All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'12.09 (Fri)

メデタシ

前回のあらすじ。
お互いの秘密基地を取り合い一触即発のトリスとぽいん。

DSC_0166.jpg
「秘密基地は渡さないですよっ」
「むっ。生意気なぽいんこめっ」

DSC_0168_201612091946333cc.jpg
「このっこのっ」
「なにおっ。このっこのっ」

DSC_0173.jpg
「トリスさんめっ」
「ぽいんこめっ」

DSC_0175_20161209194636acb.jpg
「トリスさんめ……」
「ぽいんこめ……」

DSC_0179.jpg
「トリスさん……」
「ぽいんこ……」

そして、本日とうとうトリスがぽいんの背中に乗りました。

めでたしめでたし。

それはまさに歴史的瞬間。
取り合いが鳥愛になった瞬間であった。
19:52  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ユチッコさん こんにちは!

一枚目のトリス氏の目がイケメン過ぎて。(予感的中)
こうなってから一枚目のぽいん見ると、ぽいんの目も・・・ギラリ☆
鳥愛めでたし。

間が空いてしまいましたが、愛子さん見られましたでしょうかm(__)m
番組が、金曜じゃなく木曜深夜でしたね(>人<)金曜未明というか。すみませんでした!!
共演者がもっと、つっこんだり笑ったりしてよかったんじゃないかと思いましたが、生愛子様を前にしてはムリか。
こわいこわい 前にするとふるえあがる とか言われていましたものね^m^

吉田戦車、「伝染るんです」は通らなかったんです~(それはそれで世代感)
だいぶ大人になって、ぷりぷり県を友人が貸してくれて。じわじわくる県民性まんがでした。
伊藤理佐のコミックエッセイを長年愛読していたら、いつの間にか吉田戦車とめおとになって、今は両者の子育てまんがを読んでいます。
買ってたけど、図書館で置いてくれるようになったw

返信が遅くなって今さらですが、「ぼりおんがマヌを持って浮遊」の意味が、ふとわかって吹きました。
巣づくりとか見たことないから、物を持って飛ぶセキセイが想像できなかったんです(>▽<)
マヌを運ぶとは!ジャンボのポテンシャル、楽しみ。

五十肩、おだいじに。 四十飛ばすのw
寝違えだと思うけど・・・^^




あいぼん | 2016年12月09日(金) 22:56 | URL | コメント編集

あいぼんさんこんにちは!

ぽいんのことが大っきらいで、ちょっと近くに飛んでくる仕草を見せただけで逃げていたトリスですが、
発情期の誰でもいいわ状態すごいです。
しかし、ぽいんを追いかけて追いかけて追いかけ過ぎて好きが過剰になりすぎて、近付いて興奮して羽を毟ったので、ぽいんはただいまトリスさん怖くてちょっと怖い状態です。
トリスが近付くとぽいんが逃げています。
なんだこの関係。

愛子様、見ました!
あれで93歳ですと!?
お若いですわ~。見た目もそうだけど喋り方も。
共演者も下手なこと言えないな、って雰囲気が伝わってきましたw
愛子様、肉食獣のような目力をしておられたし。
きっと100歳以上生きられることでしょう。
次の新刊が出るまでに、今まで出た本をコンプリートする必要がありそうですわ。

すみません!「マヌを持って浮遊」の意味が分かりにくかったですね(>θ<;)
もちろん齧る前のごろんとしたやつではなく、残りわずかになった直径500円玉よりひとまわり大きいくらいのマヌなんですが、
それを足に掴んでふわりとしていました。
多分、なにかに掴まって翼を羽ばたかせてみた、とかそういう感じだったのでしょうが、なんと見事な武空術。
おそらく、我が家の歴代最高位筋肉セキセイ大王にも無理な芸当です。

五十肩、まだ治らんがな……。
ユチッコ | 2016年12月10日(土) 19:16 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://thothseraphim.blog39.fc2.com/tb.php/1948-44c5df20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |