All archives    Admin

03月≪ 2018年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018'04.30 (Mon)

愛情深いとおもっておく

あいかわらずのウィン子。
20180405105036.jpg
「かっわいいこ~!」
「また来たわね、ウィンこさん」

20180405105038.jpg
「ちょっと~、ウィンこちゃん。デンカちゃんを誘惑するのやめてよ!」

20180405105042.jpg
「こっち向いてよ~、かわいいこ」
「うるせぃわ」
「デンカちゃんはまだ赤ちゃんなんだから! やめてったら!」

20180405105040(1).jpg
「デンカちゃんはもう素敵なレディーさ。もちろん、コボリちゃんも好きだよ」
「そういうのいいから」

20180405105046.jpg
「ね、デンカちゃん」
「きゃっ」
「ぎゃー! デンカちゃんはまだ赤ちゃん~! ウィン子ちゃんはインコ活動無期限停止!」

もちろんこの後、背中に足をかけることの意味がわからないデンカには、足蹴にしたことをしこたま怒られました。

20180405105130.jpg
「ごめん……。怒ってる」
「怒っているわ」

20180405105134.jpg
「ぼく、反省してる。許して。お酒も今は飲まない」
「いま?」

20180405105338.jpg
「もし、ぼくがインコ界に戻る席があったら戻ってきたい」
「そういうのいいから」

20180405105144.jpg
「何が悪いかわからないけどごめん」
「ばかだわー」

20180405105350.jpg
「許してくれる? 嬉しいっ」
「許すって言ってないけど、もうっ……ばかね、ウィンこさんは」

デンカ、最近ウィン子のアプローチにまんざらでもないから怖い。

20180405105410.jpg
「ウィン子さ……」
「んっ!?」

20180405105426.jpg
「あっ。ままの甘い囁きが聞こえる。きっとぼくを呼んでる。待っててまま、今行く」

20180405105424.jpg
「……」

まあでもだいたい毎日こんな感じです。

トリスが発情しすぎるので、ウィン子とお互いの姿をなるべく見えないようにしているのですが、お互い鳴き声だけで興奮してます。

もうこれ……どうすりゃいいのか。
19:59  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.26 (Thu)

「すき……」が得意なことば

20180326110536.jpg
「コボリでよ。ハーフジャンボのくせにちっちゃくまとまってて可愛らしいでよ」
「え~。ハーフエルフみたいでかっこいいね」

コボリ、とても憶病なんですがどこか大胆で甘えん坊で、そしてウィン子よりも鼻の青が薄いくせに(オカマ疑惑)おしゃべりさんです。
一対一で見つめ合いながらおしゃべりの練習をしていると、わりと高確率で私の言ったことをそのまま反芻してくれます。
まさにオウム返し。
オウムじゃないけど。

そんなコボリ、なんか、変わっています。

20180326110652.jpg
「コボリ、変わってる」

20180326110654.jpg
「?」

20180326110702.jpg
「どこが?」

20180326110720(1).jpg
「コボリのどこが変?」

だいたいこういうとまりかたをします。

宇宙船地球号のベルが気になるのかな、と思ったのですが、いつもだいたいこの体勢のまま下界を見下ろしています。

20180326110740.jpg
「これが楽なの」

20180326110754.jpg
「コボリは」

20180326110758.jpg
「これがいいの」

20180326110810.jpg
「コボリは新しい時代のインコなの」

ボタンを押したくなる気分をもよおさせるほっぺです。

20180326110928.jpg
「変ぼり。コウモリさんぼり」
「ぼりおんの前髪の方がへんだよ」

20180326110930.jpg
「悪口いけない。コボリはぼりおんを齧る」
「よすぼり」

20180326111100.jpg
「ぼりおん、コボリちゃんをいじめちゃだめ」
「ウィンこ」

20180326111104.jpg
「コボリちゃんは変なのがかわいい。悪口いけない。ウィン子はぼりおんを齧る」
「よすぼり」

コボリ、飛ぶときにりょくのように頭をかしげて飛びます。
りょくのように片目が前髪に隠れているわけではないのに、です。
性格変わってるところも似ているし、もしかしたらりょくの生まれ変わりなのかな~とか思ったり。
たまにスピリチュアルになってみる(゜θ゜)

当初の予定通り、やはり名前は『ばんちゃ』にすべきだったかw

でも生涯1個のたまごも産まなかったりょくに比べて、コボリの精力は旺盛です。
ひさびさにインコのせいえきを見たわ~……。
ヨメ……探すか……。
20:45  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.24 (Tue)

たくさん食べて欲しいけど、たくさん食べ過ぎないでほしい

20180312141620.jpg
「……リス、近いでよ」
「うーん」

20180312141622_20180424184152f4d.jpg
「ぼく、片目が白内障でなんだかモノがよく見えないんだよね」
「嬉しい。だが怖い」
(なんかでっかい人糞かと思ったらちょびこさんか)

リス、今のところ発情は抑えられていて元気です。

DSC_0129_20180424184754385.jpg
「あたまかゆい」

でも白内障だし、足も弱っているし、自由にすると発情の恐れがあるので、しばらくはみんなと一緒の放鳥は禁止。
退院後に飛ぶのが格段に下手になって、あらぬ方向に飛んで行って危ないので、ひとり放鳥でも3分くらい。
早く体力もろもろ回復すればいいのですが、心だけが元気になって行く。

DSC_0125_201804241847510da.jpg
「外であそびたいっ」

可哀想ですが、もう少しケージ内で様子を見ます。

DSC_0135_20180424184754ffc.jpg
「リス、大丈夫かでよ」
「うん。お薬きらい」

ちょびこさんは万年放鳥なので、ちょびこさんとだけは触れ合いオッケー。

DSC_0137_2018042418475885b.jpg
「白内障は慣れれば大丈夫でよ」
「さすがちょびこさん。ぼくがんばる」

DSC_0138_20180424184757c56.jpg
「養生するでよ」
「早くみんなと飛びたい」

こんな感じだったのですが、薬をあげる際にするりと逃げられ、久々の娑婆の空気に飛び回るリス。
慌てる使用人。
以前作ったちょびこさんの段ボールハウスに逃げ込むリス。
それを見てリスを襲うコボリ。
久々の若い男にうっふんな気持ちになったのか、あっさりと背中に乗るのを許すリス。
即座にふたりを引き離す使用人。
ぽかんと見つめるぽいん。
意味のわからないデンカ。
くるる、と怯えた声を発するぼりおん。
念のためとひとりケージに閉じ込められていたウィン子。
脳味噌がついていかないちょびこさん。

多分、その際にもともと関節炎だった足を痛めたらしく、片足を引きずるように。

もしかしたら足を折ったか、骨にひびがはいったか。
関節炎でも食欲が落ちなかったのに、がっくりして食欲の落ちたリス。
完全放鳥禁止でケージも完全バリアフリーにして以前よりも強めの保温で自宅内入院です。

DSC_0014_2018042418560733b.jpg
「使用人が悪い」

まったくです。

20180412124746.jpg
「ツメが甘いですよ、カイヌシは。せっかくトリスさんが帰って来たのに。ぽこぽこ←ぽいん怒りの音

リスにもみんなにも申し訳ない。

翼にも関節炎があると言われたリス。

無理に飛ばなくてもいいから、せめてケージの外でまったりとした生活がおくれるようになるといいな。

ウィンとかコボリが襲わないのが大前提ですが。

足はまだまだ自由が効かないけど、食欲は戻ってきました。
命の粟穂大好きで、食欲が戻りすぎたくらい。
発情させてはいけないので食事制限させなきゃならないけど、元気も出してほしいから難しい。
19:11  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.22 (Sun)

汚いのではなくて汚れている風なだけ。多分

20180409114334.jpg
「最近あっついねー。北海道なのに4月でもう20度を越えたところがあるよ。こういう日はトウミョウ浴びにかぎる」

20180409114432.jpg
「ワテクチもひとっぷろ浴びてみたわ」

20180409114456(1).jpg
「え、だれ」
「ごきげんよう。ワテクチよ」

20180409114456.jpg
「まさか……デンカちゃん?」
「立派なまゆげが生えたワテクチよ」

20180409114458.jpg
「すごい! トウミョウ浴びしたのに汚いね!」
「まあっ! 失礼ねっ」

20180409135046.jpg
「本当に汚いぼり」

20180409135408.jpg
「そういうぼりおんもほっぺにおべんとついてるです」

20180409135156.jpg
「え~、ホント~? はずかしぼり」

20180409135258.jpg
「ぽいんも水浴びするです」

20180409135304.jpg
「準備」

20180409135310.jpg
「運動」

20180409135316.jpg
「ですっ」

20180409135318.jpg
「くいっくいっ」

20180409135332.jpg
「ふう~」

20180409135416.jpg
「ぽいんちゃんはどうしてほんのりお腹が汚いぼり?」

20180409135428.jpg
「これは模様です。がるる」

汚れ一家です。
21:47  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.18 (Wed)

友達インコ

DSC_0101_20180418192931749.jpg
「だ、誰です? この立派なしりのモチヌシは」
「とてもよいしりぼり」

DSC_0103_20180418192933574.jpg
「カルシウムブロック、好きです?」

DSC_0104_20180418192933d2f.jpg
「軽やかなステップです」

DSC_0105_20180418192936e6f.jpg
「あそぼー」
「誰です」

姉のインコたちが遊びに来ました。

年長さんでぼりおんよりちょっと若く、一番若い子でデンカよりも若い。

ちびっこに透明シートの下からつんつんされるちょびこさん。
DSC_0106_20180418193335d14.jpg
「ちゃいろいとり」
「よすでよ、よすでよ、でもちょっとだけよさないでほしいでよ」

つむじらしいが、どう見ても穴が開いているようにしか見えなかったちびっこ梵天さん。
DSC_0110_20180418193454696.jpg
「美しいぼく」

クリニックの先生にはアホ毛、って言われたらしい。

DSC_0112_20180418193650be2.jpg
「まっしろ。キレイな子」
「ありがと。でも、鳥に興味はない」

人間にべったりなアルビノさん。
女の子なのに言葉を喋る。
とまる所は当然のように人間。

光に反射して青かったり緑色だったりピンク色だったり、胴部の羽毛の色が変わる美しい子。
アルビノ構造色おそるべし。

DSC_0113_20180418193652902.jpg
「ちょっとアプローチかけたら、ぽいんちゃんに怒られたぼり」

ただの浮気です。
ぼりおんは色白の子が好きらしい。

DSC_0114_20180418193652bab.jpg
「わたしのことは放っておいて下さい」

超荒鳥のゴッホちゃん。
嫁に来ないか。
ウィンとコボリ、好きな方を選ぶがよい。

使用人的には、ウィンはキングコング並に気の強い子が好きなので、おっとりしたコボリがおにあいかと思うのだがどうだろう。

DSC_0116_2018041819410520f.jpg
「この青いとり、気になる」
「あんた誰ですか」

DSC_0117_20180418194107bb1.jpg
「可愛さアピールしたって、ぽいんは容赦しないです! キエー!」
「なんだただの狂犬病罹患者か」

DSC_0119_20180418194108fd6.jpg
「常々申し上げておりますが、私のことは放っておいてください」

動かないオブジェインコ。
なにに怯えているんだろう。
使用人的には一番気になる可愛いこだったけど。

DSC_0121_201804181941106f1.jpg
「可愛い女の子。あそぼっあそぼっ」
「鳥にはあまり興味がないので」

子供でもババァでも妙齢の女でも男でも、とりあえず隙があれば背中に足をかける狂乱ちnこインコのウィン子。

今回はとりあえず足をかけるようなことはせず、会話から始めました。
一応段階を踏むんだな。

カイヌシ、ちょっと安心。

また遊びに来て下さい。

次には多分、色々ウィン子に責任取らせないとならない事態が起こると思うけど。
20:08  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.16 (Mon)

みんなが好き過ぎてみんなに愛想振りまきに行くので、日中ちょっと疲れてぐったりする

ちょっと前まではこんなに小さくて、クチバシも黒々していたデンカ。
20180329143122.jpg
「うふ」

ジャンボ族の血を正しく引き継ぎ、前髪は長くて、目つきはぼりおんコボリ系。
20180329143400.jpg
「カイヌシはワテクチのこと、まだ女の子って思っているわ」

並じゃなくてオパーリンなのは母親譲り。
並は超顕性(優性)遺伝で、オパーリンなどは潜性(劣性)遺伝思っていたけど、出るもんなんだなぁ。
ぼりおんも因子を持っていたのかな。
詳しい鳥の模様の遺伝知りたい。
20180329143200.jpg
「あっ。可愛い子~!」
「ごきげんよう、エロインコのウィン子さん」
「フフッ。可愛い子、エロじゃなくてラブインコって呼んで」

20180403121610.jpg
「可愛い可愛い」
「鳥は嫌いだわっ! あっちお行きなさいなっ」

20180403121618.jpg
「ばびゅーん」
「足をふみならすワテクチ」

20180403121628.jpg
「戻ってきたよ」
「むうっ。背後に! やるわね」

なにごとも諦めない男、ウィン子。みならいたい。
20180404151620.jpg
「眠いわ」
「眠いの?」

20180404151630.jpg
「ひとりごとっ! あっちいけっ」
「ウヒョッ」

20180404151704.jpg
「……」
「好き好き」

20180404151718.jpg
「……」
「好き好き」

20180404151710.jpg
「遊ぼうよ~」
「はぁ~」

20180404152030.jpg
「ちょっと、やめてよウィン子ちゃんっ」

コボリはお兄さんヅラしてます。
デンカが一番心を許しているのもコボリにです。

未だに鳥が近くによると威嚇の声を出すけれど、お兄さん役のコボリ、嫌がられてもぐいぐいいくウィンのおかげで、鳥にも耐性ができつつあります。

デンカが鳥部屋から隣の部屋に出て行くと、心配になって後を追って近くに待機したり、
ウィン子がデンカにぐいぐい行くと、怒って間を邪魔しに来るコボリですが、
結局最後は

こうなる。

20180412124938.jpg
「コボリちゃんが一番だよ」
「ウィン子ちゃん……」

20180412124944.jpg
「みんな好きだけど、コボリちゃんが粟穂ひと房分くらい多く好きだよ」
「ん?」

20180412124930.jpg
「コボリ、そろそろウィン子のちnこすりつぶすです」

ウィンこは滅びぬ。
何度でも甦るさ。




*鳥たちとは関係のないご連絡*
4月26日から3日間、東京ビッグサイトで日本ホビーショーが開催されます。
私もPMCギルドジャパンの一員としてシルバー作品の展示で参加します。
で、その関係で一般チケットを貰ったのですが、自分は行かないので、ブログを読んで下さっている方で欲しい方がいたらお譲りします~。
当日券1500円もするので。
欲しい方がいましたら、コメント欄でもメールでもツイッターでも連絡ください。
1枚しかないので、そこんとこはすみません。
18:35  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.12 (Thu)

トリスの帰還

昨日はぽいん、ぼりおん、ウィン、そしてコボリの健康診断でした。

健康診断ついでにトリスに会う予定でしたが、電撃退院となりました。

退院の予定ではなかったので、リスのキャリーがなく、紙製の小箱に入れて帰宅。
車の中ではどこからともなく聞こえてくるトリスの声に、鳥たちが騒ぐ騒ぐ。
DSC_0011_20180412192126609.jpg
「トリスおねぇちゃんの声が聞こえるぼり。でも姿が見えんぼり」

狭く暗い小箱の中でも、トゥルリトゥルリ歌い出すリスは流石でした。


一カ月はかかると思われた入院ですが、発情がおさまったことと、自分でももりもり食べるようになったこと(もともと食べてたけど、ウィンがラブゲロあげてたから食べてなかった)、体重も落ち着いたことで、急遽退院となりました。

ただ、発情がおさまったけれども、お腹のふくらみがおさまらないらしく。
もしかすると卵蓄の可能性があるとのこと。
レントゲンを撮ったところ、卵がある様子はないものの、卵の中身の材料が蓄積している可能性も否定できませんでした。
卵蓄だとすると、このまま放っておくと炎症がおこったりする可能性もあります。
完治させるには手術しかありませんが、卵管の完全摘出は難しいらしいので、部分摘出になります。
ただ、完全に発情を抑制できれば、年単位で普通に生活が送れる子もいるとのこと。

そして、鳥の場合、いざ手術で開腹しても、全然違う病気だったということが多々あるとのこと。

とりあえず、考えますと言うことで手術は保留で……。
難しい手術ではないみたいだけれど、手術後に発情してしまうと、卵が出来てしまい腹膜内に落ちる可能性もあるらしく。
なら、発情さえ押さえれば、手術をしなくてもどうにかなるのかと思ってみたり……。
もう歳だし、手術は怖いです。

ただ、家に帰ってからお腹をさすってみると、まぁ確かに少し膨らんでるっぽいけど、これ脂肪じゃないのか、という感じで、大丈夫そうな感じ。まぁ、脂肪なら先生がわかるし、脂肪ではないのでしょうが。

とにかく、もう絶対に発情と産卵は禁止です。
ただいま35gでご飯5g。
発情を抑えて行くためには、もう少しご飯を減らす必要があるかもと言われました。
また4週間後に通院です。

DSC_0001_20180412185249dd4.jpg
「まま!」
「ただいま、ウィン子」

なのに、こいつはトリスを興奮させようとする。
DSC_0002_201804121852515d2.jpg
「どうしてままは出られないの?」
「ぼくまだ保温と養生が必要」

トリスも少し興奮気味。
危険危険。
前にも透明シートをして完全シャットアウト。
DSC_0010_20180412185251f00.jpg
「まま」
「お前、デンカはどうした」

ちょびこさんのケージに張り付いてトリスに近づこうとします。
DSC_0019_201804121852550f4.jpg
「ままの方がいい」
「嬉しいけど、やっぱりクズだね。というかぽいんまで何をしているんだ」
「トリスさん生きてたですか!」

どさくさにまぎれてトリスのケージに張り付くぽいん。
このあと、トリスにクチバシを齧られて絶叫。
しばし、もごもごしていました。

DSC_0007_201804121919385fb.jpg
「いてぇです。前にも舌を齧られて口の中流血したのに、なぜかトリスさんのことが嫌いになれない、むしろ好きなぽいんです」

ちょびこさんは思ったほどトリスの帰還を喜ばなかった。
DSC_0014_2018041219212846a.jpg
「ウィン子がうるさすぎて、ちょびこの出る幕がなかっただけでよ」

しばらくは落ち着かせるために、集団での放鳥は禁止。

トリス一羽で少しだけ放鳥したのですが、撤去した秘密基地のところにいこうとしたので、ケージに御戻りいただきました。
油断大敵。



健康診断ですが、みんな概ね問題なしでした。
ぽいんがやっぱり発情気味なので、もう少し体重を減らしましょうとのこと。
ただいま32.5gでご飯4g。

DSC_0021_20180412192833980.jpg
「わりとスリムだと思っていたぽいんですが、先生には『痩せてはいません。もう少し体重を減らせばシルエットもすらっとして見えるようになる』と言われる程度に肉はついていたようです」

デブではないですが、まだ減らせる余地はあるらしく。
発情するってことは、まぁ、余裕があるってことだしなぁ。

とりあえず、31.5g目指してご飯を3.5gにします……。
19:35  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.09 (Mon)

一応ぽいんは痩せ型

発情抑制のためにご飯制限されているぽいんさん。
とにかく飢えている。
体重減らないくせに。
20180327105124.jpg
「貰えない分は自分で探しにいくです」

日々野生と化している。

20180327105128.jpg
「なんとなく頭に違和感があるです」

20180327105152(1).jpg
「ぽいんちゃん。あたまにふんわりが付いているぼり」
「ふんわりです?」

20180327105154.jpg
「とても素敵ぼり」
「とるです」

20180327105200.jpg
「えっ、とっちゃうの?」
「とるです」

20180327105202(1).jpg
「かわいいのにー」
「いいからとるです! ぽいんのキャラじゃないです!」

20180327105206.jpg
「嫌ぼり」
「クソぼりおんです。いや、ぼりおんのクソです」

20180327105208.jpg
「にげにげ」
「クソぼりが逃げたです」

20180327105220.jpg
「役にたたないぼりおんです。とりあえず腹が減ったので、ちょびこさんの家にごはんを食べに行くです」

20180327105222.jpg
「キエッ。閉まっているです。カイヌシのクソです」

20180327105224.jpg
「くやしい。仕方がないのでお野菜を食べに行くです」

20180327105256.jpg
「まま……頭になんかついてる」
「キエッ。とるです」

20180327105258.jpg
「じーっ」
「……コボリにはなにも求めないです」

20180327105312(1).jpg
「とれないです」

20180327105314.jpg
「おかしいです」

20180327105752.jpg
「カイヌシが余計なことしてフォージングトイとか持ち出したので、とりあえず使っているぽいんです」

20180327105756.jpg
「動くので食べにくいです。ぽいんは早食いなのでゆっくり食べろと言われるですが、イライラするだけです」

20180327105810.jpg
「ふー。お水飲むです。そろそろふんわりもとれたです?」

20180327105816.jpg
「……とれてないです。もうふんわりと共に生きて行くことにするです」

ぽいんさん、ご飯に時間をかけさせるために、フォージングトイなどを導入しました。

空腹のちからってのはすごいらしく、他の子たちがまごまごしている間、ご飯を得るために次々にトイを攻略していくぽいん。
今我が家で一番頭が良いのは、カイヌシを通り越して間違いなくぽいんさんです。

20180327111534.jpg
「フォージングトイどころか、ひとりでご飯を食べるのもようやくなワテクチ。ぽいんさんすごいわ」

20180327111604.jpg
「チビッコはまだ挿餌卒業できないでよ」

まだまだ朝晩の挿餌が楽しみなデンカ。
特に夕方の挿餌時間になると、いてもたってもいられず、鳥部屋から飛び出して台所付近でそわそわしています。
食べるのは嫌いじゃないのでしょうが、自分で食べるのはまだまだ時間がかかります。
でも、最近ではオーツ以外にも粟穂をついばむようになりました。

20180327111552.jpg
「健康診断で、痩せ気味だから、もっと食べさせて太らせてと言われたわ。食べるの大変。ふう」

太らせてとは……なんとも羨ましいぽいんです。







21:40  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.06 (Fri)

誰でもいいわけじゃなくて、誰でも好きなんだ リターンズ

20180328110314.jpg
「ままぁ」

20180328110318.jpg
「ままぁ。どこ?」

昨日まで散々トリスを探していたウィン子ですが、

20180328110212(1).jpg
「ままいない」

20180328110214.jpg
「入院? なら仕方がないね」

あっさり諦めて、今日から新しい道を歩むことになりました。

20180329110340.jpg
「かわいいこー。名前はなんていうの?」
「んぎゃーー!」 

20180328110240.jpg
「クズ」

20180328110500.jpg
「クズぼり」

20180328110424(1).jpg
「クズだね。知ってたけど」

20180329110348.jpg
「ふふ。おこりんぼだね」
「んぎゃー!」 

20180329110356.jpg
「興奮してきたぼく」
「んぎゃぎゃー」 

20180329110404.jpg
「ぼくは気の強い女の子が大好きだよ。さしずめ東洋のプーチンってとこ」
「ぽぎゃー」

20180329110416.jpg
「よいしょっと」
「てめぇのティンポコねじり切るわー!」

20180328110450.jpg
「おまえいいかげんにしろよ▼▼メ」

20180312141128.jpg
「親の顔が見てみたいですっ」
「まったくぼりっ。ぷんっ」

産みの親よりも育ての親の性格を存分に引き継いでおります。
21:37  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.04 (Wed)

若い子がいると年寄りもルンルンしてしまうらしい

20180315142114.jpg
「ままー、頭掻いてあげる」
「ありがと、ウィン子」

20180315142052.jpg
「ままー、クチバシの生え際も」
「あ、はい」

最近のトリスの陣地です。
物見やぐらと、この下がお卵の温め所、秘密基地となっています。
ここから頭を出して頭を掻いて貰ったり、ご飯を貰ったりしています。
20180324140838.jpg
「ふぅ」

トリス、ウィン子に愛されまくっています。

トリスもまんざらではないけれど、たまにうるさそうにしています。

20180324140842.jpg
「ままみっけ!」
「げえっ」

20180324140846.jpg
「にげにげ」
「逃げられた」

ご飯制限してもウィン子がラブゲロをあげていたので意味なし。
鬼の心で背中に乗るのは阻止できても、ラブゲロまでも駄目だと言えない自分。
トリスをケージに閉じ込めておくこともできたけど、ウィン子と幸せそうにしている姿を見ると、監禁することもできませんでした。

そのせいで、過発情状態のトリス。

昨日クリニックに行った結果、
20180312141208.jpg
「ぼく、入院することになりました」
「げぇっ」

20180312141306.jpg
「し、死ぬでよか!?」
「しなないっ」

発情と換羽で体力が落ちていたので痩せていたトリス。
発情のクセのようになって、多分、もうトリス自身もどうしたらいいのかわからなくなっていたのかもしれません。

数日前に軟卵を産んでまだ尚卵管も腫れており、これからまた卵を産む可能性があったため、発情を抑制して体を正常な状態に戻すために入院することになりました。

深刻な状態ではあるけれど、病気だからとか、危篤だからというわけではありません。

しかし、ここまでトリスをボロボロにしてしまったのは、管理できなかった私のせいです。
ごめん、トリス。
トリスに申し訳なくて泣いていると、今までぷんすぷんす怒っていた先生もフォローしてくる始末。
情けない。

20180312141326.jpg
「しばらく静かなところで養生する。食べて寝て、食べて寝ての日々だよ」
「うらやましいような、うらやましくないような」

20180312141344.jpg
「一カ月くらいはかかるって」
「いっかげつ!?」

20180312141450.jpg
「そんなに!?」
「う、うん」

20180312141514.jpg
「長いでよ!」
「う、うん、ごめん」

20180312141622.jpg
「一カ月、ちょびこも頑張って生き延びるから、無事に戻ってくるでよ、愛しのリスよ」
「ちょびこさん死ぬ予定あるの?」

トリス入院一日目。
ちょびこさんはわりと通常運転でしたが、ウィン子がトリスを探して探して可哀想でした。
20180326111416.jpg
「ままーどこー」

いつもの場所でトリスを呼んだり、トリスのケージに入って姿を探したり。

諦めてコボリにちょっかいをかけ始めたかと思ったら、またトリスを探しに行ったり。
最近とみにリスのことが好きで好きでたまらなかったようなウィン。
明日には少しは落ち着いてるかなぁ。

1週間後にウィン子も健康診断予定なので、その時に面会させてもらおうと思います。
19:32  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.02 (Mon)

もうデンカでヒナは終わりですので

20180312140812.jpg
「ふぁ~。最近ちょっと暖かいね、ちょびこさん」
「今年は春が早そうでよな」

20180312140814.jpg
「でよ~ぉっとっと」
「え」

20180312140816.jpg
「ちょびこさん、なにもないところでこけた。歳だね」
「なにもなくないでよ。スケスケゾーンがあるでよ」

20180312140854.jpg
「そういうぼくも最近目がかすんでる」
「まさか……白内障でよか? 一緒でよな」

普通に飛べるのですが、近くにあるものの間隔のとりかたがなんだかおかしいな、と思ったらトリス、右目が白内障っぽいです。
やや白く濁っています。
ショックな使用人。
トリスも歳か。
もうオババなのに過発情気味で卵を産んだりしてるから、栄養失調になったのかも……。
明日、クリニックに行って健康診断兼発情抑制のアドバイスを貰ってくる予定です。

20180312140906(1).jpg
「ちょびこさんと一緒の枠とかぼくすごくショック」
「ちょっと前まではまごだったにでよ。時の流れは残酷でよ」

20180312140942(1).jpg
「あ」
「なんでよ」

20180312140954.jpg
「ウィンが呼んでるからぼく行くね」
「へっ?」

まぁ、期間限定だと思いますが、トリス、ウィンとできていました。
ウィンはトリスにラブゲロをあげたり、頭を掻いてあげたり、トリスがひとりご飯中はずっとケージに張り付いて見ていたり、隣で騒がしく踊ったり。
トリスがウィン子を好きというよりも、ウィン子がトリスを好き過ぎてすごい。

こんだけ若い男の子にアプローチかけられているなら、発情するのも当然か。
引き離すのも可愛そうなので、トリスはダイエットしかない。
だからウィン子、ラブゲロあげるな。

20180312141006.jpg
「まじでよか」

これから春。繁殖の季節。色々心配です。

ぼりおんはウィンが気になっていて、コボリはぽいんが気になるみたいでカオス。

20:53  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |