All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'05.19 (Fri)

おにく

本日、クリニックに健康診断に行って来ました。

DSC_0016_20170519180122e3c.jpg
「ちょびこはいつものお留守番でよ」

ちょびこさん、7月まで生きたら16歳になるのか……。

結果ですが、触診、糞便検査、そのう検査ともにみんな問題なし。

が、

肉が。
このところ体重測定を怠けていたので、その間にのきなみみんな太っていたという。

ぼりおんは要ダイエットです。
0001_20170519180123f32.jpg
「エッ」

ジャンボは品評会に出すのに体が大きくなけりゃいかんので、太りやすく品種改良でもされているのか、体質的に太りやすいらしい。

たしかにぼりおんは見た目からして「なんかぷよぷよしているし、太っているかもな……」とか思っていたのですが、やはりか。
0002_20170519180125d56.jpg
「ぷよぷよってなんボリ」

走る時も尻振って走るし。
筋肉の上にたっぷりとお肉が乗っている状態らしいです。
今は牛ですら上質な赤身がうりの赤毛和牛の時代。
霜降りがもてはやされる時代は終わったボリ。

ベコもややでぶ。
39g
0004_20170519180125c43.jpg
「小松菜メインになるのか……」

鳥ではまだはっきりとしたことは分からないらしいですが、犬での研究において、脂肪が腫瘍化する可能性があることが分かったようです。
太ると発情しやすくなるし、ベコは精巣腫瘍なので、肥満には気をつけなくては。

トリスは41g。
ややでぶ。
0032_20170519180128c82.jpg
「ぼくもかー」

この子は左足が関節炎なので、体重が増えるとその分足に負担がかかります。
ダイエットだー!
0058_201705191832262dd.jpg
「確かに最近体が重いんだよねー」

0012_20170519180127f8e.jpg
「実はぽいんもグレーゾーンな感じですよ」

ぽいんの体の大きさでは31g~33gが適正らしい。
今回は卵管が発達している状態で37g。
発情が終わったら体重は減少するとは思うのですが、ぽいんはずっと31~32gで推移してきて、その体重で発情し始めたのに、
ダイエットが必要なのだろうか。

とりあえず、今回の一連の産卵が終わったらダイエットの方向でと指導されました。

って、この子もう10個産んでるんです。ものすごく危険です。
室温も20~22度なのに、なにがぽいんの発情ポイントなのかわからない(;θ;)
お卵を抱く気もないのに、産むだけ産みたい感じ。
若いからかなぁ。

個人的に、標準的な体つきのセキセイの体重は、日本での標準といわれている体重よりも少し重いくらいが適当と思っているのですが、
今回はちょっといつもと状況が違うので、みんなさっそくダイエットです。

使用人もせねばそろそろ手遅れなので、みんなで一緒に頑張ろう。


ちょびこさん以外みんな要ダイエットの肉一家とは……。
18:35  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ゆちっこさんから美味しいものたくさん貰ったそうですもんね笑
ベコちゃん、凄いな。精巣腫瘍になってもこんなに元気なんて( ; ; )これからも元気に長生きしてね♡
ぽいんちゃんは怖いっ(つД`)
何に発情してるんだーい!?
キック | 2017年05月20日(土) 14:08 | URL | コメント編集

キックさんこんにちは!

人間よりもよいものを食べている我が家の鳥様たちです(゜θ゜)
ベコは腫瘍から出血までしていたのに、よく頑張ってくれています。
まだまだ元気でいて欲しいものです(^θ^)

ぽいんは発情対象が多すぎまして……。
トリスにぼりおんにそしてワテクシ。
みんなが好きでみんなにウキウキしちゃうんですよね。
でも、ちょびこさんのことはじいさまと認知しているらしく、近くに行って一緒にねむねむします。
ベコのことは……ちょっかいをかける対象のようです。
あわれ、ベコ。
ユチッコ | 2017年05月22日(月) 19:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://thothseraphim.blog39.fc2.com/tb.php/2007-e4c00f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |