FC2ブログ

All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'10.02 (Mon)

ベコのまご

トリスっ子。ぽいんの子だけど。ヒソヒソ
IMG_1389_20171002182303e9c.jpg
背中にも黒いのが出てきたし、並決定かと。
ジャンボじゃない並だ~。

IMG_1390_20171002182301b9b.jpg
アレンジメントフラワーのカゴで子育てしていたので、段ボールの箱に変えました。

IMG_1391_2017100218230247e.jpg
足の悪いトリスでもさっと出られる程度の深さでは足りなかったのか、そろそろ飛び出しそうで怖い。

ぽいんは相変わらずガードが固く、ちょっとでも巣箱を覗こうものならすっ飛んできます。
トリスの子のように頻繁に見ているわけじゃないので、たまに覗くともう既に人間から距離をとるような仕草をします。

ふたりの子供(ぽいんのだけど)、よくよく見てみると同じ黄色緑系でも、少し色が違っているようでした。
しっぽの色が黄色と緑で違ったような。
でも、同じく並には違いないようです。

この子たちはもう2週間過ぎたので、このまま順調に育ってくれそうです(^θ^)
例え今育雛放棄されても、このくらいなら私もスプーン給餌できるだろうし。スポイトは無理。

それより今心配なのは
DSC_0004_2017100218323792d.jpg
「な~……」

ベコ。
DSC_0005_201710021832391c7.jpg
「な?」

一時期ぐっと寒くなった時があり、換羽なのか一日だけ羽がばさっと抜けた時があったのですが、
それからちょっとずつ元気がなくなり、3日くらい前から明らかに調子が悪くなりました。

DSC_0007_2017100218323939c.jpg
「少し食欲ないべな」

いつもなら、こたこたになったオーツをいつまでももぐもぐしている程度には、常に口を動かしていたベコですが、ここ数日は食べるよりもじっとしている方が多くなりました。

体調を崩したのは、一度にどばっと抜けた換羽のせいかなと思ったのですが、それでここまで食欲なくすかな……。原因は良く分かりません。
DSC_0008_2017100218324243d.jpg
「今は30度に保温されとるべな」

体重も落ちてきたので、強制給餌が必要かも、とクリニックに電話をし、予約満杯の担当医師以外でも見てくれるよう頼んだのですが、
「その都度、担当医が変わると詳しい状態がわからなくなるので、担当医じゃなきゃ駄目」と言われました。

ん(゜θ゜)?
セラとりょくの緊急時は、担当医じゃなったけど?
いつからそういうシステムになった?
その都度って、ベコは一度も担当医変えたことないけど?
ちょっと意味がわからなさ過ぎて、ごりごり薬を使い続けたい担当医に背いて、私が精巣腫瘍のお薬を休薬したから、それの関係かとか勘ぐってしまう。

「医者が学会で週末いないので、入院も難しい」と言われましたが、それ以前の話だから。
「診察外で2時間か3時間待つことになるかもしれないけれど、担当医が診ます」って言われたけど、
移動時間だけでもそこそこかかるのに、がっつり保温が必要なベコを2時間も3時間も診察室の中におけない。
いくらカイロで保温してても、人間だってそうなように、通院には体力がいる。

今回は家でどうにかするしかないようです。
DSC_0009_201710021832428d0.jpg
「安静が一番だべな」

ちなみに、精巣は先日の換羽で縮み、今はお腹もぺったんこです。
腹水もないし、もちろん発情もしていません。
なので、今回は精巣腫瘍が直接関与していない気がします。
ちょっと重くて飛べなかったけど、少し飛べるようにもなっていました。
その矢先の話。

転移してたらわかりませんが。

DSC_0013_20171002183441708.jpg
「ああ……気持ち良すぎて……だいおちゃんが……三途の河の向こう岸でこっちに来い来いって言ってる……」

ベコも歳だしなぁ……。
何があってもおかしくはないのでしょうが、だとしたらちょびこさんが無双すぎる。
ベコ、もう少し頑張れ。
あとちょっとでトリスの子供(ぽいんのだけど)が見られるぞ。

DSC_0014_201710021834439f4.jpg
「しっぽも抜けて寸詰まったまま生えてこないし……」

DSC_0024_201710021834431e0.jpg
「ああ、このままでは……」

DSC_0027_20171002183445e32.jpg
「だらけたシロウニになってしまうべな……」

全く食欲がないわけではなく、命の粟穂を食べて、みんな大好きカナリーシードを食べて、平飼い卵の卵焼きを食べていたので、少しずつでも元気を取り戻して貰えれば。
それまではがっつり保温で遊びも禁止。

まだ絶食便をしているわけではないので、大丈夫だと思いたい。

ベコの生命力を信じます。
19:37  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |