All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011'11.08 (Tue)

本日診察

こんな感じで7羽を一気に連れて行きました。

記念撮影。
IMG_5348.jpg
クリニックまでは高速道路使って、片道約2時間なので一度に全員診察をしてもらっています。

上から
紫→りょく
緑→大王ちゃん
青→べこ
黄色→サンバガラス
ピンク→セラ
です。

ケージに押し込めるときに、予想通りズーが逃げ出して「こりゃ遅れてしまう」と思ったのですが、まあズーなのであっさり捕まって、無事出発することができました。


IMG_5328.jpg
「車に乗ると暴れ出し血を流すほどの怪我をしたちょびこは、例によって例のごとく、お留守番でよ」


結論から言うと

りょくちゃん以外は全員

お薬処方されました

(゜θ、゜)

セキセイズはそのう炎になりかけで、まだ症状は出てない初期だったので、特に心配するほどでもないのですが、セラの腸内細菌の乱れが一番心配な感じです。
朝いちのうnちがにおうなー、って思っていたのですが、予想通り「うnちにおう菌」が検出され抗生物質の投与です。
なにがダメだったんだろう(;θ;)

セキセイズは野菜が原因、かな。
前にも夏場に野菜を食べ過ぎて菌が出たことがありました。

ベコはちょっと代謝が悪くなっているようで、太り気味でした。
鼻の皮がむけて色がちょっと赤くなっているのも、代謝が悪いからみたいです。
IMG_5272.jpg
スリムなのがウリのベコだったのに、このままではただの色白小太り中年インコになってしまいます。

「エッ」


ちょびこさん、鳥たちがみんないなくなったのがよほど寂しかったのか、先ほど(夜の11時過ぎ)まで、使用人の肩でべたべたしていました。

ちょびこさんだけは特別扱いでケージ就寝ではなく、秘密基地就寝なので、放鳥しっぱなしではあるのですが、ちゃんと寝る時間はわきまえているので、普段ならばセキセイたちよりも早くに就寝します。

それを破ってまで使用人に張り付いているということは、朝いきなりみんながいなくなってしまったことが、よほど不安だったのでしょう。


ようやく今、定位置で眠りについたちょびこさんです。



で、クリニック帰宅後、りょくちゃんが機嫌悪くてすごいです。

画像ご覧の通り、虫かごみたいなキャリーなので、カキカキを所望できないのです。
先生に診てもらったあとも、隅っこでうずくまって負のオーラを発していました。

下品な声で鳴くりょっくん。
りょくの凶悪声
昔のりょくちゃんを知っている人にはショックな動画かと……。

ぴりちゃんとぴよちゃんが来たときに思い出した「ピュ~ン」という甘い鳴き声、
最近また忘れました。

この鳴き方を教えたのは大王かへるめしゅです。

使用人のせいではありません。

テーマ : 小鳥大好き - ジャンル : ペット

00:09  |  家鳥  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |