All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2014'04.17 (Thu)

ベコのこと

昨日クリニックに行ってきました。

つても辛い話になるのですが……ベコに精巣腫瘍が発見されました。
IMG_0624.jpg
「エッ」

来るべき時が来たな。
そう思いました。
精巣腫瘍は3~6歳によく見られる病気と言います。

今はおよそ5歳半くらい。
まさにジャストではあるまいか。

以前から言っていた通り、ベコは3歳くらいから鼻が茶色くカサつくようになりました。
そういう子は、のちのち精巣腫瘍になる確率が高い。
わかってはいたので、ずっと覚悟は決めていたつもりでした。


若い頃は鏡見ただけでゲロゲロして、ちょっと迫られたらぐいぐいいっていましたが、最近は発情もしていません。

しかし、メスの使用人には疑問が。
オッケーポーズされれば乗る、というのは発情のうちにはいるのだろうか。
ただの男としての本能なのだろうか。


IMG_0627.jpg
「どうしよう、大王ちゃん。男としての本能がいけなかったのか」
「今から男を捨てるのよ」


握ったら、お腹が出ているな、とは感じていたのですが、このくらいなら脂肪かな、と思うくらいでした。
呼吸も苦しそうではないし、元気もあります。

しかし、元気だったのにいきなり死んだ、とか書いてるブログの多いこと多いこと(゜θ゜)
そして、なぜかハルクインが多い!
ハルクインはリスクが高いのかな。
高級セキセイは並セキセイと比べて体が弱いとは聞きますが。

手術もできるが、札幌では器具も揃っていないので出来ないと言われました。
院長がいたら出来たのかな……?

もしやるつもりであれば、横浜の病院に紹介状書きますとか言われましたが、正直無理です。
マンスリーとか借りてあっちに住む気で行かねばならんし。
そしたら、今度は残った子たちはどうするの……。
どちらにしろ、手術はリスクがありすぎるので、出来ても選択はしないつもりですが。

レントゲンを撮ってもらいましたが、腹水も溜まり始めているとのこと。
腹水溜まり始めたら末期とかいいますが……(゚θ゚)

対処療法しかないので、今は腫瘍に効果があると言われている漢方薬(アガリクスだったかな。ショックでよく記憶できなかった;)や、利尿作用のある薬を飲ませています。

IMG_0630.jpg
「困った。とりあえず頭を掻いておこう」

先生は治る見込みはありませんとはいいませんでしたが、希望のある言葉も言いませんでした。
当然です。
こっちとしても、無責任な言葉なんて言われたくない。

でも、大王も「この病気は良くはならない。良くて現状維持。それを目指して頑張りましょう」って言われたけど、良くなりました。
まだ消炎剤を飲んでいる状態だけれど、先生も驚くほどに良くなりました。
ロケットみたいに飛んだり、姿勢のいい大王も見られるようになりました。
あとはもう少しダイエットして、まったく発情をしなくなれば、きっと不安は消えるでしょう。

セラも関東の先生と札幌の先生、2人に腫瘍の存在を指摘されました。
私はなんの根拠もなく、腫瘍ではない気がしたので、腫瘤と呼んでいましたが。
関東の先生には、断翼の選択もあると言われましたが、レントゲンを撮ったところ、翼の骨が溶けるほどに腫瘍が翼の付け根に浸食していて、それもできなくなりました。
小さな瘤がくちばしの付け根などにも複数あったこともあり、「いいものではないと思う」とも言われました。
でも、今も生きていますし、腫瘍はなんだかわからなくなりました。

先生からいい言葉を聞けなくても、希望はあると思っています。
今までもそうだったけど、これからもそう。

第一、私が大丈夫って思わないで誰が思うの。私が守ってあげないで誰が守るの。

頑張れベコ。
なによりも、お前がいなくなったら、大王はどうなるんだ。

てことで、ベコにはなんとか回復してもらいます。

IMG_0631.jpg
「がんばるのね」

大王の時も対処療法しかないと言われたな、そういえば。
大王はお薬の成分を徐々に減らしていって、今回で問題なければ、あと数週間でお薬卒業と言われました。


でも、ダイエットは卒業じゃないというね。
IMG_0492.jpg
「ベコちゃんがゲロくれるから痩せないのよ」
「大王ちゃんがカツアゲするから」
「ぶるぶる。僕も少しふくよかって言われた。まさか僕が。ぶるぶる」


大王も大病治したんだから、ベコも頑張ろうね。

テーマ : セキセイインコ大好き - ジャンル : ペット

20:08  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ユチッコさん、こんにちは

クリニックに行かれてきたんですね

そして、恐れていた時がやってきてしまったんですね・・・

正直、私も読んでて動悸が止まりませんでした

そうです、うちの亡きぴったんもハルクィンで
ユチッコさんもご存知かと思いますが精巣腫瘍で亡くなりました

ぴったんも男の子だったのに先生も最初は女の子じゃないの?って思ってらしたみたいでしたが
コスコスしてますしとお伝えした時に今後精巣腫瘍になる確率が高いとおっしゃってました

そして、私もその言葉通りにぴったんの病名を告げられた時
クリニックでは手術は無理なので横浜の病院でしか手術はできないので
もし手術するなら紹介状を書きますと言われましたが
そうなると当然横浜に引っ越さなければなりません

当時、寝たきりの母の介護もありましたし
チッキちゃんもいましたし正直、経済的にも無理でした

でも、黙って見ている訳にはいきませんでしたので
少しでも苦痛を和らげる緩和するしかなかったですが
それでも、何とかして守りたい
もう何が何だか分からなくなりましたが
通院と投薬治療が始まりました

術中のリスクの高さや移動の負担
どんなにリスクがあっても治るなら手術もしたでしょうが
これ以上あんな小さな体に負担をかけさせたくない

どんなに悩んでも回復の見込みはなくても
私が守らなくて誰が守るの?ってユチッコさんと同じ思いでした

ユチッコさんのお気持ちは私も少しは分かるつもりです

私達が強い思いを持たなくてはなりません

私はぴったんを守る事はできなかったけど
精一杯頑張って頑張って生きてくれたぴったん
臆病で超ビビりのぴったんが最期まで優しくハミハミをしてくれた
そんなぴったんや亡きチッキちゃんの死を
決して無駄にはしたくないと
だから今、神経質な位に発情抑制には気を遣います

本能だから発情は仕方ない
大好きなオモチャや楽しみを奪ってまで抑制する必要はないと言う方もいらっしゃいますが
私はどんなに周りから発情抑制は人間のエゴと責められても
抑制する事で少しでも元気でいてくれるなら
オモチャの楽しみよりももっとキイナちゃんと接して
楽しいと思える事をしてもっともっと元気でいて貰いたいので
これからも発情抑制は続けます

それによって少しでも病気の可能性が少なくなり
体の負担が軽くなるならできる事なら何でもします

今の私には今できる事をしっかりとやるのみです

キイナちゃんも私が一番恐れいるこの4歳を
何とか無事に超えてくれるならできる事は何でもしよう
とにかくしっかりとキイナちゃんの事を見て寄り添ってお世話するのが
今私にできる事だと思ってます

キイナちゃんも先日またちょっと体調を崩してクリニックに行き
今はお薬を飲んでますので神経の休まる時が
なかなかありませんが鳥飼いの一人として
今は精一杯できる事をするつもりです

ベコちゃん!大好きな大王ちゃんの為にも
ユチッコさんと言う強い味方がついてるんだから
腫瘍って言われてももしかしたら消える事だってあるんだから
みんなで頑張っていこうね!

ずっとずっと私も何もできないけど応援してるからね!

ユチッコさん、お辛いと思いますが諦めないで下さいね!

長々と書いてしまいましたがずっと私も見守らせて下さいね



りの | 2014年04月19日(土) 10:41 | URL | コメント編集

ユチッコさん こんにちは!

みんなで行く通常の健康診断で見つかったのでしょうか。
前回から半年も経ってないぐらいなのに・・・
心配ですが、とりあえずべこちゃんは元気そうにしているのですね!

腹水もレントゲンでわかるのですか?
利尿のお薬でうまく排出してほしい!(>_<)
べこちゃんがんばろうね。

大王ちゃんも回復したし、セラさんも大丈夫だったし
鳥さんの強さを信じます!
小さい身体だけど、半径1メートルぐらい温かみをかんじますもの。

べこちゃんと愉快な仲間たちの生活はまだまだ続く!
免疫力上げてこー!!
あいぼん | 2014年04月19日(土) 14:12 | URL | コメント編集

りのさんこんにちは!

ハルクインに精巣腫瘍、多いですよね。
他の方のブログもハルクインが多くて、それだけで気分が落ち込みました。
しかも白ハルが多い。
なにか要因があるのかなぁ……。

工藤先生がいた時代から、精巣腫瘍の手術は無理だったのですね。
札幌でも今後できるようになるのでしょうか。
できたとしても、成功率の低い現状では、私は選択しないとは思いますが。

精巣腫瘍、完治は難しい病気だといいます。
できることはするし、諦めてはいませんが、なるべくベコがこれから苦しまないよう、楽しんで生きられるように、私はお手伝いをするつもりです。
欲張りはしませんが、あと10年くらいは、腫瘍と機嫌良く付き合っていけたらいいなと思っています(^θ^)
ユチッコ | 2014年04月19日(土) 19:48 | URL | コメント編集

あいぼんさんこんにちは!

メールもありがとうございました。
そして、いきなりですみませんでした;

そうですね、通常の健康診断で見つかりました。
半年に一回受けているのですが、やはり腫瘍の予防は難しいですね。

ベコは元気なんですよね~。
でも、この子はそのうに菌がいる時でも、他の子のようにいつもと違うといったなにかしらの変化がある子じゃないので、その分心配です。
本当に調子が悪いわけじゃないのか、隠しているのか……。

腹水は「この辺がもやっとしているから、腹水がたまり始めていると思います」みたいな感じでした。
利尿のお薬、効けばいいのですが。
飲ませて一日目で尻が水ふnこで汚れていたのですが、これって、薬が合わないのか好転反応なのか。
もしくは、握られて無理やり薬を飲ませられるのが嫌だったのか。
ご飯は食べているので、薬は続けています。

ベコは大王が傍にいるだけで、免疫力を上げられると思います!
ベコも私も希望は捨てていないので、これからも頑張っていきます(^θ^)
ユチッコ | 2014年04月19日(土) 19:58 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://thothseraphim.blog39.fc2.com/tb.php/1509-e6af6b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |