FC2ブログ

All archives    Admin

05月≪ 2020年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'07.11 (Mon)

うみう、に会いに

うみうです。
IMG_1254.jpg

うみうに会いに、陸路で往復6時間かけて帯広まで来たですよ。
IMG_1253.jpg

カラスのうみうさんです。
IMG_1258_20160711200038ae8.jpg
「だれだおまえ。あくにんか」

使用人に攻撃しつつ怯えるうみうさん。
攻撃するなら怯えるな。


大王とりょっくの元親さんである鳥友さんが、カラスを保護したので、会いに行って来ました。

ひさみつも元気でした。
が、突然の新入りにヤキモチ焼いてちょっと不機嫌。
IMG_1262_20160711200039539.jpg
「ニンゲンドモガ」

IMG_1264_20160711200041a70.jpg
「ドウセワカイコガイインダロ」


行政は保護とかいいつつ、まだ飛べないカラスのヒナを捕獲して山に捨てて、キツネやアライグマの生き餌にしています。
攻撃と威嚇の区別もつかない人がぎゃあぎゃあ騒いで、捕獲されて殺されていくヒナ達。
カラスが子育てしちゃ駄目ですか。

縁があって命拾いしたうみうさん。
両足の指が伸びてしまってちゃんと歩くのもままならず、うまく枝につかまることができません。
IMG_1266_20160711200150722.jpg
でも元気。

そして、甘ったれ。
IMG_1267_20160711200152b0b.jpg
まだ保護してから1週間くらい。
しかし、私のことは全力警戒なのに、保護主さんには甘えた声を出すというこの差。

カラスって本当に頭がいいんだな、と思いました。
最近ぽいんを見ていたからなおさら。
そうか、やはりぽいんは馬鹿なのだ。

カラスの行水。
IMG_1269.jpg

暇なし食べているからか、暇なしくそをしていた。

ちょびこさんのくそも初めて見た時びっくらこいたけど(体のわりにでかい。セキセイより小さいのに、セキセイのくそよりでかい)、カラスのくそもたいがいだった。

さっぱり。
IMG_1272.jpg
手乗り。
IMG_1273.jpg

一人でご飯を食べられるのに口を開けておねだりしたり、顔を近づけてじっと目を見つめてクァ~と甘えた声を出したり、
私がちょっかいをかけたら怒り狂い、その直後に助けてくれ~と言うように、保護主さんに甘えたり。

なんか囁いているんですよね。
よく聞くカー、って鳴き声じゃなくて、クァ~とかク~って小さく甘い声。
こりゃ可愛いわ。

ときどき諦めたようにちょっと頭を撫でさせてくれました。
頭皮が見えてるので、今は亡き父の後頭部を見ているようで切ない気持になりつつ、ハゲかと思ったらなんと、ふわっふわ。
ヒナ特有のクチバシの付け根のぴよぴよも隙を見て触ったら、ぷよぷよしてた。
プライベートゾーンらしく、すごい嫌がられたけど。


うみう、末長くお幸せに(^θ^)
20:31  |  外鳥  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2016'06.21 (Tue)

ふくろうカフェでもビールのんだ

原宿駅前を歩いていたら、突然道端にふくろうさんが。

ふくろうカフェの客引きです。

トキョはすごいですな。

そろそろ鳥友さんともお別れの時間……でも、もう少し時間あるし、ビールでも飲んで休むか(ちなみに昼にもビールは飲んでいる)、とか言っていたので、ちょうどよい出会いでした。

今まで散々鳥と遊んで置きながら、まんまと店内に。
201606181644.jpg
ラブラブらしいおふたり。
今まで、めんふくろうって顔がのっぺりしていてそんなに可愛いもんじゃないなとか思っていましたが、じかに触れ合えて認識変わりました。
すごく可愛かったです。
過去の自分に、己の顔見てから他人を可愛いかどうか判断すれとか言いたい。

あごをきゅっとまふまふすれば、顔がハート型になります。
160618_1644~01
カフェにあったビールはもちろんネストビール。
ロゴがふくろうさんのビールです。

でも、黒ラベル飲みました。
トキョなのに朝日でもキリンでもサントリーでもなく、サッポロの黒ラベルを置いているところがニクいね。
まだ明るいのに何杯目か。

小さい子たちを撮っているのに、大きい子の写真がないのに、今気が付きました。
160618_1642~01
他にも3羽、大きい子がいました。
ガラスのようなオレンジ色と金色の大きな目が印象的な子たちです。
とりあえず、大きな子の尻の毛がまっふまふだったので、顔を埋めてきました。
なんも匂いがせんかった。

おさわりもオッケーだし、乗ってもくれますよ。
勇気があれば素手でもオッケー。
私はもちろん素手。むしろ傷つけられたい。
160618_1642~02
この子は手のひらにちょこんと乗ってくれました。

やはり触れ合い系は写真が少ないな。
写真どころじゃないもんな。

トキョの鳥旅、楽しかったです!
鳥友さんもありがとうございました!
ぐいぐい逝く奴ですみません。
また鳥ハシゴしながらビールが飲みたいですw
懲りずによろしく。
20:29  |  外鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'06.20 (Mon)

東京の旅

無事北海道に戻ってきました。
0067.jpg
「生きて帰ってきたデヨカ」

生きて帰ってきたデヨ。

念願の小鳥カフェに行って来ました。
160618_1148~01

今回のおともはセラ。
160618_1117~01
「セキセイケーキ美味しそう」

一緒に行ってくれた都会の鳥友さんは限定のバリィさんケーキ。
160618_1117~02
「どっちもうまうま」

別料金でおさわりできます。
御指名は2羽まで。
20160618113.jpg
ちょっとしたキャバクラです。

グッズも豊富で素晴らしい空間でした。
また行きたい。
今度は吉祥寺の方にも行ってみたいな~。

お次のエンピレオ。
160618_1333~01
こちらはオオハネナガインコさん。

カフェではなく、ひたすらにおさわりできる場所。
5羽ほどいて、今回は体調の機嫌のよい4羽と触れ合いました。

おねぇさんが「この子は甘噛みでも痛い」と言っていたのですが、本当にその通りで、こやつの甘噛みで爪が白くなりました。
160618_1340~01
2015年に産まれたばかりで、まだまだヤンチャのきかんぼさん。

目さえ潰されなければ指くらい欠損しても生きていける、という感じで日々危険に立ち向かっているので、負けじと構っていたら、またしても甘噛みで指から血が出ました。

おねぇさん、これ本当に甘噛みか。

でも、確かにこの子たちの本気噛みなら、人間の指の一本や二本はぼっきりいけるでしょうしね。
考えてみたら、機嫌が悪い時のセラの本気噛みの方が痛かったわ。

しまいには耳の穴に舌をつっこんでレロレロしてくるし。
なかなかのテクニシャンでした。

あっ
201606181321.jpg
という間の
2016061813220000.jpg
30分。
2016061813200000.jpg
むむ。4羽目のヨウムさんの写真がなかった。
さわるのに夢中過ぎて今回は写真が少ないですな。

アケボノインコさん。
大きさとか一番セラに似ていて、なんか色々構ってしまった。
160618_1332~01
ご機嫌で口笛とか吹いてくれたよ(^θ^)

でも、終始私たちには見えない天井のなにかを見ていた。

続く。
20:44  |  外鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.10 (Thu)

宮崎二日目

宮崎2日目は

沈丁花。初めてモノを見ました。香りも石鹸みたいな爽やかないい香り。
IMG_0958.jpg
「い~と~し~おもかげのじ~ン~ちょうゲ~」

池にたたずむ鳥さん。
置きものかと思ったら動いた。
IMG_0959.jpg


向こうに小さく見える鳥さんと記念撮影。
IMG_0960.jpg
「中央右奥にいますよ」

初めてカワセミさんを生で見ました。
中央にとまっています。
IMG_0962_201603102043517d6.jpg
私のデジカメではこれが限界。
とてもありがたい蓮の池なのですが、私的見解ではこれは沼。
あの蓮のあの穴ぽこぽこ空いたあのおぞましいあのあれが沼から顔を出してなくて良かった。

使用人の中で、一番嫌な死に方1位が、沼の中で蓮の穴に囲まれて死ぬことです。
次点が、トイレの最中に爆撃があって情けなく尻さらしたまま爆死。

楽しかった宮崎。
空港で鳥友さんと別れて、一路福岡へ。
淋しくて哀しくて、350ミリリットルのビール1缶しか喉を通りませんでした(昼)。


福岡での夕食。
IMG_0965_20160310204351be8.jpg
お肉が食べられない使用人。九州では魚三昧でした。

そして、好きなものがまたひとつ増えました。
ウナギのキモです。
ビールによくあう。


0047.jpg
「はぁ~。随分と楽しそうでよな」

DSC_0061.jpg
「どうせ留守にするのなら、ベコと大王ちゃんを同じおうちに入れていってくれればよかったのに」
「ワテクシようやく夜もキャリーを卒業してケージデビューだわっ」

大王は頭を打ってからというもの、暴れてまた頭を打つのが怖くて、夜だけはずっと狭いキャリーで寝ていたのですが、そろそろということもあり、いい機会なのでいつものケージに戻ることができました。
DSC_0062.jpg
「ベコのおうちにこないのか~」
「ベコちゃんのごはんを食べつくすから、駄目だって言われたわっ」

帰ってきたらベコがガイコツになってたらしゃれになりませんからな。

大王、夜はケージに戻っても今のところ暴れることなく静かに寝ています。色々忘れていることも多かったり、すぐにけ躓いたりしますが、生きて行く分には問題がないようです。


楽しかった宮崎。
また行きたいなぁ。
今度は高千穂鉄道に乗りたいぞ!

生きているうちに行ければいいな。
宮崎の鳥友さん、お世話になりました!
23:40  |  外鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'02.25 (Thu)

日に日に外すんずめが使用人をバカにする。

我が家の庭に来る外すんずめたちが公害レベルでさえずっています。
DSC_0025_20160225195926173.jpg
「で~よでよ」

そのうちご近所さんから「使用人さんとこのすんずめがうるさい」と苦情来ないかと心配。
別に飼っているわけじゃないですが、冬期間は餌をあげているしなー。DSC_0027_20160225195933dd1.jpg
「で~よでよでよ。我らは野鳥。人間に飼われているわけではないでよ。自由な御高貴すんずめでよ」

ああ、いもてんが飛んでいる。
DSC_0028_201602251959291d8.jpg
「ででででで」

よってたかるとあのヒヨドリがたじろぐくらいうるさい。

すんずめの成る木。
DSC_0031_2016022519593264e.jpg
「ご飯はまだでよか」

大きな白と黒の模様のあるヒマワリは割れませんが、小さい黒ヒマワリは割ることができるので、ヒマワリをあげるとシジュウカラに体当たりを食らわせたりで酷いです。
今年はゴジュウカラ、ヤマガラのカラーズも多くやってくるのですが、すんずめの態度のでかさに白目をむいています。

IMG_0704.jpg
「あなたの兄弟かしら?」
「バカ言うなでよ。孫の孫の孫でもたらんでよ」

多分もう、外すんずめとは言葉も交わせないだろうなぁ。
長い間外国にいた日本人が日本語喋られなくなってる感じで。

IMG_0708.jpg
「そうじゃなくて、ちょびこさんの場合はやうやうとかてふてふとかいとわろしとか言っている時代でしょ」
「ふざけんじゃねぇでそうろう」
20:13  |  外鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT