All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'09.29 (Fri)

ひな

トリスっ子。
数日前。
IMG_1384.jpg

今はここまで大きくなりました。
IMG_1387_201709291956465d8.jpg

ぼりおん色ですなぁ。
IMG_1388_20170929195649751.jpg

ぽいんの子の方は巣箱のうえに、残り一羽となって以来ぽいんのガードが固くて写真が撮れません。
ぽいんはあれでかなりの神経質だし、1日2回程度の生存確認に留めています。
ぽいん子はトリスの子と一日違いなのに、体がまだ小さくて発育が遅い感じがするので心配です。

で、ぽいんの子もぼりおん色っぽい。
強い、並セキセイの遺伝子。
できることならば、ぽいんぼりのどっちの遺伝子も強く受け継いだ、青い色の並セキセイが見たい。

DSC_0047_20170929195652e6c.jpg
「玄孫でよ」

自分の子でないことを知っているのか知っていないのかは分かりませんが、トリスが子供を可愛がって可愛がってどうしようもないです。
毛がないのに無理やり羽繕いして、子供がヒーヒー言ってます。

ふたりとも、健康に大きく育ってくれ。たのむ。
20:08  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'09.27 (Wed)

サークルオブライフ

以前孵化したヒナが全てお星さまになってしまったぽいん。

諦めきれないのか、無精卵をずっと温めていました。
ぽいんの気が済むまで……、しばらくしたら諦めるだろうし、そうしたら卵を取り出そうと思っていたら


再び卵を産みました。

(゜θ゜)

さすがにもう産まないと思っていたのですが、
あ、下腹部が大きくなってきてる、まずい。
と思ったその数日後にまた卵を産んでしまいました。

しかも今回はぼりおんとのおまじないも2回ほどだけで、あとはしたがるぼりおんを無視してもう飽きた~と言う感じだったので、ちょっと油断していました。

折角産んだのだから、今回はヒナにもぽいんにも幸せになって貰いたい。

そう思い、巣箱を購入しました。

DSC_0107_201709271856162a3.jpg
「ぽいんちゃん、あそぼり」

まず産まれたのが、トリスの子。
IMG_1366_2017092719074077c.jpg

そして、1日後に私と同じ誕生日に産まれたぽいんの1子と2子。
IMG_1364.jpg

0072_20170927191007262.jpg
「え、トリスおねぇちゃんの子?」

実は、同じ時期にトリスが対抗するようにお卵を産み始め(もちろん無精卵)、ぽいんさんの前の子のようなことになるのが怖いこともあり、卵を二つほどトリスに預けてしまいました。

0073_20170927191009c1a.jpg
「トリスおねぇちゃんはここで子供を育てているぼり」

トリスは大王の子だけあって愛情深く、ヒナに付きっきりです。

孵った子供はぽいんに3羽。
トリスに2羽。
ま、全てぽいんの子なわけですが。

現在、順調に育っているのが、
ぽいんに1羽。
トリスに1羽。
全てが第1子で、とりあえず生後1週間は越えました。

お星様になってしまった子は、産まれてから、トリスが次の日、ぽいんの2番目が5日目、3番目が4日目に亡くなりました。

正直、朝ヒナを確認するのが怖いです。

今回も失敗したら、私もそうですがぽいんがとてつもなく大きなショックを受けそうで心配。

女の子たちは毎日必死です。
食べても食べても太りません。
全て栄養が子供に行っている。

DSC_0078_20170927192221592.jpg
「全部ぼりおんの子供ぼり」

ぼりおんは毎日歌って踊って喋って気楽だけどな。
19:58  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2017'09.24 (Sun)

しかしもう朝晩さむい

DSC_0082_20170924193405524.jpg
「最近涼しい日が続くけど、お天道さんが射すと日中部屋の中は暑くなるべな。そんな日は水浴びに限るな~」

DSC_0083_20170924193406de4.jpg
「ちょびこもトウミョウ浴びするでよ」
「ぎょおっ」

DSC_0085_20170924193407ac6.jpg
「なんでよその驚き方。失礼でよ」
(ちょびこさんは尻突くから苦手べな……)

DSC_0088_2017092419340888d.jpg
「ちょびこさんに占領される前によっこらしょっと」
「おっ。父インコに珍しく積極的でよ」

DSC_0096_20170924193409b63.jpg
「一番乗りだべな」

DSC_0098_201709241941242e8.jpg
「ぼりおんもー」

112.jpg
「ぼくもっ」
「ぽいんもです」

119.jpg
「むっ、ぽいんこっ」
「ぽいんもトウミョウ浴びするです」

0124_20170924194128871.jpg
「ぼくもっ」
「ぽいんもです」

DSC_0125_201709241941290d3.jpg
「ぼくもっ」
「ぽいんもです」

DSC_0128_20170924194131032.jpg
「おっとととです」

DSC_0129_20170924194151d82.jpg
「ぼくもっ」
「トリスさんのしりあなっ」

0130_20170924194238768.jpg
「あの、ぼりおんの番は」
「まだっ」
「まだです」


ベコは当然のようにとっととはじき出されました。

19:49  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'09.21 (Thu)

発見探検ぼくの基地

DSC_0180.jpg
「使用人のおみくじ。がじがじ」

おみくじは神様からのメッセージだから、すぐに結ばずに持って帰った方がいい、みたいな考え方を知り、それもそうだなぁと持ちかえるようにしたものの、結局こうやって鳥に粗末に扱われたら、逆にばちが当たりそうな気がする今日この頃。

DSC_0181_201709212020529e7.jpg
「当たりもしない宝くじもある」

300円当たりました。(10連)

DSC_0183_2017092120205323e.jpg
「とまりにくい枝だなー」

厄払いの際に授かった有難いお札にとんでもないことをしでかすトリス。
バチアタリです。

DSC_0193.jpg
「これなんだー」

引っ越しした際に氏神様の神社に行ってお受けしたお札と一緒に入っていたえびすさま。
こちら……どうすりゃいいんだろ……、と考えていましたが、とりあえず金運上がりそうだし、鳥部屋に配置。
しかし、トリスにもてあそばれる。
バチアタリです。

DSC_0195.jpg
「ここ、秘密基地によさそう」

DSC_0196.jpg
「やっぱりこれ邪魔」

DSC_0199.jpg
「うーん」

DSC_0201.jpg
「イイネ! なんか魔よけのお札もあるし」

えびすさまです。

DSC_0203.jpg
「リスよ、よすべな。お前もう歳べな」

DSC_0205.jpg
「このボロ屋を秘密基地にして遊ぶ程度にするべな」
「そこ、ちょびこの別荘でよ」
「チンゲンサイうまいぼり」

トリス、秘密基地に籠り始めました。

そしてトリス、7歳ちょっとにして初めての……。

続く。
20:38  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017'09.19 (Tue)

ビールはどの季節もうまい

DSC_0166_2017091920260117d.jpg
「ふぁ~」

DSC_0167.jpg
「あっ。ぽいんとしたことが、恥ずかしい姿を見られたです」

DSC_0169.jpg
「北海道の夏はもう終わりですよ……もう朝晩寒くて……冬ですか。冬が来るですか」

DSC_0175_201709192026053a4.jpg
「嫌ですよー!」

DSC_0177.jpg
「とは言っても冬将軍は手下を連れてそのうちやってくるです。冬が来る前に食欲の秋を楽しむですよ。カイヌシはオータムフェストを楽しんでいるようです」

北海道札幌、秋の祭典オータムフェスト。
大通りにずらりと美味しいものが勢ぞろい。
1丁目から11丁目までを歩きながら、どれもこれも美味しそうだなぁグヘジュルル、と思うのですが、どうしてかあまり食べ物に手が出ません。パンフレットを見て鯖バーガーが食べたいと思ったけど、実際見てみるとなんか別にいいや~とかなってしまう。
地ビールとか片っ端から飲むのに。
もう、ビールを飲むために毎年行っているようなもんだな。

DSC_0179_20170919202608551.jpg
「ビールの飲めないぽいんはココナツボウルでも食べてるですよ」

今年の夏は短かったです。
7月暑かったけれど、8月に夏はなく、そのまま9月で秋に突入して、そろそろストーブの季節。

切ない。
20:55  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'09.17 (Sun)

不毛の地

ぼりおんがなんか美味しそうな植物の上に降り立っていたので、気になって自分も降り立ってみたリス。
DSC_0116_20170917184742e9a.jpg
「ぼりおん、ここ、おいしそうなところだな」
「使用人が丹精込めて栽培したクローバーだって」

DSC_0117_2017091718474514a.jpg
「クローバーか。なんかあんまり見たことない」
「4つ葉を見つけると幸せになれるらしいよ」

DSC_0118_20170917184744d31.jpg
「えっ? なんで?」
「えっ? 知らんぼり」

DSC_0120_2017091718474714b.jpg
「ベコも四つ葉のクローバーを見つけて幸せになるべな」

DSC_0123_201709171847477e3.jpg
「ぱぱ、見つけたらちょうだい」
「ぼりおんも欲しい」
「ないべな」

DSC_0128_2017091718564554b.jpg
「本当にあるの?」
「クローバー酸っぱい」
「酸っぱいぼり。うまくないぼり」

DSC_0129_20170917184755c54.jpg
「まるで畑を荒らす害鳥でよな」

そして、4つ葉は見つからないまま、葉っぱはほとんど食べないのに何故か茎を齧るので、二三日でクローバー畑は枯れ果てました。

ここまで育つのに何日かかると思っているのだ。

害鳥です。
19:06  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'09.13 (Wed)

よせ

DSC_0010_20170913193553f83.jpg
「りすよ」
「ぱぱ」
「トリスおねぇちゃん、はれんち」

トリスとベコ、いかんことになっています。
トリスが誘ったのですが、誘いに乗るベコもベコ。

DSC_0011_201709131935561e7.jpg
「りすよ」
「ぱぱ」
「トリスおねぇちゃん、いかんぼり」

DSC_0013_20170913193556d3f.jpg
「なんかべこまでハレンチな気持ちに」
「ぱぱ」
「べこおにいちゃん、だんだん尻が上がって来ているぼり」

DSC_0014_201709131935597de.jpg
「ベコはおっけー」
「ぼくもおっけー」
「エッ」


DSC_0016_20170913193559f18.jpg
「ぼりおん」
「ぱぱ」
「ひくてあまた」

ベコ、またちょっと精巣が肥大してきています。
そして、今回は今までしなかったお尻を上げるメス化行動をします。
精巣の状態をチェックするため、握った途端にアッハンウッフンな姿勢になったり。
じじぃセキセイがなにをしておるか……。

とりあえず、そういった行動は2日間くらいで終わりましたが、やはり精巣は油断できないなぁと。

DSC_0018_201709131936001b5.jpg
「ベコは一体なにをしていたのでしょう」
「ぱぱおかま」
19:48  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017'09.11 (Mon)

今更お盆漫画

ようやく色つけしたお盆漫画です。
鉛筆画のままなので色薄いすまんです。

自分精霊馬好きだな。

クリックしたら大きくなります。
1_201709112012144df.jpg

2_201709112012134ba.jpg

3_20170911201216e80.jpg

4_20170911201216d59.jpg

5_20170911201218ca2.jpg

6_20170911201211d4c.jpg


おぼん……、旬からもう1カ月は過ぎてるぼり。
20:18  |  鳥絵  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'09.07 (Thu)

無理すんな、ばば鳥

DSC_0002_2017090718294585d.jpg
「ぱぱ、ぼくそこに入りたい」
「だめだめ。りすはすぐ巣を見つけたがる」

DSC_0004_201709071829478a1.jpg
「ちぇ~。もともとその穴はぼくとズーが見つけた穴なのに」
「どうして女の子はるんるん気分になると、狭い所に入りたがるようになるんだべか」

DSC_0006_20170907182948a2e.jpg
「うーん。どうにかして塞いでしまった方がいいべな」
「ところでぱぱ」

DSC_0008_20170907182950a75.jpg
「ぼくが乗っているこれはなに」
「プテラノドンさんべな。使用人2がぽいんのおもちゃにと作ったべな」

プテラノドンさんを乗せて穴を塞いでいたのですが、発情中のリスは怖いものなどないらしく、ずらした上にうまく乗りこなしていました。

もちろんぽいんは無関心。

そして、別の場所でトリスが卵を産み始めました。

う~む……まずいなぁ。
18:38  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'09.05 (Tue)

とりあえずポーションとして鳥のにおいを嗅いだ

無事に横浜から帰ってきました。

DSC_0012_201709051857249e0.jpg
「あ、使用人が帰ってきた」

DSC_0023_20170905185942a98.jpg
「遅いですよ! そして尻がかゆいですよ!」

DSC_0024_20170905185944114.jpg
「はー! 外に出て羽を伸ばさないとなんかむずむずするです!」

DSC_0022_20170905185728275.jpg
「ちょびこはひねもす釈放中だから、使用人がいてもいなくてもあんまり関係ないでよ」

DSC_0024_201709051857274d4.jpg
「な~……。ベコはだいたい一日中ぼーっとしてるし……」

DSC_0025_20170905185729e47.jpg
「使用人がいなかったことに気がつかなかったべな」

DSC_0014_201709051857267d9.jpg
「ぼりおんは外に出ないとやることないから、ひねもすコスコスしてた」

DSC_0031_201709051857308e6.jpg
「ぼりおん、おまえサイテーだ」
「あっ、とりすおねぇちゃん、よすぼり。しっぽ齧っちゃイヤぼり」

若い男の子セキセイはだいたいみんな暇だとコスコスしてますな。
若い頃のベコもそうでした。

横浜の百貨店、開催4日目でだいたい品物が少なくなっているというのに、お客さんが沢山で都会すごい。
でも、まぁ、色々考えることもあり、実演販売はもういいかなぁ、とか、次に行くのなら開催前日の設営準備に行きたいなぁ、とか思いました。

あと、羽田に深夜2時に着く便で逝き、国際線のある方で空港野宿をしたのですが、周辺にごろごろしていた同士の死体たちは、早朝5時に目覚めると朝日と共に消失したらしく、代わりに爽やかな顔の生気にあふれた人達がはつらつと歩いていたので、ベンチは空いているけれど、なんかとっても寝ずらい感じになりました。
二度寝したけど。

DSC_0034_20170905185732a1a.jpg
「ここだけの話、イベントで実演しているのに、昼食で1年以上ぶりに会った鳥友さんとビール飲んだらしいよ」
「それは命の水だから仕方がないぼり」

初めての上大岡、楽しかったです。

とりあえず、今回で今年のイベントは終了かな。
酉年、熱かったです。
19:31  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'09.02 (Sat)

ジャンボが噛むと痛い。

0211_2017090219530799d.jpg
「ぼりおんあんたなんて頭しているでよ。不良になったでよか」
「む……」

0215.jpg
「ただの換羽で不良じゃないよ」

0216.jpg
「でもちょっぴり一昔前のヴィジュアル系ぼり」

0245.jpg
「見るなぼり」

0246_201709021953115c1.jpg
「でもちょっぴり見て欲しいぼり」

思春期ぼりおんです。

第2反抗期が来たらしく、あまり言うことを聞かなくなり、指を出すとキエッて言って噛みついてから乗ります。

たぶん、顔とか仕草から察するに、「うっせぇババァ!」とか言ってる。

ババァつらい。
19:59  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |