All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2012'04.21 (Sat)

なんとびっくりまじめな話

ちょっとふと思い立って、甲状腺腫について。

甲状腺腫とは甲状腺が腫れた状態で、鳥さんにとても多い病気です。

コンパニオンバード06(2006年発売)に詳しく書いてありますが、ここでもちょこっと。
人間のことも鳥のことも、病気などに関して、基本的にネット上の知識はあまり信用しない方がよろしいので(ここもネットですが)、本当の知識を得るためには、きちんと書籍になった本などを参考にした方がよいと思われます。ネットの情報は玉石混淆です。私の言っていることも疑ってかかってください(゜θ、゜)

セキセイインコはほとんどの子がシード食ですね。

シードにはヨウ素(ヨード)が全く含まれていないので、シード食の子にはヨウ素を与える必要があります。



現在では、ペレット食の子も多くいますが、割合としては少ないと思います。
ちゃんとしたペレットっつーのは完全栄養食みたいなもんなので、基本的にはヨウ素は含まれています。
ただ、ちゃんとしたペレットというものが、鳥たちにペレットをあげていない私には、ちょっといまいち判断がつきません。
今はもうどれもちゃんとしたペレットなのかな。
このことに関してもコンパニオンバード06号に詳しく書かれていますので、興味のある方はそちらをどうぞ。

見えない何かを食べるズー。
IMG_8073.jpg
「コンパニオンバードの回し者か」

回し者ではありませんが、この号は本当に良い号です。先生たちの対談もすごくためになります。
だからこそ……だからこそリニューアル後のコンパニオンバードは軟弱で許せん……!!!!!


我が家は100%シード食です。

ヨウ素不足は甲状腺腫を引き起こします。
これは、甲状腺が腫れて呼吸器などを圧迫し、突然死などを起す怖い病気です。


私はこんなのを与えています。105円。安い。

へるめその顔がピンクに色づいたことがあって、なんぞ! と思ったらこれをがじがじしていたという。


これと、いつものネクトンS

まあ基本なんでもそうですが、なんでもかんでも与えすぎはNGです。

用法用量はお守りください。


ヒトの場合もそうですが、脂溶性ビタミンは体に溜まり、悪影響を及ぼす場合があります(レバー食いすぎたら頭が痛くなったり吐き気をもよおすというのもソレ。ビタミンA過剰摂取です)。
 
まあ、なんでも同じと考えるのも良くないですけれども。ヒトと鳥は基本的に違いますしね。鳥はビタミンCを体の中で合成できるみたいですし、Dにおいては鳥は全く利用できないらしいですし。




ヨウ素が不足すると甲状腺腫を引き起こしますが、ヨウ素の過剰摂取も甲状腺腫を引き起こします。
過ぎたるは及ばざるが如しです。


ちなみに、甲状腺腫はヨード剤不足以外にも、なんらかにより甲状腺ホルモンがつくられなくなって発症する場合もあるようです。


サプリメントなど、あんまりあれこれ与える過ぎるのも、個人的にはよくないと思うのです。が、必要なもんはあげてください。


ということで、ヨウ素って結構忘れがちなものですが、鳥にとってすごく大切な栄養素です。
あげてないかもーという方、どうか与えてあげてください。

ただ、あのピンクのブロック、嫌いって子が多いようです。


IMG_8691.jpg
「あー、りょくあのピンクいの、気味悪くて嫌いなんだよねー」

そういうりょくちゃんのメシにも毎日ネクトンが振りかけてあることに、彼女はおそらく気がついていない。

テーマ : 小鳥大好き - ジャンル : ペット

20:38  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ユチッコさん こんにちは。

甲状腺腫のこと書いてくださり、ありがとうございます。
6号、在庫がなさそうですが、たぶんバードモアで読めます。
ぜひ読みたいと思います。

あいこは、ひと月前から「ケッケッ」と咳が。。。
呼吸器系と思いきや、先生は、羽根のチェックと問診で甲状腺かもと。
換羽中ですが、翼に他より細い羽根が生えてきていました。
レントゲンで、はっきりとは写らなかったのですが~、確認。

先生に、薬が劇的に効くこともあります。ただ、喀血して突然死する場合がある病気ですと言われました。
もうびっくりで、セキセイ特集の14号やネットを見ましたが、やはり同じことが書いてあって、しょっく。

目は通していても、ボレー粉で補えているものと、スルーしていました。
でも、個々の体質もあるのでしょうね。

こちらで昔、ヨウ素酵母ボトルの写真がUPされていたのを見て、
おお、ユチッコさんは気をつけておられるのだな!と覚えていました。
ちょびこさんが、気になった時期がおありだったのですね。。。

う!ピックストーン!!
CAP!さんで、ヨウ素入りとは知らずに買って、最近まであいこのケージに入れていました!
半年ぐらい。 全く無視でした。
うう、ヨウ素。すぐそばにいたのに。
今度白色がないか訊いてみます。
(パッケージの写真だと白なのに)

とり過ぎも悪くなるとか、むずかしいところですね。
しばらく投薬が続きますので、その後の食生活もこれから相談しようと思います。

本当に、いろいろありがとうございます。

レントゲン、初チャレンジで不安でしたが、
あの絵文字を思い出したりしていました^w^





あいぼん | 2012年04月22日(日) 19:55 | URL | コメント編集

あいぼんさんこんにちは!

記事は読んでくれた方のために、ということもありますが、自分への戒めという部分も大きいのです。
私は阿呆なので、どの子も健康な状態が続くと、健康の大切さを忘れてしまいがちなんです。
でも、コンパニオンバードとしての鳥さんは住む場所を選べないので、人間側が気をつけるしかないんですよね。
気をつけてもどうにもしようがないときもありますが。
与えても食べてくれなかったらどうしようもないですよね。
鳥さんは言って分かってくれるわけでもないですし;

メールもしましたが、記事が必要ならコピーしますので(^θ^)

甲状腺は肥大により呼吸器官を圧迫しますから、きっと咳も出たのでしょうね。
咳に気がついてクリニック、ということで早期発見だと思いますが、やはり心配ですね……。

セキセイ特集の14号にも書いてありましたか!
ちょっと見てきます(゜θ゜)=3

個々の体質は絶対ありますよね!
だからこそ全てが同じ治療が通用するわけじゃないところに、希望があり、絶望がある。
でも今まで不足していたなら補えばいいのだから、きっとあいこちゃんは良くなりますよ!

ボレー粉でヨウ素を補うのは、なかなか難しいみたいですね。
あいこちゃんはわかりませんが、胃の弱い子だったらなおさら。
ちなみに、ソッソは胃が弱くてボレー粉は食べられませんでした。

そうそう、ちょびこさんが一時期死にかけたことがあったんですよね。
今考えても、あれは歳ではなく、確実なヨウ素不足だった気がします。
ヨウ素をあげている今では、換羽になってもあれほど深刻な状態にはならなくなりました。

ピックストーン、あいこちゃんは無視ですか。
嫌がる子が多いみたいですね~。
うちの子はひとりが齧りはじめたら、みんな齧り出したって感じです。
初めてイモを洗った猿現象です。
慣れるのにはそこそこ時間がかかったような。
バナナの形のやつとかは今でもほとんどかじりませんが、ピックストーンとマヌは齧るようになりました。

レントゲン、初チャレンジだったのですか!
あの絵文字に反応したので、もうなさったことがあったのかと思っていました~。
それとも、あのときにはもうチャレンジしていたのかな?!Σ(゜θ゜)

なにはともあれ、あいこちゃん、良くなるよう祈っています!
(((((((((((((((・θ・))))))))))))))
↑祈り電波
ユチッコ | 2012年04月22日(日) 21:02 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://thothseraphim.blog39.fc2.com/tb.php/1081-1d7c0f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |