All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'04.28 (Fri)

遮光カーテンも意味なし

DSC_0003_201704282112496c0.jpg
「ウワー、こっちを見るなー」

DSC_0005_201704282112519d7.jpg
「ぼくの顔ちくちくで酷いんだっ」

トリス、羽が抜けるのはひと段落ついて、今度は新しい羽がたくさん生えてきました。
ベコの白ウニが終わったと思ったら、今度はリスがボロリス。

DSC_0024_201704282112513a9.jpg
「もう痒くてかゆくて……」

換羽で元気がなくてちょっと痩せたトリスですが、新しい羽が生えてきたと思ったら、今度はやや発情傾向にあるもよう。
なんとな~く服の中に入りたい感じです。

また卵を産まれたらとんでもない話。
絶対阻止。

DSC_0025_20170428211253241.jpg
「でも、ぽいんこがまたおたまごを産んだんだよ」

そう、ぽいんこがついこの間産んだと思ったら、引っ越しがあってもなんのその、また卵を産んでしまいました。
まずい。
本気でまずい。
引越しとか環境が変わるのがストレスになるとか嘘だわ。
前回の初産で合計7個も産んだぽいん。
今までの我が家であり得ない多産です。
そういう家系なのかもしれないけれど、本気でまずい。

ぽいんとぼりおんのケージを交換しようかな。

0026_201704282112544cc.jpg
「前いた部屋の方が暖かかったのになんでかでよ。まぁ、恋の季節でよな」

とか呑気なこと言っていられない。

実はぼりおんも発情期が来まして、先日とうとうぽいんぼりが……。

0027_201704282123161d6.jpg
「いたしたです」
「ぼりおんいたし方なんでか知ってた」

相手がいるから発情するのか。

でも、やっぱりぽいんはリスの姿が目に入ると頭を大きくするあたり、ぼりおんよりもリスの方が好きのようです。

DSC_0001_20170428211248ecc.jpg
「ぎくっ」

でも、絶頂発情期の過ぎたリスは、ぽいんが近くに来ただけでまた一目散に逃げるようになりました。
21:31  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.26 (Wed)

バッティングセンターにて球に当てることの困難さに気がついた瞬間中田を非難することをやめた使用人だが素人と比較するその時点で既に中田を馬鹿にしている

DSC_0061_20170426201341e39.jpg
「ねぇねぇ、すごいんだよ!」

DSC_0062_201704262013425c8.jpg
「ファイターズが!」

DSC_0063_20170426201343415.jpg
「全く勝てない!」

DSC_0065_2017042620134564b.jpg
「もう勝つってどういうことだっけ? 100年に1度産まれるか産まれないかの神に愛された運命の子が放つ奇跡でしょ? とかいう領域だって!」

DSC_0066_2017042620134650c.jpg
「でもね! 使用人はまだファイターズが優勝するって思っているらしいよ!」

DSC_0068_20170426201348f7f.jpg
「アホボリ」

でも全然諦めてない使用人。
イエ~イ。
20:22  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.24 (Mon)

でもむしるな

DSC_0040_2017042419473265b.jpg
「がじ」

DSC_0042_20170424194734286.jpg
「がじがじ」

生の鳥に対して強く出られないベコ。
生じゃないヒヨコさんの毛を毟って、まるでストレスを解消しているかのようです。

DSC_0043_201704241947356af.jpg
「毟りやすい毛だべな」

そんなベコを見たちょびこさん。
黙ってはいられません。
0047_201704241948015ad.jpg
「ヒヨコさんには優しくするでよ!」

0085_20170424194844bf3.jpg
「ヒヨコさんの正しい使い方は」

0086_20170424194847526.jpg
「こう!」

二羽に挟まれて寝るのが正しい使い方の様です。

0088.jpg
「わかったかでよ」
「ちょびこさんの甘えんぼ」

わからなかったようです。
20:04  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.21 (Fri)

はやりのリノベーション(ビールのパック)

0031_2017042119590267c.jpg
「また使用人がしょうもないものを作ったでよ……」

シルバニアハウスに寄り付かないちょびこさんのために作った、ニューちょびハウスです。
0032_20170421195903127.jpg

0033_201704211959059c2.jpg
「げげげでよ」

0035_20170421195906e03.jpg
「まぁ使用人の努力は認めてやらんこともないでよ。ちょっくら下見に……」

0036_20170421195906db8.jpg
(と言いつつ不安がつのる)

0037_20170421195927ef5.jpg
(これは本当におニューなのかでよ。どうみてもボロ屋でよ。しかも画鋲でとめてあるでよ)

0038_20170421195929e3d.jpg
「う~む……」

0039.jpg
「やっぱりよすでよ。命を大事に」

ぼりおんが乗っても崩れない程度に頑丈に作ったんだけどなぁ。

ちょびこさんのお気には召さなかったようです。
がっくし。
20:12  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.19 (Wed)

覚える言葉覚えたい言葉

普段どれだけ使用人が呟いているのかわかりませんが、ぼりおんがものすごい頻度で
0002_20170419195112dbd.jpg
「ボリ」

と喋ります。

ひとりたのしい時も
0006_201704191951167c4.jpg
「ボリボリィ」

と他に覚えた言葉を忘れ去りそうな勢いで連呼します。

しかし、相当興奮していても、ぽいんと接するときはちゃんと鳥語で会話するあたり、ぼりおんなりに人語と鳥語はどこかで使い分けているのかもしれません。

0009_201704191951183df.jpg
「ベコは使い分けてたかな……というか、人語はもう忘れたべな」

0007_20170419195117ef2.jpg
「ぺんぎんさんはぽいんちゃんのように足が出ないからいい」

ぽいんは興奮すると悪気はないのに自然と足が出るので、ぼりおんはそれを恐れています。

こんな顔してぽいんが怖いぼり。

「ツヨイボリ」に加えて「ボリィ~生~まれ~のボ~リオンビ~ル♪」と覚えて貰おうと思っているのですが、どうにもビールの方は反応が薄い。
0010_20170419195113934.jpg
「なぜボリ関連ばかりなのか」

心なしか眉間にしわが寄っています。

だって、「ぽいんちゃん好き」って教えても喋らないじゃないか。
0011_2017041919511420e.jpg
「それは……無理強いはいけないボリ」
20:07  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.17 (Mon)

おこさまたちのコイ

ぽいんぼり、最近仲がよいです。

0022_20170417195636c19.jpg
「キリッ。ぽいんさん」
「まぁっ。ぼりおんさん」

0024_201704171956387b5.jpg
「結婚しよう」
「まぁっ。嬉しいっ」

何故かお立ち台に上ってアピール。
0025_201704171956384b9.jpg
「ツヨイボリ」
「ぼりおんさんすてきっ」

0028_20170417195640192.jpg
「じゃあ、ごはんちょうだいです」
「エッ」

0029_2017041719564134a.jpg
「早くごはんちょうだいです」
「どうすればいいボリ?」

ぽいんがごはんちょーだいと甘えてクチバシをあうあうすると、ぼりおんはそれを意味するところが分からないらしく、もれなくフリーズします。

オッケーだと尻をあげても、突然尻を上げて動かなくなったぽいんに戸惑うばかり。

ぽいんのおねだり(ご飯的なものと性的なもの)のどちらにも反応できない子供なぼりおん。
憐れ、ぼりおんは愛想を尽かされました。

0030_20170417195652cb4.jpg
「恋愛はまだぼりおんには早かったボリ……」

ゆっくり大人になりましょう。
20:09  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.14 (Fri)

身体は小さいが態度は一番でかい

ぶたリスじりがひどい。

DSC_0126_20170414195717e86.jpg
「ぼくはデブでもぶたでもなく、ふくよかなんだっ」

DSC_0120_20170414195719846.jpg
「ウワー。乙女のしりを見てやるなでよ」

でも換羽で少し痩せて、しりも少しへこみました。

DSC_0065_20170414200056992.jpg
「減ったと言ってもぽいんと比べるとふくよかだけどね」

DSC_0069_20170414200058b75.jpg
「むっ。呼びましたか、ベコさんっ」

ぽいんこ、またおたまごを産みました。
引っ越しして環境が変わってもなんのそのなこの子の発情、異常。

DSC_0075_20170414200122245.jpg
「どこかいい巣はないですか」

ちょびこさんのためにつくった段ボールハウスを占領したぽいんですが、早々に飽きてどうでもよくなったらしい。

DSC_0119_20170414195720cad.jpg
「そこはちょびこのうちの地下室でよ。よすでよ」

今日はおあつらえむきな巣を探して、本を入れた布袋と木製の棚の間に自分から入っていったのに、なんでか挟まって出られなくなってしまったぽいん。
おぎゃーおぎゃー叫び声をあげて使用人に助けを呼びつつ、自分の失態をぽいんを追って来て近くで見ていたぼりおんのせいにしていました。

それはあんまりぼり。
20:17  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.12 (Wed)

よさしいふたり

DSC_0104_20170412192937f84.jpg
「ぱぱちくちく。ぼくが掻いてあげる」
「リス、嬉しいべな」

DSC_0106.jpg
「リスもちくちくだからお返し」
「ぱぱ、ぼくは嬉しい」

DSC_0108_20170412192940d06.jpg
「環境が変わってちょっと疲れたよね」
「お互い歳だからね」

年寄りセキセイ同士仲がよいです。

DSC_0117.jpg
「またまたお返し」
「あ、でもベコはされるよりする方が好きだから……」

DSC_0118_20170412192942421.jpg
「いやいやされるばかりだと悪いので、今回はぼくが」
「いやいやいやベコが」
「いやいやいやいや」
「いやいやいやいやいや」

DSC_0119_20170412192944f72.jpg
「か~。見せつけるでよ」

まだまだ二人の換羽は続きそうです。
19:38  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.09 (Sun)

使用人の図画工作の成績は2

DSC_0040_20170409191925ff3.jpg
「あっあっ。ぽいんこのせいでちょびこさんが困っているよ」
「ぽいんちゃん無双」

DSC_0044_20170409191927f6b.jpg
「はぁ~」

DSC_0046_201704091919284b1.jpg
「グフv」

DSC_0048.jpg
「アンタはまたちょびこの領域を侵すでよ……」
「ちょびこさんが早くいかないからですよ」

DSC_0052_201704091919317b7.jpg
「なんべな。このボロ屋は」

シルバニアハウスに行かないちょびこさんのために使用人が心を込めて作ったちょび別荘パート2。
ズーと一緒に破壊した別荘に似せて作ったものです。

あっさりぽいんに占領されました。
DSC_0053_2017040919262363e.jpg
「ぽいんの別荘ですよ」
「ぽいんこおまえ、もすこしちょびこさんを敬うべきべな」

ちょびこさんは相変わらずツボ巣が寝室です。

がっくし。
19:30  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.06 (Thu)

ツヨスギルボリ

DSC_0092_201704062144317e5.jpg
「ん?」

DSC_0093_201704062144328fa.jpg
「なんぼり」

DSC_0094_20170406214434be1.jpg
「ツヨイボリ」

という言葉を覚えさせているのですが、今はじっと聞いている段階です。

最近引越しや新生活やなんやで忙しくて、あまりぼりおんをかまってあげられていませんでした。

そしたら早速やさぐれだすぼりおん。

怒りっぽくなって唇を齧るようになって指にも乗るのを躊躇するようになりました。

はぁ~。
私は悪い使用人だ。

心を入れ替えて積極的に話しかけるようにしたら、案外すぐに機嫌を直しました。
よかった。まだ修復可能期間だった。

DSC_0096_20170406214446661.jpg
「ぼりおんだって淋しくなっちゃうんだから」

DSC_0097_20170406214447353.jpg
「心を入れ替えてぼりおんにずっと話しかけているがよいぼり」

勉強家のぼりおんは聞くことに飽きないから、これはこれで使用人の口がわりとつらい。
21:53  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.03 (Mon)

4月です

引っ越し先でもシルバニアハウスを設置。
DSC_0034_20170403185449a54.jpg

しかし、誰も行かない。
ちょびこさんどころかセキセイたちも寄り付かない。

ちなみにこっちが今ちょびこさんの寝床となっているところ。
DSC_0036_20170403185451b97.jpg
鳥らしくなったといえば鳥らしくなったのか。

色々遊び場も設置。
DSC_0035_2017040318545217e.jpg
「この部屋狭いぼり」
「思い切り羽ばたけないよ」

なので、鳥部屋に続くリビングも日中は扉を開け放って鳥たちに開放中。
なんでか怖がってあんまり来てくれないけど。

そんな中、先日ちょびこさんが私めがけて初来リビング。
疲れるまで飛び回った後、
0045_201704031900520db.jpg
「とまる場所が少ないから来づらいのでよ」

という苦言を呈して帰って行きました。
なるほど。

0047_20170403190054fb1.jpg
「ぽいんはまだリビングちょっと怖いです」
「あんたが一番リビングにお邪魔しているでよ」

0042_201704031901188f9.jpg
「4月に入ってそろそろ新しい部屋にも慣れてきたべな」
「ぼくは環境が変わって少し元気がない」
「ぼりおんは相変わらず毎日が楽しいぼり」

ベコに続き、トリスも換羽でちょっと元気がないです。
ふたりは寝るとき保温中。

子供たちとちょびこさんはいつも通り元気。

子供たちはわかるとしてちょびこさん……強いです。
19:10  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |