FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2012'11.02 (Fri)

クリニックでのこと

IMG_1826.jpg
「こんにちは。とりっすでっす。ぼくまたお薬出された」

そんなに多い量ではありませんでしたが、そのうから菌が。

ズーとりょくちゃんからも。

りょくちゃんが一番多く、それから、とりしゅ>ズーの順でした。

どの子も菌の量はそんなに多くなかったので、クリニック近郊に住んでいるならば、1週間様子を見て再びクリニックで検診してみて判断、という流れのようなのです。
が、
私が遠くに住んでいるために、頻繁に来てもらうのも大変だろうし、ということで先生が念のためにとお薬を出してくれました。

IMG_1827.jpg
「毎日2回、掴まれて飲まされるぼく。使用人きらい」

とりしゅは前回も同じ菌が出たので、「この子だけどこかで菌を仕入れてきているのでは……」との疑惑が。

うーん。
とりしゅはふnこを齧ったりもしないしなあ。
観葉植物(サンスベリア)のとこに飛んでいっても、土にはいたずらしていないし。

謎です。

りょくちゃんは朝晩の気温差で体調崩したのかも。
サンバガラスと比べて繊細っぽいので。

大王はただいま卵を抱いていますが、ふnこもそのうもものすごい綺麗でした。
驚くほどに。

IMG_1828.jpg
「逃げ逃げ」

IMG_1829.jpg
「ここならば捕まえられまい」

べこの男の娘化ですが、鼻は赤くなっていますが、触診では異常は見られませんでした。
腫れもみられないそうです。

赤くなってもこのまま体に変調をきたさないで、十数年生きて老衰でご臨終、という子ももちろんいるようなので、ベコもそうであることを祈っています。


男の子は4、5年で精巣腫瘍が見られたりすることが多いようです。

で、手術という選択肢なのですが、出来ないことはないのです。
ですが、もしするとなれなば、まさに今、ベコのような状態で腹を捌く必要があるようです。

鼻は赤いけど、精巣に異常は見られないであろう、という状態で、です。

精巣に異常が見られてからだと遅く、他の器官への癒着などもあり、
腹を捌いたところで組織を取り除くことが出来なくなるのだそう。


「選択肢としてはあります」ということで先生に言われましたが、
特に異常のない元気な今のベコの腹を捌くとか……無理でしょう。

IMG_1831.jpg
「怖いね」

男の子は発情させすぎると、精巣腫瘍のリスクが増すようです。

2,3年前まで発情期には辞めろというのに、毎日のようにハッスルしていたちょびこさん。
よく大丈夫だな~……。

IMG_1832.jpg
「ぼくの腹さばいたらふnこしか出てこないよ」


あと、みんな換羽で羽抜けがすごいと先生が驚いていました。
とりしゅは診察台に置かれたキャリーの上で、既に疲れきって腹ばい状態。
いつもはくっつかないのに、なぜかクリニックにいくと団子になるサンバガラス。

そして、クリニックでは5割の確率で逃げ出すセラ。
今回も脅威の速さと火事場の馬鹿力で、先生の手から逃れ、床を逃げ回っていましたとさ。

テーマ : セキセイインコ大好き - ジャンル : ペット

20:50  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ユチッコさん こんばんは!
クリニック、お疲れ様でした。
そのう検査、見ていてこちらも力が入りますね。
そらは以前、菌が出て薬を処方してもらった事があります。
そらとちゅんは今月健康診断に連れて行く予定です。

精巣腫瘍の説明参考になりました。
そらも3歳6か月だし、発情も強いので心配です。
自分の病院より疲れますね!

そら | 2012年11月03日(土) 18:52 | URL | コメント編集

そらさんこんにちは!

そのう検査に関しては、セラには特に力が入ります。
スイッチが入ったら意地でも口を開かない子なんで……(・θ・;)

おお、そらちゃん、3歳と6ヶ月になるんですか!
男盛りですね!
男の子も女の子も、そのくらいの歳頃は特にお盛んですよね。
そらちゅんちゃんたちもクリニック時期ですか~。
今は寒い時期なので、外に出て風邪を引かぬようお気をつけてくださいね!

うちのベコは早熟なのか、なんなのか、1歳ちょっとの頃が一番盛んで、
その頃に大王とイタシてサンバガラスを育てました。
そして、そろそろ4歳。枯れ気味です。

わてくし、自分の病院は数年前に行ったきりでした……(゜θ゜;)
ユチッコ | 2012年11月04日(日) 20:45 | URL | コメント編集

おつかれさまでした!

ユチッコさん こんにちは。
お薬1日回を3羽分、たいへんですね(・∀・;)おつかれさまです。
鳥さんてなんか油断できなくて、心配になっちゃうけれど、診てもらえば少し安心できますね^^

病院で団子になってるサンバガラスちゃんの姿、まんがのように想像してしまってちょっと(≧ω≦)ププ←スマン

ベコちゃん大丈夫でよかったです^O^
精巣腫瘍の手術は勇気がでません(; ;)
ろうまくに赤みが出ても、老衰で大往生!それは希望が持てます!それがいいですね~。
あいぼん | 2012年11月04日(日) 20:50 | URL | コメント編集

あいぼんさんこんにちは!

お薬飲ませるのが下手なんで、鳥たちもムカムカしているようです。
いや、私が悪いのではなく、鳥たちが暴れるのがいけないんだ!
と言っても、まァ、分かるわけがないと(;θ;)

団子サンバガラス、可愛いですよ~(馬鹿親)
成鳥の腹ばいはなかなか見られることではないので、にやにやしてしまいます。
それにしても、一番疲れているのは先生なのにw

精巣腫瘍の手術、無理ですよね! やっぱり。
健康なうちに腹を裂くだなんて万が一なにかあったらと考えると震え上がります。
人間の盲腸手術並の安心度なら考えますが。

今私にできることは発情させないことくらいでしょうか。
といっても、ベコはもうほとんど枯れていますが(゜θ、゜)
ユチッコ | 2012年11月05日(月) 21:16 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://thothseraphim.blog39.fc2.com/tb.php/1206-e2519649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |