All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'11.08 (Wed)

子供ふたりはぽいんが怖い

20171027150436.jpg
「あっ。可愛い子がいる」
「ト、トリスおばさ……」

20171027153352.jpg
「こぼりちゃん、おばちゃんはまずい。トリスちゃんって言って」

20171027150442.jpg
「あ、ト、トリスちゃん……」
「むっ。ぼく、そんなに心狭くないよ」

心が狭いひと↓
20171019111850.jpg
「がるがる。いつまでぽいんの家にいるですか」
「え、ここぼくの家じゃ」

20171020130200.jpg
「がる……」
「ぽいんちゃんは狂犬病ぼり」

20171020130336(1).jpg
「がる……がる……」
「コボリがトリスおねぇちゃんの方になつくのに無理はないぼり」

育児疲れなのか、ぽいんは最近がるがるしています。

トリスは亀の甲より年の功で、疲れ程度ではイライラしません。
余裕余裕の通常運転。

むしろ、トリスはコボリの可愛さに、うっかりご飯をあげる程度には母性本能が旺盛。
そして、ぽいんはコボリの鬱陶しさに、ほっぺたの毛を毟る程度には本性が狂犬病。

そりゃウィンちゃんだけでなく、コボリもトリスになつくわ。

最近はぼりおんも。

(゜θ゜)
19:57  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.04 (Sat)

可哀想なコボリ

ぽいんに何を教わったのか、ぽいん以外の鳥にも人間にも心を開かなかったコボリですが、巣立ち後まもなく、ご飯をねだるとぽいんから攻撃を受けるようになり、ぽいんにも心を閉ざすようになり、すっかり鳥不信に。

しかし、一緒に過ごすようになって、ウィンちゃんだけに心を開くようになりました。

20171024082756.jpg
「ご飯ねだったら、ままに攻撃されちゃったの……」
「可哀想に。ぼくが頭を掻いてあげるね」

20171024082812.jpg
「ウィンちゃん優しい……」
「ぼくが側にいるからね」

流石にトリスの子供。鳥たらし。

ヒナっヒナの頃はウィンちゃんが近くに寄っただけで怒ってたのに、今ではめろめろ。
すっかりウィンちゃんの金魚のふんです。

大人ヅラしているウィンちゃんですが、コボリに隠れてこっそりトリスに頭掻いてもらったり、ご飯もらってたりしてるけど。
20171026125536.jpg
「ままぁ。掻いて掻いて」
「こんなに大きくなったのに、仕方がない子だね」

20171026125544.jpg
「ままぁ。ごはんごはん」
「んがぐぐ」

20171026125542.jpg
「もっと」
「もう無理だっ」

ぽいんと違ってトリスは大分大きくなっても甘やかし、結局、ウィンちゃんが「もう一人で食べられるから、ままのご飯いらない」と言うまで、自分から積極的にご飯をあげようとしていました。
ご飯はあげませんが、今でも頭を掻いたりしています。

「ごはん欲しい」というコボリを突き放したぽいんとはえらい違い。ぽいんのやつ、自分は甘ったれて1カ月半くらい一人餌になれなかったくせにの。
もちろん、ぽいんはもうご飯どころか頭を掻くこともせず。
コボリは怖がって、あまりぽいんに近づかない。

今日気がついたのですが、コボリのほっぺた付近に毛の毟られた跡がありました。
多分、ぽいんがやった。

20171027130256.jpg
「コボリ、ウィンちゃんについて行く」
「ふふ、可愛いコボリちゃん」

20171027130306.jpg
「ぽいんおばさんの代わりに、ぼくがご飯をあげるよ」
「えっ」

20171027130326.jpg
「たんとお食べ」
「ウィンちゃん、コボリは嬉しい」

20171027130328.jpg
「もっともっと」
「んがぐぐ」

20171027130330.jpg
「もっともーっとお食べ」
「あの、ぼく、もうそのうまんぱい」

愛情深い子に育てられた子は、やはり他人に分けてあげられるほど愛に溢れているのだな。

毎日いっちゃいっちゃしてますよ。
22:05  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.03 (Fri)

赤子たち

結局今回も使用人は育雛に手伝わず、トリスとぽいんに丸投げでした。

3週くらいで取り上げてご飯をあげようと思ったこともあるのですが、母インコたちの一生懸命な姿に、今回もヒナを誘拐することができませんでした。
大王の時もそうだったけど、大変そうだけど幸せそうなんだもんな。
筆毛が生えてきたらずっとつくつくほぐしているし。
うらやまし。

巣立ち直後はご飯のこともあってケージは親と一緒でした。
一応一人でご飯は食べられる状態でしたが、なにかあったら大変なので。
20171016072418.jpg
「まま。ごはん」
「ちょっと待ってぼく今そのうがからっぽ……」

20171016105512.jpg
「ようやく出られた」
「体が大きいからぽいんも沢山たべなければいけないです」

肩がひっかかって●穴から出られなかったので、上のフタを外して出て貰いました。
20171016105516.jpg
「ジャンボ用の巣箱にしてほしい」

ジャンボ1羽だからよかったけど、これが3羽とか4羽だと溢れだすな。

最初はわりと仲がよくなかったおふたり。
20171016095532_20171103212208f45.jpg
トリス子のウィンちゃんはぽいん子の小ぼりおんに優しくするのですが、ぽいんに何を教わったのか、小ぼりおんはウィンちゃんに心を開かず。

20171016095738.jpg
「これはなにー」
「あの、小ぼりちゃん、重い……」

20171016095744_20171103212211efb.jpg
「くるま?」
「重い……」

20171016112928.jpg
「ぽいんまま、ごはん」

20171016112922.jpg
「やつれるです」

20171016105608.jpg
「ようやく巣立ちが完了して、ゆっくりお野菜も食べられるよ」

20171016105634.jpg
「早食いの癖がついちゃった」
「トリスおねぇちゃんお疲れ様」

20171016105658.jpg
「ちょびこ、イン、皿」
「ふう~」

20171016105706.jpg
「でも気になるから、ちょっとご飯あげに行こう」

20171016105708(2).jpg
「かまうでよ」

ちょびこさん、トリスに相手にされなくて、ちょっと淋しそうです。
その代わり、最近は子供たちにすごまれていますが。

20171016122556.jpg
「穴、落ち着く」

まだまだクチバシの黒い赤ちゃんです(^θ^)
21:47  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'10.31 (Tue)

子供たちの成長

ぽいんは神経質なので経過を撮れなかったのですが、トリスはおおらかだし大王の子ということもあり、そこそこどっしりかまえているだろうということで、経過観察に協力してもらいました。

溜まりにたまったふnこ(写真はさっと撮れるけどさすがに巣をいじるのはトリスが嫌がるのでできなかった)とかばっちり写っていてまぁ汚いので、苦手な方は閲覧禁止で。

9月17日。トリスの子、孵化1日目。
20170917154410.jpg

2日目。
20170918095658.jpg

3日目。
20170919141542.jpg

5日目。
20170921105346.jpg

6日目。
20170922094916.jpg
この小さな子は次の日にはお星様になってしまいました。

7日目。
20170923074912.jpg

8日目。
20170924094642.jpg

9日目。
20170925134024.jpg

10日目。
20170926092648.jpg

11日目。
20170927110322.jpg

12日目。
20170928144510.jpg

13日目。
20170929104254.jpg

15日目。
20171001140100.jpg

17日目。
20171003131654.jpg

この頃からベコが調子悪くなり始めたので、ヒナの画像を撮るのを忘れてました(`θ´;)

23日目。
20171008142124.jpg

24日目。
20171009112108.jpg
それと、23日目のぽいんの子。
20171009114226.jpg

25日目のトリスの子と、26日目のぽいんの子。
20171011112706_20171101182727a58.jpg
一日違いとは思えない発育の差。
ぽいんの子はまだご飯を貰っていたので、写真を撮る時だけ巣箱から出してます。

26日目。
20171012142650.jpg

27日目。
20171013113122.jpg
20171013144458.jpg
この頃になると発育の差はわかりません。

28日目。
20171014091522.jpg

29日目。
20171016095532.jpg
20171016071538.jpg
ようやくぽいんの子が巣立ち。
なのですが、でかすぎて巣箱から出て来れない。

現在。
DSC_0240.jpg

こんな感じの成長でした。

トリスの子。
20171016122520.jpg
名前はウィン。
ほっぺたの色がトリスの色で紺色。
しっぽもトリス色で濃紺。

ぽいんの子。
20171016122600.jpg
名前は銀星。
ほっぺたの色はぼりおんの色で水色。
しっぽもぼりおん色で真黒。

ほんとは百歳まで生きるように、金さん銀さんにしようかと思ったけど、いや、それはやはりあんまりだ、ということで、色々名残はありますがこれらの名前に落ち着きました。

半荒のトリスに育てられたウィンちゃんは、人間大好きのべったべた。鳥からも人間からも愛されていることを疑っていない様子。
我が家一の人間スキーべたべたぽいんに育てられたギンセイは、既に半荒。何故か人間不信で鳥にもぽいん母にではなくウィンちゃんにしか心を開いていない。

うーむ。

とりあえず母インコたち、お疲れ様。
いまだにウィンちゃんはトリスにご飯をねだるけど。
19:13  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'10.29 (Sun)

最後の思い出

ベコの画像を整理していたら、まだ投稿していないかつ可愛い画像があったので、ベコの最後の思い出投稿ということで。

よく頭にふんわりをつけていたベコ。
どうやったらこう上手くつくのか知りたい。
20170902093828.jpg
「ベコだって分からないべな」

20170902093836(1).jpg
「気になるな~」

20170902093844.jpg
「とれない」

20170902093852.jpg
「とれないっ」

20170902093858.jpg
「ひと暴れしてもふんわり」

トリスとも仲がよかった。
20170904100750.jpg
「ぱぱ。ぼくね、最近……」
「な、なんべな」

20170904100754.jpg
「変顔練習してるんだ」
「よすべなこわい~」

淋しいけど、大丈夫大丈夫。私もみんなも大丈夫。

そんなトリス、ベコの亡き骸を見せた時、すごくびっくりしていました。
まさに、言葉を失った時の顔。
ベコをじっと見つめて、呆然としていました。
それから、ベコの頭をはみはみして、ご飯をあげようとしているのか、クチバシをこじ開けようとしていましたが、ベコが動かず反応せずのその現状を理解したのか、まだ少し呆然としたままでしたが、羽繕いしてあげていました。
トリスはサンバガラスの中で、ベコ愛の遺伝子部分を一番強く引き継いだ子なんだな~、と改めて思いました。
とても愛情深い。

ベコを見せるとちょびこさんは引いてたし。
ぽいんは頭の毛を毟ろうとしてたし。
ぼりおんはベコが好きだから大人しいベコに興奮して頭でっかくしてたし。
(・θ・)

そんなトリス、ベコがいなくなって元気をなくすかと思いきや、それどころじゃないらしいです。

20171026104554.jpg
「おなかすいたー。ままはいつご飯くれるのかなー」

20171026102434.jpg
「疲れたびー」

こいつ、こんなにでかくなってもご飯をねだるぞ。
もちろん、自分でご飯食べられるのに。

まだまだ動きが怪しく目が離せないので、私も悲しんでいる暇がないです。
人間であれ鳥であれ、子供はいつだって希望ですな。
いつまでもめそめそしているよりも、これはこれでいいことかもしれないね、ベコ。
20:39  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT