266_20160711200150722.jpg
でも元気。

そして、甘ったれ。
IMG_1267_20160711200152b0b.jpg
まだ保護してから1週間くらい。
しかし、私のことは全力警戒なのに、保護主さんには甘えた声を出すというこの差。

カラスって本当に頭がいいんだな、と思いました。
最近ぽいんを見ていたからなおさら。
そうか、やはりぽいんは馬鹿なのだ。

カラスの行水。
IMG_1269.jpg

暇なし食べているからか、暇なしくそをしていた。

ちょびこさんのくそも初めて見た時びっくらこいたけど(体のわりにでかい。セキセイより小さいのに、セキセイのくそよりでかい)、カラスのくそもたいがいだった。

さっぱり。
IMG_1272.jpg
手乗り。
IMG_1273.jpg

一人でご飯を食べられるのに口を開けておねだりしたり、顔を近づけてじっと目を見つめてクァ~と甘えた声を出したり、
私がちょっかいをかけたら怒り狂い、その直後に助けてくれ~と言うように、保護主さんに甘えたり。

なんか囁いているんですよね。
よく聞くカー、って鳴き声じゃなくて、クァ~とかク~って小さく甘い声。
こりゃ可愛いわ。

ときどき諦めたようにちょっと頭を撫でさせてくれました。
頭皮が見えてるので、今は亡き父の後頭部を見ているようで切ない気持になりつつ、ハゲかと思ったらなんと、ふわっふわ。
ヒナ特有のクチバシの付け根のぴよぴよも隙を見て触ったら、ぷよぷよしてた。
プライベートゾーンらしく、すごい嫌がられたけど。


うみう、末長くお幸せに(^θ^)
20:31  |  外鳥  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.09 (Sat)

狩猟における鉛弾(ライフル弾、散弾)の使用禁止をいますぐ、日本全国で。

鉛が有毒であることを知らない人間は多い。
鳥飼いさんは飼い鳥に鉛中毒が多いからか、わりと、鉛=有毒の認知度は高いと思うのだけれど。



無知は罪です。
19:36  |  徒然  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.08 (Fri)

ちょびこさんは毎日してる

DSC_0093_201607081922114fd.jpg
「最近あっついねー」

ようやく北海道にも夏が来ました。

一昨日、スーパーの中で見知らぬ主婦たちの「いやー、今日なんて寒くてストーブ焚いちゃったっしょや」という会話が聞こえて来たのですが、多分彼女達の家はシベリアにあると思う。

DSC_0101_2016070819221309e.jpg
「ぼくのとさかもぽいんこのように三本がぱー」

DSC_0109_2016070819221357f.jpg
「ひとっぷろ浴びたらお腹が空いたですよ」

DSC_0108.jpg
「ぽいんはよくご飯を食べるけど、太らないんだよねー……。代謝の問題か」

ぽいんを眺めては老化には勝てないと嘆く年寄り組(使用人含む)。

DSC_0119_20160708192319635.jpg
「ベコさんはお風呂入らないですか」
「ベコは後で……」

うっかりぽいんに距離を詰められ過ぎて、動けなくなったベコ。
怖くて羽が下がっています。
弱い。

DSC_0113.jpg
「くんくんくん」
「加齢臭はしないべな」

DSC_0122.jpg
「ワテクシなんでかすぐ乾く」

デブなんで脂肪燃焼してあったかくなってるのかな。



いつも我が家の庭に来るキジバト夫妻。
本日その夫妻の後を付いて、ひとまわり小さいキジバトさんが飛んでいくのを見ました。
最近夫だけで庭にくるのが多くなっていたので、おそらく奥さんは卵を抱いているのだろうと思っていたのですが、やはりか。
今度子供連れて庭に来い。
19:41  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.06 (Wed)

待ってた

帰ってきちゃったとりかごキャンディです。
IMG_1252.jpg

セブンイレブンでゲット。
妹がゲットした分と合わせて8袋。
IMG_1204_20160706191458bd3.jpg
かぶるやつはかぶる。

今回シークレットは2種類。
もちろんゲット!
シークレットなので画像は載せませんが……。
IMG_1207_201607061915002f8.jpg
IMG_1206_201607061914592d3.jpg
IMG_1208_201607061914598c9.jpg
やっぱり可愛いイラスト。

DSC_0082_201607061916285af.jpg
「僕も食べたい」

買うのは良いが、飴を食べる習慣がないので、前のバージョンもまだ残ってるんだよ……。
19:21  |  鳥グッズ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.04 (Mon)

ちょび誕

0093_20160704191344288.jpg
「へっへ。昨日はちょび誕でよ」

0073_20160704191450141.jpg
「チョビタン?」

0076.jpg
「ちょび単べな?」

0083.jpg
「ちょび短だよ、ぱぱ」
「なるほど。で、なにが短いんだべな?」

0084.jpg
「てぃんこだよ、ぱぱ。ひそひそ」
「なるほど。せめて足にするべな。ひそひそ」

0086_201607041918171a1.jpg
「トリスさん、おしいです」

0040_20160704191915e8e.jpg
「ちょびこさんの誕生日ですよ。ぽいんはちゃんと知っているです」

とうとう15歳です。
16際に向けて疾走中。

0090.jpg
「なんもおしくねーでよ……」

ちょびこさん、トリスのために巣材をシルバニアハウスに運び込み中。
トリスが近くに来るともこもこになり、くぷくぷ甘えた声を出します。
大王が近くに来るとしっぽと首がぴこぴこぽんぽん。
どちらも好きだってアピールみたいですが、その差の違いがわかりません。
ラブとライクか?

ちなみに、ベコのことは追いかけまわします。
ぽいんが近くに来ると、優しいじい様の目をします。騒々しく元気なマゴだと思っているようです。

心の恋人と孫たちに囲まれて、まだまだ長生きして欲しいです。

1134.jpg
「まだまだ生にしがみついてやるでよ」
「無理しなくていいわ」
19:30  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |