FC2ブログ

All archives    Admin

02月≪ 2020年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'10.16 (Mon)

ありがとう、ベコ

ベコ、土曜日の朝に愛する妻大王ちゃんの元に旅立ちました。
8歳と10か月くらい。

1週間前よりも元気になり、体重は31g~31.5gのままでしたが、ご飯ももりもり食べていて、この状態なら大丈夫だろうこのまま回復するだろうと、朝起きてベコをチェックするのが怖くなくなってきた頃でした。
なので、正直驚きました。
次の火曜日にはふnこをクリニックに持って行って検査してもらって、お薬が必要なら貰ってくるつもりでした。

ベコは最後、私の手の中で逝きました。
穏やかな、この上なく穏やかな最期でした。
何羽も鳥さんを看取ってきましたが、これほど穏やかな最期は初めて見ました。
苦しむ素振りもせず、いつも通りの穏やかな表情で、体の力が抜けて足が伸びてもう駄目だろうと思って間もなく、私の顔をじっと見ながら、わずかに痙攣してゆっくりと目を閉じました。

そして、死に際まで、ベコは幸せだったのだと確信しました。
こんなに幸せそうな死に顔は、人間でも鳥でも初めて見たから。

IMG_1441_201710161838229a7.jpg

トリスに子供ができたので、これでベコがいなくなっても淋しくないから、自分はそろそろ大王ちゃんの元に行くべな、といった感じだったのかもしれません。
最後までどこまでも果てしなく優しい子でした。

10月初めにクリニックに連絡した時、無理やり連れて行かなくてよかった。
連れて行ったら入院になって、強制給餌になって、きっとクリニックで死んでしまっていたことでしょう。
やはり、ベコはちゃんと分かっていて、クリニックに行きたくなかったんだろうな。

精巣腫瘍と診断されてからおよそ3年半位でしょうか。
ですが、直接の死因は精巣腫瘍ではないと思います。
最近はお腹をチェックしても腫れもなく、もちろん腹水も溜まっていない状態でした。
ふnこの状態から、肝臓とか臓器の機能の低下かな、と。

腫瘍の治療の時にこれでもかというほど長期間、利尿剤や強肝剤や気管支拡張剤などを飲んだせいもあるかもしれません。
あんな小さな体に強い薬を……。
今になっては愚かなことをしたとは思いますが、あの時はそれしか方法がなかったので、後悔はしていません。

サプリや命の粟穂を食べ始めて、徐々に体の様子がよくなってきてから、思い切ってお薬は止めました。
体質改善が出来ていたのか、お薬を飲んでいた時は穿刺して腹水を抜いて貰っていたけれど、もうそれも1年半以上はしていませんでした。
腫瘍と仲よく共存できていたのだと思います。


IMG_1447_2017101618382099a.jpg
きっと、まだ生きられた。

でも、大王が来ていたんですよね。
しかも前日入り。
夕飯の支度をしている時に、鳥部屋の前を飛んでいるのをちらっと見てしまいました。

あんなにもはっきりと大王と認識したにも関らず、その時は「ああ、めずらしいな」くらいで、お迎えだとは露とも思いませんでした。

大王が迎えに来たのなら、行かなきゃね。
幸せそうな死に顔は、近くに大王がいてくれたからかも。
朝まで待ってくれたのは、今すぐ行くよって言う大王を説得してくれたからなのかな。

ありがとうベコ。
お疲れ様。
抱きしめて抱きしめて、ぐえっ、べっこ~、苦しいべな~、死ぬ。って言わせたいくらい愛してる。

だから、新しい旅立ちを、よかったねと言ってあげたい。

トリスとその子供を、大王と共に空の上から見守って下さい。
DSC_0039_20171016185444131.jpg
「ままぁ。ごはん~」
「あのさぁ、明らかにぼくより大きいんだよね、ぼくの子」

しかも、もう一人でご飯が食べられるのに、トリスはまた甘やかし始めました。


北海道はそろそろ雪です。
安心してね、ベコ。雪が降る前に大王の隣に寝かせるから。

19:03  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おやすみ べこちゃん

幸せな幸せな鳥生だったね
どこまでも優しく思いやりの深いパパでしたね
ゆっくり休んで 大王ちゃんたちと仲良くね

ゆちっこさん 私も涙がとまりません
元気だしてね
samos | 2017年10月17日(火) 18:57 | URL | コメント編集

べこちゃんありがとう

べこちゃんは私もブログ越しからずっと見せて頂いていましたし
たった一度だけでしたがべこちゃんにもお会いできました
本当に優しいべこちゃんでしたね
優しく愛情深く大王ちゃんを愛してみんなに愛されて
本当に幸せだったと思います

そして、キイナちゃんもべこちゃんから教えて貰った粟穂や
ご飯病気も完全に克服できた
べこちゃんのおかげです、べこちゃんにキイナちゃんと共に
感謝の気持ちでいっぱいです
返信不要です


べこちゃん、頑張ったよね
ゆっくり休んでね・・・・
これからは大好きな大王ちゃん達みんなと虹の国で
楽しく遊んでね
キイナちゃんもいるから仲良くして下さいね

そしてお空からみんなを見守ってね

べこちゃん、本当にありがとう

涙で画面がぼやけてよく見えません

何だかうまく言葉にならずごめんなさい

べこちゃん、いつかまた会おうね


りの | 2017年10月18日(水) 02:19 | URL | コメント編集

さもさんこんにちは

本当に優しい子でした。
最後まで子供のことを考えて、それでもずっと大王のところに行きたかったんだろうな。
これまでのセキセイの中でも、一番長生きしてくれました。

できることなら、もっと一緒にいたかった。
わがままだけど。
ユチッコ | 2017年10月18日(水) 18:17 | URL | コメント編集

りのさんこんにちは

本当に、鳥からも人間からも愛された子でした。

今は虹の橋の向こう側で、キイナちゃんたちにも出会っている頃だと思います。

こちらこそありがとうございました。
ユチッコ | 2017年10月18日(水) 18:20 | URL | コメント編集

うまく言えなくて
いまに至る。
べこは私にとってもすごく大事な子だから。
どうしていいかわからない。

でもゆちっこさん
頑張ったね。
きょんた | 2017年10月18日(水) 20:11 | URL | コメント編集

ベコちゃん ありがとう。

おなじく、、、 いまに至る。


ユチッコさんの手の中で、穏やかに旅立ったのですね。
大王ちゃんが来てくれて、こわいことなんて何もなかったんじゃないかな。
こんなに安らかなお顔で、天使かな。

かなしくてくるしいけど、ベコちゃんりっぱだったから、ちゃんと見送りたいっていうか、まあ泣くけど。 しゃーない。 涙
たくさんのパワーと希望をもらいました。
いつも優しくて、つよかったよね。
愛しいベコちゃん! またね!
あいぼん | 2017年10月19日(木) 11:19 | URL | コメント編集

最近記事を開けるのが怖かったんですが、そうですか、大王ちゃんがお迎えに来たのですね(;_;)
手の中で最期をお迎えさせてくれたなんて、本当に優しくて親孝行なベコちゃんですね。
穏やかに逝けて本当に良かったです。
ポンコツになってきたしんどい身体から抜けて、今は大王ちゃんとブンブン飛び回ってるでしょうね。
ベコちゃん、今まで精巣腫瘍の希望の星でいてくれてありがとうございました。
ベコちゃんが頑張って長生きしてくれてたから、とっても励みになりました。
あの世からゆちっこさんファミリーを見守ってね(;_;)
ありがとう。
キック | 2017年10月19日(木) 13:34 | URL | コメント編集

きょんたさんこんにちは

ベコが、すごく頑張ってくれました。

みんな最高だけど、ベコはその中でも我が家にとって最高のアイドルでした。
死んだ私の父親もベコのことは可愛がっていたもんなぁ。
「こいつは暇なしクソたれる」ってw

大王が一緒だから、私も安心して送り出せました。
ありがとう。
ユチッコ | 2017年10月19日(木) 19:12 | URL | コメント編集

あいぼんさんこんにちは

ベコは最後まで誰にも優しい子でした。
気が狂いそうなくらい淋しいけれど、哀しいという気持ちよりは、よかったねという気持ちの方が強いです。
なんてったって、最期に大王が来てくれたし、最期のあの幸せそうな顔だし。

本当に、写真では表現できないくらいに、幸せな顔をしているんですよ。
こんな死に顔見たことない。
もう微笑んでるんだから。
びっくりしたもん。

ベコが無念ではなく、希望に溢れて大王と一緒に旅立ったと確信できたので、私も笑顔で見送ってあげたいです。

いや、泣くけどさ。
ユチッコ | 2017年10月19日(木) 19:17 | URL | コメント編集

キックさんこんにちは

大王、迎えに来ていました。
前日の18時頃、既に暗くしてドアの閉めてある鳥部屋の前で飛んでいる大王の体がはっきり見えました。
こんなのこと、滅多にないのに。

最期に手の中で見送ってあげられて、本当に良かったです。
ベコは遅い時期まで母親と一緒のケージで育てられて、我が家に来てからも一人でいることを知らない子なので、
きっとひとりで逝くことは考えられなかったのでしょうね。
どこまでも可愛い甘ったれインコでした。

今は大王と手をつないで渡った虹の橋の向こう側で、先に逝ってしまった子供たちや、キックちゃんと出会っているころだと思います。

今までベコを見守って下さって有難うございました。
ユチッコ | 2017年10月19日(木) 19:24 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2017年10月21日(土) 01:34 |  | コメント編集

鍵さんこんにちは

優しいお言葉ありがとうございます。

ベコは最期まで綺麗でした。
死に顔まで綺麗で表情からも苦しみなど一切読みとれなくて、悲しんじゃいけないのではと思ってしまうくらい。

小鳥の部屋のご飯などをお教え下さったのはあなた様でした。
命の粟穂とライフパウダーは特にベコの役に立ったように思います。
命の粟穂と他の粟穂の食いつきの差は、今いる我が家の子たちも全然違いますし、食欲が落ちた時もベコは喜んで食べていました。
素晴らしい物を教えて下さり、本当にありがとうございました。
ユチッコ | 2017年10月24日(火) 18:29 | URL | コメント編集

安らかに。

はじめまして。

今年の2月に我が家のぴこちゃんが精巣腫瘍と診断されて、いったんは手術を決心したのですが、あまりにリスクが高いのであきらめて、どんなことでもいいから病気に関する情報をと、必死に探してたどり着いたのがユチッコさんのブログでした。

サプリや餌をすぐに注文して、やっとアメリカから届いたのが一か月後。もう厳しいでしょう、と獣医さんにも見放され、今日明日にでも、というタイミングだったのにもかかわらず、そこから奇跡のように持ちこたえ、半年の間さほど苦しまず、一生忘れることのできない大切な思い出を私たちにくれて、9月に旅立ってゆきました。

ベコちゃんは私たちの最後の、唯一の希望でした。医者に見放されても、実際に精巣腫瘍でも頑張って復活したベコちゃんがいる、それだけを拠り所に、どんなに看病が大変でも頑張ることが出来ました。

べこちゃんのおかげで、最後に大切な大切な時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。

これからもほのぼのとしたブログ、楽しみにしています。
ほいみん | 2017年11月06日(月) 07:53 | URL | コメント編集

ほいみんさん、はじめまして

はじめましてこんにちは。

ブログにお越し下さりありがとうございます。
世界中にいる悩めるセキセイさんのお役に立てたのなら、精巣腫瘍で苦しんだとしても、それがベコの誇るべき運命であったのだと思います。
ベコは私の天使であり誇りです。

精巣腫瘍の手術は、セキセイにはまだリスクがありすぎますよね。
以前国内で成功した例は1つだけあるとも聞いたことがあるのですが、それも長生きはしなかったとか。
小さい体に大きな手術はまだまだ厳しいとしか。

そうなるとサプリやご飯に頼るしかないのですが、食べているものが細胞を作るのですから、結局はそれって生きて行く上での基本なんですよね。
精巣腫瘍に効くごはんやサプリは我が家にも常にストックがあるようにしていましたので、言ってくださればすぐにお分けできましたのに。
考えてみれば、ベコもご飯や愛情や幸せや祈りや希望やご縁など、皆様から色々な物を分けたり分けて貰ったりでこれまで生きてきました。心から感謝です。

ほいみんさんが希望を失わずに最後まで手を尽くされた愛鳥さんは、愛情を注がれてこの上なく幸福な鳥生だったに違いないのでしょうね。
9月に旅立ったのなら、10月に旅立った我が家のベコとも虹の橋の向こう側のどこかで会ったかもしれません。
少し頭がでかい(物理的に)ですが気のいいやつなので、仲よくしてくれると嬉しいです。

ベコを希望と言って下さり本当に嬉しいです。
どこかの鳥さんの役に立つために、ベコは産まれてきたのだと、それだけでベコはやはり私にとって奇跡の鳥です。

こちらこそ、今までベコを見守って下さりありがとうございました。

全ての鳥さんが幸せで健やかでありますように。
ユチッコ | 2017年11月07日(火) 23:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://thothseraphim.blog39.fc2.com/tb.php/2060-efe30282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |