FC2ブログ

All archives    Admin

03月≪ 2021年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2021'01.30 (Sat)

胃が寂しがっている

主のいないケージを片付けたからか、ちょびこさんのいない生活に慣れてきた鳥たち。

ぽいんはもうちょびこさんを探したりはしません。

DSC_0054.jpg
「あ、ぽいんは今ちょっと忙しいので」

デンカは別の意味で寂しいみたいです。
DSC_0057.jpg
「はぁ……。ちょびこさんがぶっちらかしたご飯が恋しいわん……」

DSC_0059.jpg
「たまにケージから飛んできたかぼちゃシフォン、それにペレット、食べたいわん」

デンカはちょびこさんのケージの周りをうろうろして、ちょびこさんが飛ばしたご飯を探していたりしたので、それができなくなった今、
胃袋が恋しがっているようです。

ちょびこさんからの施しがなくなった今、痩せるかと思って期待していたのですが、別に痩せず。

腹が減りすぎて、他の子をぶっとばしてご飯を横取りしているので、逆に太ったか。

DSC_0033.jpg
「わかる~。コボリもよくちょびこさんのうちに侵入してご飯を盗み取っていたからさびしい」

そのせいではないと思うのですが、コボリが一時期体調を崩したので、夜間ひとりケージにして特別保温などして、ご飯も欲しいと言うだけもりもりあげていたら、回復した今もなにかにつけてご飯が欲しいと甘えてくるようになりました。

それでもコボリはぶくぶくにならない不思議。
と思っていたら、なにやらレオちゃんがぶくぶくに……。

体力をつけさせるためにコボリに食べさせていたのに、その一部はレオちゃんの胃に横流しされていたのであった。

DSC_0129.jpg
「おお! ばれたぞ、コボリ!」

DSC_0047.jpg
「ちょびこさんとワテチの記憶……。ワテチが背中に飛び乗ったとき、潰れたカエルみたいになったちょびこさんが一番の思い出」

考えてみたら、トリスが旅立ってからちょびこさんはケージに籠ることが多くなり、白内障も進んでやがてケージから出てこなくなって、新しい子供たちとあまり接してなかったな。

接したら接したでしっぽひっぱられたりして、おもちゃにされてたし。

もともとちょびこさんはお気に入りは一度にひとりだけ、って主義だったし、ぽいん以外の鳥のことはほとんど目に入っていなかったのかも。

今は一番のお気に入りをズーとトリスのどちらにするかで迷っていることでしょうな~。
20:45  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://thothseraphim.blog39.fc2.com/tb.php/2353-20863fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |