All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2014'04.08 (Tue)

いたいくらいがきもちいい

IMG_0339.jpg
「ふーん」

ズーがどこか遠くを見ています。

IMG_0342_20140408202126b3b.jpg
「ぼく?」

IMG_0341.jpg
「これ気持ちいいんだー」

木製ピンチで頭をこすっていただけでした。

IMG_0343.jpg
「クセニナルー」

やっぱりズーです。

IMG_0359.jpg
「頭挟まれてるのかとおもっちゃった」

テーマ : セキセイインコ大好き - ジャンル : ペット

20:35  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ユチッコさん、こんにちは!

ズーちゃん、いい味だしていますね(#^.^#)

カワラヒワですが、私がよく見るのは10数羽です。
ムクドリやレンジャクのような大きな群れは見たことがありません。
鳴き声に特徴があるのでわかりやすいと思いますが、ヒワ類にとってはそちらの方が食べ物が豊富なので大きな群れでいることがあるかもしれませんね。
ベニヒワは100羽ほどの群れで行動するみたいです。
昨日、公園でベニヒワが地面の種子を食べていました。
北に帰る前の腹ごしらえかもしれません。
今冬はベニヒワに楽しませてもらいました。
無事に帰ってほしいです。
人工池には鴨のカップルが飛来しました。
まだ、半分凍っていますが狭い池を泳いでいます。
これから楽しみです。


そら | 2014年04月10日(木) 17:15 | URL | コメント編集

ユチッコさん こんにちは!

2015CAP!カレンダー、漏れました・・・
これをバネに宝くじでも当てたいです。来い!サマー!グリーン?

ごしごしズーちゃ可愛いです♪
ベコちゃんの可愛さも、歳を感じさせませんね~^^

今、あいこが大換羽でオンボロで、こんなにヒドイのは初めてで、
5歳位だから身体の変化かなーと驚いています。
とりしゅちゃんの産卵は落ち着きましたか?

オ-デュボンの感想、ありがとうございました!
ユチッコさんのレビューで、また読み返したくなりました^^
読んだのがあいこを飼う前で、まだ鳥目線じゃなかった・・・


あいぼん | 2014年04月10日(木) 20:30 | URL | コメント編集

そらさんこんにちは!

ヒワについて、ありがとうございます!
じゃあきっと私が見たのはベニヒワですね!
職場の人たちも「ウワー!」というほどものすごい沢山いたので。
職場の同僚で、コンパニオンバードは分からないけれど、野鳥に詳しい人がいるのですが、遠目だったので、その人にもその鳥がなんなのかわかりませんでした。
でも今回分かってすっきりしました(^θ^)
ありがとうございます。

そういえば、いつの間にかガン系の鳥さんたちも姿を見せなくなりました。
一時期はハクチョウと一緒に、春小麦の畑にいたのに。
今思い返してみると、冬なんてあっと言う間だったなぁ。
若い頃は冬なんて早く過ぎろー、と思っていましたが、風景や鳥たちの行動などを見ていると、冬が過ぎるのがもったいなく思えてきました。

寒いのは嫌いなんですけれどもね(゜θ゜)
ユチッコ | 2014年04月10日(木) 20:49 | URL | コメント編集

あいぼんさんこんにちは!

CAP!カレンダー、漏れてしまいましたか……可愛いあいこちゃんが見られる素晴らしい機会なのに残念です。
有難いことに、私は当選しました。つまり、運をここで使い果たしました(゜θ゜)

しかし、私も宝くじ狙いますよ!
次はサマーでしょうか。グリーンでしょうか。いつも年末しか買っていないので、それすらわからない……。
先日年末の300円当選券を変えてきました。全てセラのおりんごと鳥たちみんなのトウミョウ台に消えました。

あいこちゃん大換羽ですか!
関東の鳥さんは春換羽が速いですね。
あいこちゃんも5歳なのですね。ベコ大王と同じです。
やはり5歳くらいは色々体の不調も出てくるようで心配ですね。
4、5歳を無事に過ぎれば長生きする個体が多いと何かで読んだ記憶があるので、ここ数年は我が家もはらはらしてます。

やはり北海道は未だに暖房のお世話になっているからか、まだ大換羽の兆しを見せている子はいません。
大王がちょっと毛が抜け始めたくらいでしょうか。
ただいま室温最低でも20度です。
20度でも寒くないかな……と心配になってしまう使用人。
マルハダカのへるめそちゃは保温対象ですが、北海道人室温20度以下なんて凍え死にますがな。

とりすちゃは私の顔を見ると、頭とアゴ毛がもっさり膨らみます。
もー、どうすりゃいいんでしょう(;θ;)
もともとそれほど人間好きな子じゃなかったのに。
今では以前恋人だったヘルメソに見向きもしません。
ヘルメソの毛引きはそのせいもあるのかな……。

オ-デュボン、読み返してみると、カカシの思わせぶりな態度が、人間嫌いのせいに見えて、なかなか面白いです。
どこかで人間を憎んでいて、それでも憎み切れていなくて、けれどもだからといって愛しきれなくて、それでも最期は頼ってしまうしかないもどかしさ、しかし、やはりそれは人間ではなく鳥を愛してくれる人に、といっても、自分が死ぬことで人間達が路頭に迷うなんてどうでもいい、それよりも自分が救いたいものがあり、そのためには例え自分が愛しているものを同じく愛する人間すらも利用する……という感じの。
あれは人間ではなくカカシが一番優しく感情豊かな物語でしたね。
ミステリー嫌いな私ですが、名作だと思いました。
ユチッコ | 2014年04月10日(木) 21:20 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://thothseraphim.blog39.fc2.com/tb.php/1504-c77415f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |