FC2ブログ

All archives    Admin

03月≪ 2019年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2019'04.04 (Thu)

まさかあのコボリが父親になる日がくるのか。ウィン子より先に

レオ様、7つも卵を産みました。
1つ目はカーテンレールの上での出産だったので、私がキャッチしきれずに一度落ちた手のひらからつるんと落下。
それ以降は巣の中で産んだので全部無事。

もともと姉のうちから子供を作る目的できたので、ちょっと産みすぎだけど今回限りだし1回目だしいい時期だし、それほど問題はないと思っているのですが、
予想に反して6つ中5つが有精卵っぽいです。
ウヒョー。

20190322111426(1).jpg
「僕はミネラルを食べるよ」
「硬いからゆっくり食べてね。喉に詰まらせないようにね」

レオ様が巣から出てきたら粘着セロテープのごとくつきっきりのコボリ。
絶対にそばを離れません。

20190322111452.jpg
「がーじがーじ」
「レオちゃんはコボリが守る」
「じーっ」
「ううう……ウィン子ちゃん怖い。でもコボリ負けない」

お卵から離れる時間はほんの数分ですが、その数分のうちになぜか空飛ぶジュータンで過ごすようになりました。
お卵を産む前は滅多に行かなかったのに。
そして、なぜかジュータンをかじる。
20190321150146.jpg
「がーじがーじ」
「レオちゃんの行くところならコボリはどこでも行く」
「ここをレオ・ザ・プレイスとする」
「素敵だよ、レオちゃん」

20190322111820.jpg
「ぼっくもー」
「うぎゅ。なんでウィン子ちゃんがくるの……」

でも、ウィンが怖くて強く出れないコボリ。
ウィン子はやさしいけれど強いので、気弱なコボリにとっては好きだけど怖いらしい。

20190322111422.jpg
「レオちゃん。コボリはよいぱぱになるよ」
「コボリ……」

もうこのふたりは見ていてすごく可愛くて愛おしいわ。


全部還るとはもちろん限りませんが、男子希望の姉のうちに1羽里子に出すとして、残留4羽。
もしそうなったとしたら、サンバガラス、新サンバガラスも3羽だったので、いっきに4羽は初です。
こりゃにぎやかになるわい。
基本的に、知らない人に向けて全国に『里親募集』は考えていません。
生意気ですが、私が知っている人で交流がある人で鳥が好きで過去に飼っていたもしくは飼っている人で可愛がってもらえるだろうという確信の持てる人じゃないと、うちの子はあげられません。
もしくは、ツイッターやブログなどをやっていて、鳥が好きだな~、いい環境だな~、と思える人しか無理です。
最大限の愛情と最低限の知識と常識と鳥にかけられるお金。必要だよね。これ。
普通そうだよね、幸せになってほしいもんね。

最近、よく見ているブログで沖縄で軍鶏を保護されている方の話なのですが、
保護数も多いし何羽かを里子に出したという件で、のちに里親から、
「台風で死んだ」「いつの間にかいなくなった」「ニワトリ同士でけんかして死んだ」と言われたという記事があり、
これはほんと信頼のおけない人のとこにはやれんわ……と再認識しました。
しかも里親の中に犬とか猫の保護施設もあったのですが、そういう保護施設ですら、「犬にかじられて死んだ」だかそういうこともあって、
いや、まじ洒落にならんし、とか思った次第。
ありえん。
どういう言い訳があったとしても許されん。
本当にありえん。
里子に出してしまった方は本当に悔やんでおられます。
後悔してもしきれないでしょう。
鳥は選べないのだから、貰われる先の選定を人間がちゃんとしなくちゃ鳥が不幸になる。
その子の運命を決めるのだから、責任重大ですわ。

なにはともあれふたりの子供、楽しみです^^
レオ様は梵天インコなので、それも遺伝するのかな~。
20:45  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'03.29 (Fri)

愛が大きいのではなくて多い

トリスはすごいインコでした。
メソズーの兄弟と愛を育んだだけではなく、りょくや父のべことも恋人となりました。

そして、我が子でもある愛の伝道師ウィン子を育て、
臆病だったコボリに相手を愛することを教えてさらにカキカキまで教えました。

んで、その愛の伝道師ウィン子ですが、トリスに育てられただけあって、誰にもやさしく、かきかきしてご飯をあげて、
おまけに人間にも優しいウィン子。
頭もよくてフォージング(フォレイジング)トイもあっという間にクリアし、なによりもイケメン。

この度、その息子のウィン子が、あのヌシにしか心を許さず、鳥はだいたい好きじゃないし、ぼりおんとも離婚調停中の番長ぽいんにかきかきすることを教えました。

20190319125818.jpg
「ぽいんちゃん。僕はうれしい」
「ぽいんが掻いてあげるですよ」

すごいわ~、ウィン子!
さすがトリスの子だけある。
一緒に.子作りまでしたボリオンにですら、かきかきしてあげることもなかったぽいんが、
年下のウィン子にかきかきしてあげるとは……。

20190319125820.jpg
「じっ……」

20190319125822.jpg
「はう~ん」
「ウィン子は甘えんぼさんです」
「ウ~。最近ワテクチを掻いてくれないと思ったら……」

20190319125816.jpg
「もっと」
「もっとですか」

20190319125826.jpg
「ぽいんちゃん。今度は僕が掻いてあげる」
「これが幸せというものですか」

20190105113346.jpg
「ぼりおんも掻いてほしいぼり」

これを機に、ぽいんがぼりおんとよりを戻して、ウィン子直伝の愛のカキカキをし合う仲になることを願う。



と書いておきながら、一昨日あたりからウィン子がもっちゃんに急接近しています。
おまじないもしました。

どうやらウィン子は一番強く発情傾向にある女の子の尻を追いかけるクセがあるらしい。

ぽいんこのことは忘れつつある。


わりとクズでした。
23:23  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019'03.26 (Tue)

養豚場

1週間ほど前に2度目のホームステイに来たもっちゃんですが、お卵を産んだ直後ということもあり、
羽にも艶がなく、以前のように光に当たって青やピンクに光輝く悩ましボディも色あせ、ボロクソもっちゃんでした。
なにより細い。

20190314075846.jpg
「あれま」
「なに。ボンレス」

20190314075848.jpg
「ボロクソのうえに朽木だわ」
「ボンレスはますますボンレス」
「ウォホッ。ふくよかっていうのだわん」

デブは怠惰だけど、ふくよかは裕福のしるし。

こうして写真で見るとデンカの丸さがよくわかる。
というか、もっちゃんの方が細すぎるのか。

ここ数日でたくさん食べて、もっちゃんもつやつやになってきました。

我が家は肥育に特化した畜産農家。
なんでかみんな肥えていく(人間も)。
20:28  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'03.25 (Mon)

コボリはご飯あげすぎ

相手のいないもっちゃんをしりめに、とうとうおまじないの成功したコボレオ。

DSC_0025_20190325182447267.jpg
「コボリィ」
「レオちゃん」

DSC_0032_201903251824482be.jpg
「ようやく成功した」

DSC_0033_20190325182449664.jpg
「コボリも頑張った」

このふたりはもうそろそろフュージョンするんじゃないだろうか。
ずーっとひっついています。

ウィン子とデンカよりも仲がいい。

DSC_0036_20190325182925604.jpg
「こぼり、オッケー」
「レオちゃん。好きだぁ」

というわけで、コボリとレオを一緒のケージにしてみました。
DSC_0012_2019032518305881c.jpg
「こんな……ヌシが菓子箱で適当につくったボロクソなおうちでいいの?」
「ぽいんこの巣箱よりこっちの貧乏くさい方がなんかいい」

手作りのよさを知っているレオ様。
さすが。

ただいま、卵を4つ産みました。
1個目はカーテンレールの上で産み落とし、スタンバイしていたヌシの手のひらに落ちたものの、
つるりとリバウンドして床に落ちました。
すまん、レオ様。

産まれるかな~?
春真っ最中のウィン子がちょっかいかけにきたり、放鳥時にレオ様を追いかけまわしたりと色々邪魔をするので、
このまま抱卵体制を維持できるかどうかもわかりません。

コボリが守ろうとするのですが、ウィン子の方が強いのであっさり負けます。

まぁ、まだ若いのでチャンスはこれからもたくさんあるし。
頑張れ、コボレオ。
18:40  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'03.25 (Mon)

もっちゃんがホームスティ中。

春になり、もっちゃんが我が家に滞在中です。
DSC_0013_20190325175329715.jpg
「もっちゃんよー」

発情抑制のため、できなければその時はおまじないをするため。って感じです。
以前はホームステイ最終日にぼりおんとおまじない成功したかにみえたのですが、結局はだめだったようです。

DSC_0014_20190325180039ada.jpg
「残念もっちゃんよ」

DSC_0015_20190325180039f49.jpg
「今回は頑張る」

しかしもっちゃん、服に潜りたい盛りなのですが、尻上げるとかはなし。
春で発情中の男子がいっぱいいるのに。

いまちょっと仲がいいのが、デンカだし。
DSC_0022_201903251803408ec.jpg
「もっちゃんさん、お久しぶりだわ」
「ひさしぶり、ボンレス」

女子だよ、デンカは。





18:07  |  家鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT