All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'10.10 (Mon)

大王

0068_20161010185451c09.jpg
全員が同じくらいの歳の頃の子だと、歳を取った時にみんな一斉に病気になったりすることがあるから、その時が恐怖ですね、と
いつかクリニックの先生に言われたことを、今更思い出しています。

1790.jpg
それでも、皆早々にいきすぎる。

前日の写真ではないのですが、前日も嬉しそうにおカニを食べていました。
DSC_0015_20161010191521c3d.jpg
「おカニぷまいわ」

DSC_0009_20161010191520bdb.jpg
「おカニぷまいですな」
「ぷまいでしょう」

DSC_0020_20161010191523491.jpg
「もっと食べるです」
「なんでワテクシの方にぐいぐい来るのよー!」

幼い頃のベコも、長い粟穂を食べているのに、ソッソの方にぐいぐい寄って来ていたなぁとか思い出したり。



ベコは、最期の最期まで大王に付き添ってくれました。
IMG_1891.jpg

体がくたくたになって、それでもしっかりと目を開き続ける大王を、優しくずっとはみはみしてくれました。
IMG_1889_2016101019113759d.jpg

IMG_1892_20161010191131f95.jpg

IMG_1893_20161010191134021.jpg

IMG_1894_20161010191135926.jpg
たまに頭じゃなくて翼の方をはみはみして、「そこじゃない」と怒られていましたが。

誰かの亡き骸を前にすると、鳥たちはわりと引いたりするのですが、ベコは大王に対しては亡き骸にも優しくはみはみしていました。
IMG_1899_20161010191409451.jpg

ぽいんはあまり理解できていないらしく、大王の体に乗っかって、頭に十円禿ができるまで頭をはみはみしていました。
IMG_1900_2016101019141273c.jpg

トリスは逃げた(・θ・)

ベコは一日経って大王が死んでしまったことを理解したらしく、亡き骸を前にすると哀しそうな顔をして切ない声を出すだけで、はみはみもしなくなりました。
ぽいんは大王を土に還すまでずっとしてた。

多分、ぽいんはまだ理解できていないんじゃないかな。
遊んでくれる相手がいなくなったので、淋しそうです。
ベコもトリスもちょびこさんも遊んでくれないし。
かと言って、使用人に甘えてくるわけでもなく、独り遊びに飽きたらこっちに来るというのは変わっていない。

お友達、お迎えしなくちゃならないかな。
買うよりもTSUBASAなどから恵まれない鳥さんをお迎えしたいのだが、北海道からなら難しいなぁ。


大王は今、虹の橋の向こう側で、ズーたちと一緒に仲よくやっているはず。
鳥さんたちはみんな、私に無償の愛を与えてくれるために産まれてきてくれました。
私からも少しは返せたでしょうか。
IMG_1908.jpg
大王、私は大丈夫です。
今までありがとう。
これからもずっと大好きだよ。


19:50  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ユチッコさんお手紙などありがとうございます。逆に私が励まされました(。´Д⊂)
ユチッコさんは返せてますよ。間違いない。
ベコちゃんが居てくれて良かった。
北海道県警落し物で検索して動物の項目をみてください。迷子のインコが沢山お迎え待ってます(;_;)里親になれるのかは分かりませんが、そこからは迎えられないのでしょうか?保管期限が切れたらどうなるのだろう?
キック | 2016年10月12日(水) 17:40 | URL | コメント編集

キックさんこんにちは!

こちらこそ、素敵なブログ記事を教えていただきありがとうございます。
すごく救われました。

落し物インコ、沢山いるのですね。
ツイッターなどネットで見る限り、迷子鳥は警察に届け出ても警察で保管するのではなく拾った人やその知人などが保護している場合がほとんどみたいなので、期限が切れたらそのままその家の子になる場合が多いのではないかと思います。
私も以前インコを保護した時、警察に届け出たけれども、我が家で保護していました。
里親募集なら是非手をあげるのですが。
迷子のインコさんたちよ、我が家の庭に飛んできてくれたら、手厚く保護しますよ(笑)
ユチッコ | 2016年10月13日(木) 19:24 | URL | コメント編集

こんにちわ ユチッコさん

1か月近くPCを開いていなかったら…

我が家のシロは、相変わらずのじわじわ低空飛行です。
息をするとき プチ と音がすることがあるので、甲状腺も悪いのではないかと心配していますが、こちらの獣医さんではなんだかちゃんと診てもらえていないです。

べこちゃん 大王ちゃんの分まで長生きしてね

SAMOS | 2016年10月17日(月) 08:58 | URL | コメント編集

さもさんこんにちは

シロちゃん、まだまだ心配ですね。
私も太り過ぎは肝臓に負担がかかるから、でぶり過ぎは良くないとは分かっているのですが、食べるのが好きな子だと少し甘やかしてしまいます;

やはり鳥専門のお医者さんがいないと不安が大きいですよね。
甲状腺か呼吸器か……。
ヨウ素も足りているはずなのに。

ベコ、今は腹水が溜まっている感じは全くせず、お腹ぺったんこで、質の良いご飯とサプリメントだけでお薬は休止しています。

シロちゃんの回復も祈っています。
全ての鳥さんが幸せで健康で長生きできますように。
ユチッコ | 2016年10月17日(月) 19:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://thothseraphim.blog39.fc2.com/tb.php/1921-c6cd43e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |